• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
余計な手間、力はいらない!カラーボックスの捨て方5選を解説!

公開日: / 最終更新日:

カラーボックスはその価格に対して、収納やインテリアとしても活用できるコスパの良さから多くの人が活用しています。そのため、古くなったカラーボックスの処分などを考えている方も多くいらっしゃるかと思います。
 
しかし、家庭ゴミとしてはサイズがやや大きく、可燃ゴミで出すのか、粗大ゴミで出すのか、それとも業者に依頼が必要かなど、どの処分方法が良いのか分かりづらいです。
 
本記事では、カラーボックスをこれから処分する人に向けて、具体的な5つの処分方法とその注意点をご紹介します。

カラーボックスの処分方法

カラーボックスの処分方法について5つの処分方法をご紹介致します。
 
カラーボックスはリサイクルショップやリユース品を販売するお店では人気ナンバーワンと言われるぐらいに売れ筋商品です。収納品や収納アイテムは、中古品でも良いので安く買いたいという需要が高いためです。ここからご紹介する処分方法を見て、捨てるかどうするかご検討ください。

 

解体して可燃ごみで処分する

カラーボックスをごみ袋に入るサイズまで小さく解体すれば、ほとんどの自治体で可燃ごみとして処分することが可能です。木材やプラスチック素材などカラーボックスの素材は色々ですが、解体するためには簡単に壊せるものではないので、労力と時間がかかります。組み立て式であれば、壊さずネジやナットを外して解体ができますが、プラスチック製などの場合はそうもいきません。できれば事前に購入前に解体が簡単なカラーボックスを選ぶと良いですね。解体の作業は大変ですが、可燃ごみで自治体のゴミ出しで済めばコストは非常に安く済みますので他の処分方法と労力やコストを比較して検討してみましょう。

 

粗大ごみとして処分する

カラーボックスを粗大ゴミとして処分する方法は、解体する必要もありませんので無駄な労力や時間を使う必要がありません。とはいえ、自治体によっては粗大ゴミ収集を受け付けておらず、市区町村が運営するリサイクルセンターやゴミ処理場まで直接の持ち込みが必要な場合がありますので注意が必要です。
 
費用は自治体により異なりますが、基本的には数百円で済みます。担当窓口に問い合わせし、予約をした上でリサイクル券を購入し予約時に指定された日時までに所定の場所に持ち込むだけであとは回収してもらうことが可能です。

 

知人や友人に譲る

買ってまだ新しいカラーボックスや、ダメージも汚れもない綺麗なカラーボックスであれば捨てるのは勿体ないですよね。捨てるぐらいならば友人や知人に欲しい人がいないか聞いてみて無償で譲り処分するという選択肢もオススメです。
 
もし誰も興味を示さない、欲しがらない場合には最近ではジモティなどの個人の譲渡を仲介するアプリもあるので是非有効活用しましょう。

 

リサイクルショップで販売する

カラーボックスは、リサイクルショップで買取してもらう事が可能です。元々のお値段がお求めやすい価格なので高額買取はありませんが、それでも捨てるつもりだったカラーボックスが買い取ってもらえれば得した気分になって嬉しいですよね。ちなみに買取された価格は、インターネット上で見る限りでは100円~500円が多い傾向にあります。
 
ただし、リサイクルショップに買取をお願いする場合、自分でショップまで持ち込む必要があります。もしも交通手段がないという場合、ショップによっては出張買取などをお願いする事もできます。ただしショップごとに出張買取の条件などは異なりますので、まずは一度問い合わせてみて下さい。

 

不用品回収業者に依頼する

カラーボックスを不用品回収業者に依頼する場合は、まず単品で申し込みをすると高額、割高になるという事を踏まえて依頼を検討しましょう。もし依頼する場合には、出来るだけ不用品や捨てたいものが多い状態で依頼すると1つ1つのゴミの処分費用も安く抑えることが出来てお得になります。
 
また引越しで出たゴミを、仕事でどうしても片付けが出来ない場合やカラーボックスの量が沢山あって自分一人では片付けるのが大変という時も、土日祝日でスケジュールが確保出来れば依頼ができるため不用品回収業者にお任せするのをオススメします。

カラーボックスを処分する上での注意点

カラーボックスを処分する上での注意点を2つご紹介します。

 

不用品回収業者を利用する場合には回収業者を見定める

不用品回収業者に依頼するとお金を払って終わりと安易に考えがちですが、実際にはきちんと回収業者が大丈夫なのか、古物商許可や一般廃棄物収集運搬業許可といった正規の資格を持った業者なのか注意して見定める必要があります。なぜなら家庭で出たゴミは適正な資格を所有していなければ違法となるためです。
 
またそういった違法な回収業者は、価格の安さばかりを売りにして回収したゴミを適切に処分、リサイクルせずに海や山、川、空き地などに不法投棄するケースもあります。他にも、依頼した時に聞いていた金額だけではなく、追加費用を不用品をトラックに積み終わった後で請求したりと高額請求などの悪質なトラブルも頻発しています。出来るだけこのようなトラブルに遭遇しないためにも用心して見定め依頼を検討しましょう。

 

市区町村ごとのルールに則り処分する

粗大ごみや一般ごみとして出す場合には、必ずそれぞれの市区町村ごとのルールに則って適切に処分するようにしましょう。何も考えずゴミ袋にも入れずにゴミ置き場に放置されたカラーボックスなどを見かけることがありますが、このような悪質なゴミ出しをすると近隣住民だけではなく、自治体のゴミ回収業者も回収できずに迷惑を被るので注意して処分しましょう。

カラーボックスを高く売るためには

カラーボックスがリサイクルショップなどで人気であることは既にご紹介した通りですが、ここでは少しでも高く買い取ってもらための2つのポイントを紹介します。

 

汚れや傷を落としておく

カラーボックスの汚れや傷を落として出来るだけ見栄えを良くして買取査定をしてもらいましょう。これは一見すると当たり前の事のように聞こえますが、実際に買取査定に出されるカラーボックスの多くが汚れや傷などのダメージがそのままというケースが多いです。少しでも綺麗しておくだけで、査定スタッフの心証もよくなりプラスの買取査定をしてもらえるかもしれません。

 

シールを貼っている場合にはシールを剥がす

カラーボックスといえば、自分の好きなシールやステッカーを貼った事がある方は非常に多くいらっしゃいます。自分にとってはお気に入りだったり、思い出だったりするため汚れじゃないからとそのままにしがちですが、実際にはシールやステッカーは無い方が買取査定にはプラスになります。今は百均などにシール剝がしなどが売られており簡単に綺麗に出来ますので査定前に行っておきましょう。

まとめ

カラーボックスの処分はすぐに廃棄する方法ばかりを考えがちですが、実際には中古の使っていたカラーボックスであってもリサイクルショップやリユース品を販売するお店では非常に人気のアイテムとなって生まれ変わるのです。
 
処分までに時間がある場合には、カラーボックスを売るという処分方法も良い選択肢かもしれませんね。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。