• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
重いダイニングテーブルのお手軽処分方法6選

公開日: / 最終更新日:

ダイニングテーブルは食事をしたり家族と幸せな時間を過ごすためにも大切な家具です。しかし、壊れてしまったり引っ越しや家庭環境の変化で処分するという事もあるでしょう。
 
どんな風に捨てればいいのか、ちょっとでもお得に捨てられる方法はあるのかなど、基本的な処分方法をこちらでご紹介致します。

粗大ごみとして扱われることがほとんど

ダイニングテーブルは大型家具の代表的アイテムです。ほとんどの自治体では粗大ごみとしての処分が可能です。小さなものであってもダイニングテーブルはそこそこの大きさになるので、規定の大きさに足りるか、と心配する必要はありません。大体多くの場合は1辺30~50cm以上が粗大ごみとしての対象になります。ダイニングテーブルは基本的にそれ以上のものが大半なので、粗大ごみとして出すことに何ら問題はありません。

ダイニングテーブルの処分方法

次に、ここでは処分の仕方をそれぞれご紹介致します。ダイニングテーブルの状態などを確認し、それに合った処分方法を行いましょう。
 

自治体に粗大ごみとして処分

先ほどもお話ししましたが、自治体で粗大ごみとして処分することが出来ます。処分方法などは自治体により細かなルールがありますので、しっかり確認を行ってください。電話で回収を依頼する方法と、自分で直接持っていくという方法の2パターンに分かれます。自分で持ち込む方が費用は多少安くはなりますが、受付や搬入時間には決まりがありますので、営業している日時をしっかり確認してから行くようにしましょう。
 

解体して家庭ごみとして処分

ダイニングテーブルはそのほとんどが木製です。まれにパーツでガラスやプラスチック部分などもありますが、基本的には木製での作りになっているので解体して燃えるゴミに出すことが出来ます。そして、他の素材パーツはそれぞれに適した分別を行ってください。ただし、木製であっても解体したパーツが大きければ、燃えるごみとして出せるように小さく切断する必要があります。ごみ袋に入れられるくらいの大きさに切ってから燃えるゴミに出してください。
 

不用品回収業者に依頼

ダイニングテーブルが重くて持ち運べないという場合や、ダイニングテーブルと一緒に付属の椅子などもすべて処分したいという場合、すべて自力で運び出したり処分場へ持っていくのは大変です。そんな時に利用できるのが不用品回収業者です。すべてまとめて引き取り可能ですし、家の中からの運び出しまでお願いできるので、小さいお子様がいる家庭などは非常に助かりますね。一式丸々処分したいという場合はこうしたプロの業者にお願いするといいでしょう。
 

リサイクルショップに引き取ってもらう

ダイニングテーブルはとても人気のある家具の1つです。劣化がなくきれいな状態のものであれば、リサイクルショップに引き取ってもらう事も可能です。ショップによっては出張買取なども行ってくれますので、運び出すことが困難な場合でも依頼することが出来ます。家具メーカーのものであればそれなりに高値が付きますし、そうでないものでも綺麗な状態であれば予想以上の高額査定を期待することができます。
 

フリマアプリを活用

フリマアプリは全国の利用者に処分したいダイニングテーブルを見てもらい、自分の希望する額での引き取りを依頼できることができます。また、場合によっては送料も買い手負担でお願いできるため、費用面でもかなりお得に処分できます。リサイクルショップに持って行ってもあまりいい金額にならなかった場合などは、こうしたフリマアプリで取引相手を探してみるのもいいでしょう。
 

知り合いに引き取ってもらう

まだまだ使えるけれど売れるほど綺麗じゃないものや、古くて需要があるか分からない…。そんなダイニングテーブルでも、もしかしたら身近に欲しいという方がいるかもしれません。また、最近はDIYなども流行していますので、近くにそうした方がいれば何かしらの役に立てることもあるかもしれません。サイズや質感、色などを説明し、もし欲しいという方がいればぜひ譲りましょう。ダイニングテーブルは元々の作りがしっかりしているのでそう簡単に壊れたりはしません。引っ越してすぐだから家具が揃っていないという方がいれば、非常に助けになりますよ。

ダイニングテーブルを処分する上での注意点

ここでは、ダイニングテーブルの処分をする際の注意点を2つご紹介します。
 

解体するときは怪我に注意

ダイニングテーブルは解体すれば家庭ごみとしての処分が可能というお話をしました。その際、怪我などのトラブルには十分注意してください。外したネジで足を怪我したり、切った木材の破片で怪我をするという事はよくあります。また、小さなお子さんがいる場合、誤飲事故などにも十分注意してください。木材を切断するのこぎりや、パイプなどを切断する工具なども非常に危険ですので、雑に扱わず1つ1つの作業をゆっくり丁寧にする必要があります。
 

普通のテーブル同様に処分してはいけない

ダイニングテーブルは大きく重量もあるため、普通のテーブルのように簡単に処分することはできません。そのため、どんな方法であってもしっかりとルールに沿って、正しく処分するようにして下さい。もちろん、不法投棄なんてもってのほかです。自治体のルールや売りに出す際のルール、業者に引き取ってもらうためのルールなど、処分する際にはしっかりと確認し、誤った処分をしないようにして下さい。

まとめ

ダイニングテーブルは家庭環境の変化などでサイズを変えて新しいものを購入したり、引っ越しで処分するという事はよくあります。その時のダイニングテーブルの状態などをしっかり考慮し、一番最適な処分方法を見つけましょう。
 

  • 自治体に粗大ごみとして処分する
  • 解体して家庭ごみへ
  • 一式の処分なら不用品回収業者に
  • 家具メーカーの良いものはリサイクルショップへ
  • きれいなものはフリマアプリへ
  • 身近に欲しい方がいれば譲る

 

この記事でご紹介した処分方法をしっかり把握しておけば、もうダイニングテーブルの処分に悩むことはありません。上記内容をしっかり覚え、いつでも正しく手放せるようにしておくと安心ですね。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。