• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
捨て方注意!ビーズクッションのサイズごとの処分方法を解説

公開日:

ビーズクッションはその抜群の座り心地やシンプルなデザインが魅力的です。ですが、劣化が激しく処分をする際「どうやって捨てればいいの?」と悩む方も多いでしょう。
 
正しい処分方法を知り、疑問を解消するためにぜひこの記事をご参照ください。

ビーズクッションの処分方法

多くの方がビーズクッションの捨て方がわからず、悩んだ結果そのままにしているのではないでしょうか。しかし、クッションは劣化が激しくなると生地が破れてしまい中身が出てしまう可能性があります。
 
また、傷みや汚れが激しいものでは、お洒落なビーズクッションのはずが部屋の中で浮いた存在になってしまうかもしれません。ビーズクッションを適切に処分できるようしっかりと方法を把握しておくことが大切です。
 

大きいものは粗大ごみで処分する

「人をだめにするクッション」として一躍大人気のアイテムになったビーズクッションは、大きくすっぽり包まれるようなサイズのものも多くあります。このような大きいビーズクッションは、そのまま粗大ごみとしての処分が行えます。大きくてもそこまでの重さはありませんので、持ち運びは楽に行えます。
 
しかし、大きいため処理場に持ち込むためには車などで運ぶことになるでしょう。自身で処理場まで持ち込むことが難しい場合は、回収を依頼する事もできます。どちらがいいかよく考え最適な方法を選んで下さい。
 

分解して普通ごみに出す

粗大ごみとして処分するには処分費用が掛かります。「お金をかけずに捨てたい!」と考えている場合、分解して普通のごみとして出す方法もあります。外側の布地は簡単に切ることが出来ますし、力も必要ないため女性でも時間をかけずに分解することが可能です。さらに、中身はその名の通り小さなビーズですので、小さく切ったりする必要すらありません。
 
お住いの自治体により分別のルールは異なりますが、一般的には外側の布地は燃えるごみ、中身のビーズクッションは資源ごみとなることがほとんどです。どちらも普通のごみとして収集してもらえますので、お金もかからず普段通りのごみと同じように処分が可能となります。
 

不用品回収業者に依頼する

例えばいらなくなったビーズクッションが何個もある場合、また、ビーズクッションと一緒に他のものも処分をしたいという場合は、不用品回収業者に回収してもらうことをおすすめします。
 
依頼をするときに、大体の回収希望品を伝えておけば、実際の回収の時に少しくらい追加を行っても柔軟に対応してくれることもあります。費用こそ掛かりますが、一気に処分を行いたいときはとても便利な方法になります。しかし、不用品回収業者選ぶときはしっかりと良質な業者を見極めることが大切です。中には悪質だったり、無許可で営業している不用品回収業者も存在しています。それほど多くはありませんが、全ての業者が良質という訳ではないため注意して下さい。行き当たりばったりな依頼は避け、信用できる業者を見つけて下さい。

ビーズクッションを処分する上での注意点

ビーズクッションは先ほどお話しした通り、分解して普通ごみとしての処分を行う事が可能です。では、その際にはどんなことに注意すればいいのか、なぜ注意しなければいけないのかをここでご紹介致します。
 
良質なもので4年程度の寿命ですが、一般的なアイテムは1~2年程度となります。使用頻度によってはさらに短くなることもあるでしょう。処分する上での注意点をしっかりと把握しておかなければ、毎回処分するたびに失敗してしまうなんてことになりますので、よく理解しておくことが大切です。
 

解体する時も捨てる時も中身が飛び散らないように注意する

普通ごみとしての処分は布を切る必要がありますが、ここで気を付けて作業しなければ中身が飛び散り大変なことになります。
もしも小さなお子様がいる家庭であれば、子供の誤飲事故にも繋がってしまいます。ビーズクッションのビーズは非常に小さく、床にばらまいてしまうと掃除するのも大変です。そうならないよう、解体するときは中身が飛び散らないように注意する必要があります。
 

  • クッションの端を切る
  • ビニール袋、もしくは大きめの箱などにその切れ端からビーズを流し込む
  • 全てのビーズが出たら布を切断し小さくする

 
上記は簡単な例ですが、ビーズをしっかりとまとめておけるような準備をしておく必要があります。大き目の袋にビーズを全て入れれば、それはそのまま縛ってごみとしても出せるので手間も減ります。中身が出ないよう配慮しながら、正しく解体を行ってください。

まとめ

性別問わず人気の高いビーズクッション。しかし、やはり長く使っていけばどうしても劣化は避けられません。劣化してしまった布部分を補強するという手もありますが、劣化部分が多ければキリがありません。そうなれば、やはり処分してしまった方が早いですね。様々な視点からの処分方法を検討し、自分に合ったやり方を見つけて下さい。
 
また、ビーズクッションはその大きさにより処分方法が変わるという事はありません。大きくても小さくても、この記事でご紹介した方法での処分が可能です。間違わないよう内容をしっかりと把握し、よく理解することが重要です。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。