• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
地域で処分方法が異なる!ごみ箱の処分方法4種を解説!

公開日:

ゴミ箱はどの家庭にもある重要なアイテムです。大きなものから小さなものまで様々ありますが、実はその処分方法についてあまりよく知らないという方が多いのが現状です。
 
この記事では、そんなゴミ箱の処分方法から注意点までをご紹介しています。

大きさによって処分方法が異なる

ゴミ箱の大きさは様々な種類があります。その大きさにより処分方法が異なるという事はご存じでしょうか?大きさによって適切な処分方法は全く変わるので注意する必要があります。
 
基本をこの記事で理解しつつ、自治体の処分方法についてしっかり理解しておくことが重要です。

ゴミ箱の処分方法

ゴミ箱の処分方法は大きく分けて4つのパターンになります。1つ1つ詳しくご紹介致しますので、しっかりと内容を把握しておくようにして下さい。
 

粗大ごみとして処分

費用は掛かりますがかなり安く済ませることが出来るため、少しでもお得に処分したいという方には、この方法が一番オススメです。
粗大ごみとして処分する場合は、
 

  • 自分で処理場まで持ち込む
  • 回収依頼をし運んでもらう

 
の2通りになります。受付時間や処分可能な日時などを事前に確認し、間違わないように注意しつつ正しく処分できるようにして下さい。
 
自治体により異なりますが、基本的には数百円程度で処分することが出来ます。回収をお願いする場合は事前に券やシールなどを準備する必要がある場合もありますが、持ち込みの際は処理場へ持って行きその場で支払う方法が主になります。事前に準備が必要なもの、支払い方法も自治体により異なりますので、必ず最初に確認しておくことが大切です。
 

不燃ごみとして処分

不燃ごみとしての処分はいっさい処分費用は掛かりません。多くの自治体の場合、不燃ごみは2週に1回のペースで回収となります。また、ゴミ箱の素材によって自治体ごとに分別は異なりますので、お住いのゴミ出しのルールをしっかり把握しておいて下さい。まずは処分するゴミ箱の素材を知り、そこに合わせて処分を行うにはどういった分別を行えばいいのかを知る必要があります。不燃ごみの場合、指定の袋があればそれに入れるようにして下さい。その際、必ず袋の口をしっかり縛った状態でごみ出しをしましょう。この点を守らない場合、回収されずそのまま残されるという事もありますので、しっかり守るようにして下さい。
 

リサイクルショップに引き取ってもらう

インテリアとしてデザイン重視で選んでいる方も多いゴミ箱。見栄えが良く劣化が少ないものであれば、リサイクルショップに持ち込むことで引き取り、もしくは買取を依頼できます。もちろん、普通のゴミ箱も売ることはできますが、平均的な買取価格は非常に低くなります。デザイン性が高いものや有名なブランドのゴミ箱の方が買取価格は上がる可能性が大きくなります。しかし、高額な買取が可能になるのは状態が良好なゴミ箱であることが条件です。汚れなどは綺麗に落とし、少しでも見栄えを良くしておくことが重要ですので、リサイクルショップに持ち込む前にしっかりチェックしておきましょう。

 

不用品回収業者に依頼

「粗大ごみの場所まで持っていく手段がない」「不要なゴミ箱が多くある」「ゴミ箱以外にもたくさんいらないものがある」こういった場合に便利なのが不用品回収業者です。自宅まで取りに来てくれますし、他に不要なものがあれば何でも持って行ってくれます。分別の必要もありませんし、時間や曜日も基本的にはこちらの都合に合わせてくれるため、ライフスタイルを崩さずちょっとした隙間時間にササッと回収を依頼することが出来ます。

ゴミ箱を処分する上での注意点

上記の方法が、ゴミ箱の正しい処分方法となります。しかし、ただ処分すればいいという訳ではありません。必ず気を付けるべきポイントがありますので、ここでは「中古品としてゴミ箱を売る場合の注意点」と「ゴミとして処分を行う場合の注意点」の2つをご紹介致します。
 

中古品として売るのは難しい

『劣化が少なく状態がいいもの』や『人気メーカーでデザイン性が高いもの』ではない場合、中古品として売るのは難しくなります。その理由の1つに臭いがあります。
長年利用していたものであれば、強力に臭いが染みついてしまい少し洗っただけではなかなか取れません。こうしたものは、どれだけ傷や汚れがなくても売るのは難しくなります。中古品として売れるものの大前提として、「お店に商品として置いておく価値があるかどうか」です。臭いが強いものは売れる可能性が低くなります。こうしたものは、リサイクルショップに持っていくよりも処分してしまった方がいいでしょう。
 

市区町村ごとのルールに則る

粗大ごみとして処分する場合や一般ごみとして処分する場合、必ずお住いの市区町村のルールにしっかり則り処分する必要があります。粗大ごみのルールはもちろん、燃えないゴミや燃えるごみとしての細かな分別方法などもあります。地域によっては燃えるごみのルール、燃えないごみのルールがありますので、ごみ収集に関する情報はしっかりと把握しておくようにしましょう。

まとめ

ゴミ箱は普通に生活するうえで必須のアイテムです。しかし、その処分方法まで気にかけている方は少ないでしょう。ですが特別な処分方法があるという訳ではありません。
 

  • ごみとして自治体での処分を行う
  • リサイクルショップでの引き取りを依頼する
  • 不用品回収業者に任せる

 

地域のルールに則りゴミとして処分する、リサイクルショップで売却するなど、状態によって手放し方は異なります。基本の処分方法をしっかり理解し、その時の自分の状況、ゴミ箱の劣化具合などを加味しつつ、正しい処分を行いましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。