• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
どうやって処分したらいいの?ウォーターサーバーの処分方法5選をご紹介

公開日:

ウォーターサーバーは近年一般家庭への普及が非常に増えてきました。しかし、その一方で、やっぱりうちには必要ないと感じる方や、他の会社に切り替えたいと考える方も増加してきています。その際、今あるウォーターサーバーの処分方法が分からないと困っている方も多くいらっしゃいます。
 
そんな疑問を解決するため、この記事では、ウォーターサーバーの処分方法について詳しくご紹介致します。

ウォーターサーバーは購入とレンタルタイプがある

大きく分けてこの2タイプのものに分類されます。機器自体を購入して、自分が所有者となるパターン本体はレンタルで借り、水だけを購入するパターンになります。この2つのタイプは扱っているウォーターサーバーの業者によって異なります。どちらか一方しか受け付けていないというところもあれば、どちらか好きな方を選べるという場合もあります。
 
今所有しているものが購入したものかレンタルなのかは把握できていますか?もし分からなければどちらのタイプなのか把握しておきましょう。
 

レンタルのものは返却手続きが必要

使用しているウォーターサーバーがレンタルの場合は、会社に連絡をし、契約解除と同時に返却する必要があります。基本的には送料着払いで送るか、ウォーターサーバー会社の方が引き取りに来てくれます。どちらにせよ、しっかりと連絡を取りどうすればいいか確認する必要がありますので、不要になったらすぐに問い合わせを行い、どうすればいいかよく話を聞くようにして下さい。
 

購入のものは自身で処分する必要がある

本体を購入している場合は、自分で処分しなければいけません。レンタルとは違い返却する義務はないため、自ら処分方法を調べなければいけません。ウォーターサーバーの取扱会社の中には引き取りを行ってくれる所もありますが、大半は引き取りまでは出来ない場合が多いため基本的には自分で処分する事になります。その際は、これから紹介する方法の中から自分のやりやすい処分方法を選択し、間違いのないように手放す必要があります。

ウォーターサーバーの処分方法

ウォーターサーバーの処分方法を見ていきましょう。大きく分けて5つの方法に分類されます。どの方法なら無理なく出来るかよく見極めて下さい。

 

自治体にて処分

自治体のごみ処分としての回収が可能な場合があります。その際は、大きさの関係から基本的には粗大ごみとしての処分となります。数百円程度の粗大ごみシール、もしくは券などを事前に用意しウォーターサーバーに貼り付け、回収を依頼した日の朝一に自宅前に出しておきます。この時、なるべく道路から見て目立つ場所に置いておきましょう。もちろん自分で持ち込みをすることもできます。
 
その際は必ず営業時間などをよく確認してから持っていくようにして下さい。大体は10時から17時の営業時間ですが、自治体によっては12時からだったり14時までだったりと差があります。また、平日のみの場合や土日なども営業しているかどうかも異なりますので、必ず行く前に営業日時を把握しておきましょう。

リサイクルショップで売却

リサイクルショップに持っていくと買取を行ってくれます。昨今ウォーターサーバーの需要はかなり上がってきており、一般家庭でも導入している方が増えてきました。これまではリサイクルショップでの取り扱いは少なかった傾向でしたが、今では非常に多くの種類を扱っています。買取価格はピンキリで、一概に平均的金額を出すことはできません。しかし、見た目のきれいさなどで大きく変わるので、持ち込む際はしっかりと掃除をし万全の状態にしてから売りに出しましょう。

フリマアプリに出品

リサイクルショップ同様にフリマアプリでも高い需要のあるウォーターサーバー。少しでも高く売りたいという時や、リサイクルショップへ持っていく手間が面倒と感じる場合には特にオススメです。フリマアプリでの出品の際は、必ずメーカー名や使用年数、不具合がある場合はそういった内容を詳しく記載しておきましょう。また、写真も多めに撮影し、全体の大きさが分かるモノや汚れや劣化の部分、細かな傷に至るまでしっかりと伝えることが肝心です。あまり高すぎる設定では売れにくくなりますが、状態が良ければ高値でも買い手が付く場合もあります。すぐ処分しなければ、と焦っていないのであれば少し平均よりも高く設定するのもオススメです。

知り合いに譲る

ウォーターサーバーの導入を検討してる方が近くいればぜひ譲りましょう。ウォーターサーバーは種類がありすぎて決められない、使ってみたいけどどこがいいか分からないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。自身が不要になったものであればぜひ譲り、お試しで使ってもらうという手もあります。ウォーターサーバー会社の中には「不要になったら処分するのではなく他の方に譲る」という方法を推奨している場合もあります。その際、現物を見てもらってから譲るかどうか決めたほうがお互いに安心した取引が出来ます。

不用品回収業者に依頼

「どうしても処分したいけど忙しくて持ち込んだりすることが出来ない。」、「重くて一人で運び出しが出来ない。」そんな場合もあるかもしれません。もしも処分に困ったら、最終手段として不用品回収業者に依頼してみましょう。家の中にある状態で依頼することが出来ますし、面倒な運び出しなどもすべて請け負ってくれます。また、例えば他にも処分したいものがある場合はまとめて引き取ることも可能です。費用は掛かりますが、手間などが一切なくなるので効率よく片付けすることが出来ます。

ウォーターサーバーを処分する上での注意点

ウォーターサーバーの処分を行う際、特に注意すべき2つの項目をまとめました。失敗しないよう正しい知識を身につけ、スムーズな処分が出来るようにしておきましょう。

自治体によっては収集を受け付けないケースも

場所にもよりますが、ウォーターサーバーの処分が受け付けられないという自治体も存在します。その場合は、先ほど紹介した方法の中から「自治体にて処分」以外の方法を選択しなければいけません。
 
もちろん粗大ごみとして受け入れてくれるところがほとんどですが、分別のルールやゴミ出しの基準などは各自治体によってルールが定められています。そのため、どうしてもごみとして処分することが不可能な場合も出てきてしまうかもしれません。一度自治体に連絡をし、どうやって処分すればいいかという方法を聞いてみるようにしましょう。自治体で契約している業者などを紹介してくれる場合もありますし、ここで紹介したような処分方法を説明される場合もあります。

水の容器の処分も把握しておく

本体と水の容器は分別が異なりますので注意しましょう。ウォーターサーバー会社の中にはこの容器を回収している場合もあります。全てがごみとして処分することが出来るわけではないため、まずは確認ししっかりと決められたルールを守るようにしましょう。ごみとしての処分が可能な場合は、燃えるゴミか不燃ごみか、又は資源ごみとなるのかをよく確認してから処分するようにして下さい。

まとめ

ウォーターサーバーは美味しい水や健康を考えた食事などに今や欠かせない重要なアイテムとなりつつあります。小さなお子様がいる家庭では多くの方が導入しています。しかし、実際使用してみると、邪魔なだけであまり使わなかった、ウォーターサーバー自体が生活スタイルに合わなかったなんてこともあるかもしれません。
 
そんな時はそのまま放置するのではなく、正しい処分を行いすっきり片づけるようにして下さい。スリム型や小型のウォーターサーバーも多くなってきましたが、それでもどうしても場所は取ってしまいます。使わないものをそのままにすることなく、効率よく処分を行い、自分に合った生活スタイルを守りましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。