• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
回収?売却?いらないチェストの処分方法まとめ

公開日: / 最終更新日:

使わなくなったチェストを処分したいけど、粗大ごみか業者に依頼すべきか?
大きなチェストを処分したいけど、どこで処分するのがお得?
 
チェストの処分を考えている方に向けて、処分方法を5つと処分する際の注意すべきポイントを3つご紹介します。

自治体の規定に従って処分する

各自治体にはゴミ出しの分別や出し方に関するルールが存在しています。このルールや規定は自治体により大きく異なりますので、しっかりと確認をし、正しく正確な処分を行うようにして下さい。朝は何時までにごみ収集場に出せばいいのか、どんな袋に入れればいいのか、など、住んでいる自治体の決まりを把握して、徹底的に守るように心掛けましょう。

チェストの処分方法

購入する際には、処分の事など考えることは殆どありませんが、実際に処分するとなると意外と一人で持つのは大変で、サイズも重量も結構あります。出来るだけ無駄な出費もない、楽でお得な処分方法を見つけたいものです。自分に最適な処分方法を選んでください。

 

粗大ゴミとして処分する

チェストは、大抵の自治体ではゴミとしての処分が可能です。サイズにより、粗大ゴミまたは一般の燃えるゴミ(可燃)として出す事になります。粗大ゴミとして、処分する場合の費用は自治体、チェストのサイズにより異なりますが、おおよそ1000円前後から高くても3000円以下と格安で処分ができます。
 
とはいえ、ゴミ置き場や自治体から指定された場所までの運搬、搬出はすべて自分でやる必要があるため、マンション、アパートなどの集合住宅であったり、大型のチェストの場合にはかなりの重労働となる場合もあります。

 

小さくして燃えるゴミに出す

チェストは粗大ゴミで出すことが出来ますが、自治体によってはその受付を行っていない、または一時的に停止しているケースがあります。またどうしても処分の費用を節約したい、多少の労力は厭わないという場合にはチェストを小さく解体、分解し各部品やパーツを自治体のルールに則ってゴミの分別を行い、一般の燃えるゴミとして処分することが可能です。

 

不用品回収業者に依頼する

チェストを一人で処分するのは困難なケースもあります。サイズが大きすぎる、重量があり一人で持ち上げることができないなどです。このような場合には、不用品回収の専門業者に依頼をしましょう。もちろん費用が発生しますが、一人では難しい処分もお願いすることが出来るため、楽でお得な処分方法と言えます。

 

フリマアプリで売る

チェストを含め収納家具は、フリマアプリのメルカリや、ヤフオクなどのオークションサイトでは非常に高い需要がある人気商品です。またチェストがブランド品であったり、新品同様である場合にはリサイクルショップなどで買取してもらうよりも梱包や発送の手間は掛かりますがフリマアプリなどで売った方が非常に高値で売却することが可能です。

 

知人や友人に譲る

チェストや収納家具を欲しいと思っている方は、結構身近にいるかもしれません。無理に譲る必要はありませんが気になる、見てみたいという方がいれば実物を見てもらったうえで知人や友人に譲るのも非常に有効な処分方法と言えます。

チェストを処分する上での注意点

チェストを処分する際の注意すべきポイントを3つご紹介します。それぞれご自分の処分方法に合わせて注意点を必ずチェックし気を付けて処分するようにしましょう。

 

市区町村ごとのルールに則る

チェストを市区町村、自治体のゴミとして処分する場合は必ず決められたルールやマナーを守って処分するようにしましょう。サイズにかかわらず、チェストの粗大ゴミの受付が必要だったりと処分の方法は各自治体ごとに異なりますので必ず確認の上捨てるようにしましょう。

 

回収業者を見定める

チェストを不用品回収業者に処分依頼する場合は、必ず家庭ごみの回収許可を持っているか、また引き取り回収した後にどのように処分するのかなど料金以外の面もしっかりと確認しておきましょう。
 
また料金についても、一部の悪徳な不用品回収業者はトラックなどに不用品を積み込んだ後で法外な高額請求をしキャンセルを申し出るとまた高額のキャンセル料を請求するなどといったケースもあるようですので依頼を考えている回収業者が問題ないか適切に見定める必要があります。

 

フリマアプリを利用する際は送料に注意する

フリマアプリなどで出品、売買する場合に注意したい点としては必ず送料の負担の所在を明確にしておく必要があります。何も確認せずに出品すると、初期の設定では出品者負担となっているケースが多く、売れたけど送料の方が高くついて大損したなどといった事もよくあります。
 
また出品者の中には、送料負担なしで表記し販売価格に送料分を転嫁していることもあるので、それを踏まえて出品価格の設定を検討すると良いでしょう。出品する際には、事前に他の出品者の同じジャンルの商品をいくつかチェックしておくと間違いがありません。

まとめ

チェストの処分方法は、非常に状態の良いもの、ブランド品で価値があるものはフリマアプリなどで売るか、面倒な人はリサイクルショップや不用品回収業者に買い取ってもらうのがオススメです。
 
また売れるような状態ではない、非常に古いチェストを捨てる場合には、基本的には粗大ゴミになると思いますが怪我や事故などに注意して、ゴミ出しするようにしましょう。
 
不用品回収業者を利用する場合には、無用なトラブルに巻き込まれないよう、注意点でご紹介したように回収業者を見定めて依頼するようにしましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。