• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
素材とサイズに注意!カーペットの処分方法5選と注意点を解説!

公開日: / 最終更新日:

カーペットは、お子さんがいらっしゃる家庭なら厚手のものを敷いていたり、おしゃれなデザインのものは部屋の雰囲気を決めるのにとても需要なアイテムになります。そんなカーペット、実は処分方法は知らないという方も多いのではないでしょうか。
 
間違わずに適切に処分できるよう、この記事で情報を集めていきましょう。

カーペットはサイズによって処分方法や料金が異なる

処分方法、その費用はカーペットのサイズにより異なります。カーペットは6畳用の小さなものから10畳以上の大きなものまで様々あります。中には6畳よりも小さなカーペットもあるため、まずは処分するアイテムの大きさを把握しておきましょう。カーペットの大きさが30cm以上のものになれば、粗大ごみとして処分することになります。しかし、畳用などの小さなものであれば、可燃ごみとして出すことが出来るので費用も掛かりません。大きさを測り、粗大ごみのサイズなのか、可燃で出せる大きさなのかをまず調べておきましょう。

カーペットの処分方法

一般的に大きなカーペットは、先ほど話したように粗大ごみとしての処分が主ですが、粗大ごみはお金がかかるし面倒くさいと考えている方もいるかもしれません。処分方法はこれだけではないので、以下の5つから自分に合った理想の方法をぜひ見つけてみてください。
 

自治体のルールに応じて処分する

粗大ごみとしての処分に関してもどのように出せばいいのか、いつ依頼すればいいのか、どのくらいで回収してもらえるのかなど、確認すべき事項は様々あります。細かな部分は自治体によって全く異なるので、必ず処分前に確認し、誤った方法をしないよう注意してください。
 

自分でカットして処分する

粗大ごみはお金がかかるから嫌だと感じる方もいらっしゃいます。大きさのあるカーペットでもお金をかけずに処分したいですよね。その際は、手間はかかりますが自分でカットして小さくしてからごみ袋に入れて、ごみ収集に出すという方法もあります。この方法はカーペットの種類に応じた捨て方をしてください。素材によっては燃えるごみで出せないものなどもあります。基本的には燃えるごみとして処分することが出来ますが、これらもしっかり自治体のごみ分別のルールを知ってから行うと安心です。
 

フリマアプリに出品する

カーペットは需要も高く人気アイテムです。意外と値が張るものが多いので、安い中古品を求めている方がたくさんいます。例えば小さい子供がいる家庭では、転倒した際の防御策としてカーペットを探しているという事もあります。また、多少の汚れや傷み程度であれば、フリマアプリなどを活用することで次の持ち主に売ることが出来ます。フリマアプリを使う場合、状態をしっかり確認し、正直に説明することを心掛けましょう。
 

購入するタイミングで引き取ってもらう

古いカーペットを処分し、新しいアイテムの購入を検討しているという方もいるかと思います。そんな時は、購入店で処分するカーペットを引き取ってもらうことが出来ます。ただし、処分費用が別途かかりますので気を付けましょう。
お金はかかりますがわざわざ処分する手間も省けますし、新しいアイテムの購入と同時に引き取りを行ってくれるので、部屋の模様替えなどもスムーズにできとても便利です。購入を考えているお店はこうした引き取りサービスを行っているか、金額はどのくらいか確認しておくことが大切です。
 

不用品回収業者に依頼する

『大きすぎて家から出すのが難しい』、『そもそもどこかに持っていくのが面倒』そんな時は、不用品回収の業者に依頼しましょう。自宅まで引き取りに来てくれますし、その場ですぐ持って行ってくれるので、後日また訪ねてくる事もありません。引き取りのための手続きなども簡単ですので時間もかからずスムーズに処分することが出来ます。金額はそこそこかかってしまいますが、方法としては一番楽に処分することが出来ます。

カーペットを処分する上での注意点

カーペットの処分は、基本的には粗大ごみ、自力で小さくできるものであれば家庭ごみ、業者の回収や売りに出したり引き取ってもらったりと様々な方法があります。カーペットの状態などにもよりますが、金銭的な負担などを考慮し一番自分が納得する方法を良く見極めて下さい。
 
そこで、ここではカーペット処分をする上での注意点をお話しします。しっかり把握し役立てましょう。
 

電気カーペットをカットするのは危険

「大きいものは切断」というお話をしましたが、これはあくまで普通のカーペットの場合のみです。処分するアイテムが電気カーペットの場合は当てはまりません。電気カーペットには内部に電熱線が入っていますので、素人が扱えば感電するリスクが高く危険です。専門知識と高い技術、必要な工具などもそろっている場合は別ですが、そうでなければ電気カーペットの切断は絶対に避けましょう。粗大ごみとしてそのまま出すのが一番安全で確実な方法となります。
 

市区町村ごとのルールを確認して処分する

粗大ごみとして出したり、小さくして家庭ごみとしても出せるカーペットですが、まず処分を始める前に市区町村のルールを見直してください。そこに当てはまるよう正しい処分方法を行う事が大切です。自治体独自の処分方法などもあるかもしれません。事前に情報を収集し、間違わないよう気を付けて行いましょう。
 

フリマアプリに出品する場合は状態を確認して出品する

カーペットはフリマアプリなどで出品する事もできますが、必ずその状態をしっかり確認し、汚れが落とせそうなものは落として出来る限り綺麗な状態にしておきましょう。そうすることでユーザーの反応も良くなりますし、早く売れることもあります。大きさや全体のデザインや感じが分かるような写真もあると、より効果的です。まずは実践してみて下さい。

まとめ

カーペットは多くの家庭で活用されていますが、月日が経てば劣化していきます。どんなに気に入っていてもいつかは処分しなければいけません。小さめのカーペットなら値段も手ごろなものが多いので「まだ全然きれいだけど飽きたから新しいのに変えよう」という事もあるかもしれません。
 
いざ処分する際はこの記事を参考にして、どんな状態のカーペットなのかをしっかり把握し、どの方法が正しいか、自分の中での最善な処分方法を見つけて下さい。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。