• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
素材で処分方法が異なる!簡単なラックの処分方法4選!

公開日: / 最終更新日:

洗濯機ラック・ランドリーラックを捨てたいけど、どこに捨てるのが一番良い?
新しいレンジラックを買い換えるので処分したいけどどう処分すればいい?
 
ラックは、色んな場所やシーンで収納家具として活用できるため便利ですがいざ捨てるとなるとサイズも小さくはないため運搬や搬出も大変です。特に大型のスチールラックなどは、捨てようにもゴミ捨て場まで持ち運ぶのも一苦労です。
 
そこで本記事では、ラックの処分方法として4つの方法と捨てる際に注意しておきたいポイントを2つまとめてご紹介します。ご自分の環境や状況に合わせて、最適なラックの処分方法を選んでみてください。

ラックの処分は素材によって異なる

ラックと一口に言っても、使う場所や用途に併せてサイズ、そして素材もまったく異なります。一般的に洗濯機・お風呂場などの水回りで使うラックから、キッチンなどの台所のスパイスなどを収納するスパイスラック、お部屋の収納棚として使うスチールラックなどその種類、用途によりラックの素材は違うため、ゴミとして処分する場合にもラックの素材ごとにその処分方法は異なってきます。
 
ラックを処分する際には、必ず素材やサイズをチェックし自治体のルールに則って分別し処分するようにしましょう。

ラックの処分方法

ラックの処分方法は、ゴミとして処分する以外に個人売買をする方法や不用品回収業者に処分してもらう方法といくつかの方法があります。4つの処分方法をご紹介しますのでご自分に合った処分方法をチェックしてみましょう。

 

小さくして不燃ゴミもしくは資源ゴミとして処分する

ラックは、そのままだと結構大きなサイズなので処分する際に持ち運ぶのが大変です。出来るだけコンパクトにしてゴミ捨て場や処分場所に持っていくと良いでしょう。ラックが木材やプラスチック製の場合は、小さく分解できるかをチェックしましょう。もし、分解できないデザインの場合は専用ののこぎりなどで切り目をつけて折るなどすると簡単に分解できます。
 
スチールラック、シルバーラックは、大抵分解できるタイプが多いですがそれでもゴミ袋に収まるサイズではないことが多いのでシルバーラックのポールやパーツもカットしてコンパクトにするとゴミ袋にも収まり持ち運びもしやすくなるでしょう。

 

粗大ゴミとして処分する

ラックは、多くの自治体で粗大ゴミとして処分する事が可能です。とはいえ、全ての自治体というわけではありません。必ず自治体のホームページに記載のゴミ捨てのルールを確認するか、担当の窓口に電話で問い合わせをしたうえで処分方法を検討しましょう。サイズによっては、粗大ゴミではなくても処分できるケースもありますので注意が必要です。
 
粗大ゴミとして、ラックを処分する場合の費用ですが、一般的にサイズと素材、あとは自治体ごとで費用が異なります。多くの自治体の粗大ゴミ費用をチェックすると、安くて500円~3千円円ぐらいの金額の幅で粗大ゴミとして処分が可能です。
 
また粗大ゴミとして捨てる際の費用は大したことはありませんが、ラックを処分する際の運搬、搬出が一苦労です。またスチールラックやシルバーラックの場合、ポール部分がさびていたり経年劣化で突起が出ていたりする場合があります。持ち上げる際に、手を切ったりする事もあるので用心が必要です。

 

フリマアプリで売る

ラックは、フリマアプリなどで売買することが可能です。フリマアプリといえばメルカリが有名ですが他にも、オークションサイトのヤフオクなどでも頻繁に売買がされています。とはいえ、基本的に状態の良い新品同様もしくは新品未使用品がほとんどです。ブランド品である必要はありませんが、ニトリや無印良品など有名な企業のラックは多く売れているようです。売買価格は、安いもので数百円から高いものは1万円を超える価格で売買されています。
 
またプラスチックのラックなど、フリマアプリで売れてないようなラックでもリサイクルショップ等であればそのまま持ち帰れるため一定の需要があります。フリマアプリなどでのやり取り、発送が面倒、売れるかわからないという場合はお近くのリサイクルショップにまずはお問合せしてみるのも良いかもしれません。

 

不用品回収業者に依頼する

ラックのサイズが大きく一人ではとても搬出が難しい場合や、ラック以外に処分したい不用品が多数ある時は不用品回収業者に依頼するのが良い場合もあります。もちろん費用は発生しますが、無理にラックを持ち上げて怪我や事故にあうよりはプロに任せた方がいいでしょう。
 
また不用品回収業者によっては、リサイクルショップも運営しておりシルバーラックやスチールラックは需要が高いためラックの状態や数によっては買取りまたは回収費用と相殺し無料で引き取りしてもらえる場合があります。事前に買取りや無料引き取りの可能性があるかを問い合わせてしておくといいでしょう。また不用品回収業者に依頼する際には、必ず家庭ゴミを回収するための許可を取得しているかを確認しましょう。

ラックを処分する上での注意点

ラックを処分する際の注意点をまとめました。以下に紹介した注意点以外にも、怪我や事故にも注意し安全に処分しましょう。

 

市区町村ごとのルールに則る

ラックを自治体のゴミとして処分する際には、必ずホームページなどで分別、サイズ別のゴミ出しのルールなどを確認するようにしましょう。また分解し一般の燃えないゴミ(不燃)として処分する場合でも、適切なサイズにしゴミ袋が破れたりラックのパーツがはみ出すなどしないようにチェックしたうえでゴミ出しをするようにしましょう。

 

売る場合は送料に注意する

フリマアプリなどで販売する場合には、出品する販売価格のみに気を取られがちですが、必ずそれ以外の費用もよく考慮して売買するようにしましょう。ラックは特にサイズが大きいため、送料負担が非常に大きくなりがちです。販売した後で、商品価格よりも送料の方が高くついたなんてことにならないように「購入者の負担にする」もしくは、「送料を上乗せした価格で商品を出品する」などの工夫が必要です。

まとめ

ラックの処分方法についてご紹介しました。皆さんにとって最適な処分方法が見つかりましたか?ゴミとして捨てるにしても、個人売買をするにしても必ず周りの迷惑にならないようにルールやマナーを守って気持ちよく処分しましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。