• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
素材で捨て方は変わる!座椅子の素材ごとの処分方法を解説

公開日: / 最終更新日:

座椅子はコンパクトにくつろげるサイズ感で、一人暮らしの方は特に愛用している家具の一つになります。しかし、人気があるからこそ処分されるものも多くあるため、その方法をよく知っておく必要があるでしょう。

座椅子の処分方法

座椅子は広さのない部屋でもリラックスできる空間を作り出してくれるため、とても人気の家具になります。しかし、引っ越しと同時にいらなくなった、壊れたから新しいものを買うという事も多くあるでしょう。基本的に座椅子は1~2年ほどの寿命になるため、他の家具に比べると買い替える頻度も高くなります。座椅子の状態などにより適切な処分も変わりますので、しっかりとその方法を頭に入れておきましょう。
 

粗大ごみとして処分する

大きさのある座椅子は、粗大ごみとして処分することが出来ます。粗大ごみで出すと費用が掛かりますので、もし解体できるものであれば、小さくすることで可燃ごみとして出すこともできます。解体することが難しい場合、そのままの大きさで捨てることが出来る粗大ごみとしての方法を活用しましょう。その際、粗大ごみとしての処分費用が掛かりますので、そこだけ注意が必要です。
 

リサイクルショップで買い取ってもらう

座椅子は人気が高いため、壊れていなければリサイクルショップに持っていきましょう。需要も高いため、状態によって高値で買い取ってくれるでしょう。汚れなどがあっても、ものによっては予想以上の価格で引き取ってくれます。持ち運ぶのが難しい場合、お店によっては出張査定なども行ってくれます。
 
また、中にはWeb審査などもしてくれるため、家にいながらある程度の買取価格を知ることが出来るでしょう。何店舗かに査定をお願いすれば、一番価格帯がいいところに売ることが可能になります。焦らずゆっくりと見極め、処分する際に少しでも得できるようにしておきましょう。
 

フリマアプリで売る

どんなものでも出品できるフリマアプリは、座椅子も例外ではありません。「大きなソファは部屋に入らない」「可愛い座椅子が欲しい!」と言う方も多くいるため、多少の傷などがあってもぜひ出品してみて下さい。フリマアプリの利用者は中古品に理解がある方が大半なため、少しの使用感などであれば気にせず取引に応じてくれるでしょう。
 
しかし、写真で全体の感じや傷・汚れなどの不具合部分はしっかりと伝えなければいけません。後にクレームになったり低い評価を付けられてしまう事にも繋がりますので、どんな状態でも隠すことなくしっかりと全てをさらけ出すことが大切です。
 

不用品回収業者に依頼する

座椅子は、種類により重さこそさほどありませんが、どうしても大きさがあるため自分で運ぶことが難しいという場合もあるでしょう。そんな時は、こうした処分品を回収してくれる業者に依頼してみて下さい。家まで取りに来てくれるため、運び出す手間になることもありません。費用は少し高くなってしまいますが、適切な処分をお願いできるため安心感もあるでしょう。
 
しかし、回収業者はしっかりと見極めなければ余計な出費が生じてしまう事があるでしょう。思い付きでの依頼は避け、下調べを徹底してから行ってください。信頼できる業者を選ぶことが大切です。

座椅子を処分する上での注意点

上記では処分するための方法をご紹介致しましたが、次は処分するための注意点をご紹介致します。しっかりと知識を身につけ、正しい方法で処分できるようにしておきましょう。
 

素材や大きさによって処分方法は異なる

「壊れてしまって売れないからもう処分してしまおう」といった場合、「粗大ごみ」「解体して可燃ごみ」のどちらかが適切な方法となります。その際、その座椅子の大きさや素材などにより、処分の正しい方法は異なってきます。ここではその違いをご紹介致しますので、自分の持っている座椅子についてよく確認して下さい。
  

素材

座椅子の素材はポリエステル・マイクロファイバー・ビニール生地・メッシュ素材など、様々な種類があります。解体して小さく切り、可燃ごみとして普段のごみ回収の日に出すことが可能でしょう。しかし、中には焼却処分できないものもありますので、しっかりと素材の確認を行ってください。また、座椅子の内部には形を固定、背もたれを調整するための鉄パイプが組み込まれています。これは燃えるごみとして出すことはできませんので、お住まいの自治体のルールに沿って処分するようにして下さい。
  

大きさ

座椅子のサイズはピンキリで、コンパクトなモノから余裕のある大きさのものまで様々です。粗大ごみとしてのサイズは、多くの自治体で一辺が30cm以上となっているため、処分する座椅子のサイズをまず測る事が大切です。一般的な座椅子のサイズは、幅が70~75cm、奥行きが80~85cm、高さが70cm以上となります。そのためほとんどの座椅子は粗大ごみになる可能性が高いでしょう。解体できない場合は自治体の粗大ごみ回収に依頼しましょう。
 

住んでいる市区町村ごとのルールに則る

自治体によるルールは異なります。粗大ごみとして出す場合、まずは市役所やごみ処理場などに問い合わせを行い、正しい処分方法を聞いてみるといいでしょう。粗大ごみの回収場所が何時からやっているのか、場所はどこか、平日以外も空いているかなどの情報を聞き、準備を確実にしてから処分を行うようにしておくと安心です。
 
また、自分で持ち運ぶか、回収に来てもらうかによっても費用や処分日は変わりますので、気になる部分はしっかり情報収集をしてください。回収の場合、基本的に依頼した日から3~7日以降に回収をしてくれます。それまでにスムーズな回収が行えるように準備しておきましょう。

まとめ

1~2年の寿命の座椅子。しかし、使用頻度や耐久性によりさらに寿命が短くなるという事も大いにあり得ます。平均的には1年ごとに買い替えるという場合が多いかもしれません。その際、毎度処分を行うたびに方法を調べるのもかなりの手間になってしまいますね。時間もかかり面倒に感じてしまうでしょう。ですが、ここでしっかりとした正しい知識を頭に入れて、適切な方法を選択できるようにしておくことが大切です。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。