• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
洗濯機は「家電4品目」としての処分を!処分方法7選を解説

公開日: / 最終更新日:

「洗濯機が壊れたから新しくしたい」、「古いから新モデルに買い替えたい」、「でもどう処分すればいいか分からない!」そんなお悩みを解決します。正しい知識を身につけて、適切な処分が行えるように準備しておきましょう。

洗濯機は家電リサイクル法の対象製品

洗濯機の本体、付属している洗濯かごなども対象になっています。
 
以下のサイトを参照ください。
https://www.kaiketsukr.com/learnmore/
 
家電リサイクル法は廃棄物の減少、資源の有効活用のためにとても大切な法律になります。使える部分はしっかり再利用することでまた新しく生まれ変わります。環境を守るため、このような法律やルールはしっかりと守ることが大切です。

洗濯機の処分方法

洗濯機の処分方法を7つご紹介致します。洗濯機は大型家電で重量もあるため、簡単に持ち運ぶことはできません。そのため、しっかり事前に処分方法を把握し、スムーズに処分を行えるような準備が必要です。
 

新しい洗濯機を購入する店に引き取ってもらう

家電量販店などで新しい洗濯機を購入するとき、今ある古い洗濯機を引き取ってもらうことが出来ます。購入店から新しい洗濯機が運ばれてきたときに、そのまま古い洗濯機を渡すことが出来るので、家の中で処分品を持て余すなんて心配もありません。一点注意すべきなのが、必ずどのお店でもリサイクル料と運ぶための運賃、すなわち運搬料が請求されます。法律として定められているため無料回収は出来ません。そのため、必ず事前にこうした費用面なども確認して下さい。

処分する洗濯機を購入した店に引き取ってもらう

お店は過去に洗濯機を売ったお客様から引き取ってほしいとの依頼があった場合、法律により必ず承る義務があります。とにかく処分だけしたい、という場合には非常に有効な手段となります。もちろん無料で行ってくれるわけではないため、その点は注意しておくようにして下さい。
 

買取専門店を利用する

動作の不備などもなく、正常に動く洗濯機であれば、専門業者に買い取ってもらえます。傷などがあればその分査定価格も低くなりますが、上手くいけば費用面でプラスになりますので、ぜひ査定だけでも活用してみて下さい。いくつかの業者を比較してみると、そこまで大きな違いはなくとも多少の差は出てきます。1社2社ぐらいで終わらせず、気になる業者にはしっかりと査定してもらい必ず比較してください。中には数千円以上の差がついたという例もあります。また、買い取り額アップのキャンペーンなども狙い目になりますので、情報収集をしっかり行ってから活用してみましょう。

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者はこうした大型の引き取りにとても最適です。自ら持っていく手間もなく、回収費用を清算すればその場ですぐに運び出してくれます。「とにかくすぐに処分したい」、「家にあっても邪魔なだけだからすぐに持っていってほしい」と思っている方にとっては最適な方法となります。ネットで無料見積もりを利用できる業者もありますので、こうしたサービスを活用し事前に回収費用を確認すると安心です。

 

市区町村に問い合わせる

お住いの市区町村に問い合わせることで、正しい方法を教えてもらえます。場所によっては自治会などでリサイクル家電の引き取りを行ってくれる場合もあります。お店が遠かったり買取してもらえない洗濯機の場合は、一度市役所の担当窓口に聞いてみるのが確実です。

 

指定取引場所に持ち込む

家電リサイクル品は決められた場所に持っていく必要があります。指定取引場所へ持ち込む際は、事前に郵便局の窓口で費用を支払いリサイクル券を受け取ります。持ち込むまでこうした様々な手続きを行う必要がありますので、必ず事前に市役所やごみ収集センターなどに問い合わせを行ってください。また、必ず中身は空っぽにし、付属品以外のものは全て取り外しておくようにしましょう。

 

知人に譲る、フリマアプリ等で販売する

洗濯機は家電の中でも特に必要性の高いアイテムです。もし周囲に引っ越しをしたばかりで洗濯機がまだないという方、急に壊れて洗濯ができない!という方がいればぜひ譲りましょう。また、フリマアプリなどに出品するのもオススメです。洗濯機などの家電は需要が高く、多少の劣化具合であれば気にしないという方がほとんどです。直ぐに買い手が見つかるという訳ではありませんが、本当に欲しいという方に渡すことが出来るのでとても有効的な方法と言えます。

洗濯機を処分する上での注意点

洗濯機の処分には、コストが掛かります。コストは処分方法により大きく異なりますので、ここをしっかり見定めておきましょう。また、処分を間違えず行うためには注意点がありますので、ここでご紹介する内容をしっかり把握しておいてください。

回収業者を見定める

回収業者の中には、無許可で営業を行っているという悪質な業者も存在しています。こういった業者に依頼してしまうと、この処分品が不法投棄されてしまうこともあります。また、高額な請求をされ、コストが倍以上かかり損をすることもあります。「回収業者はどこに依頼しても一緒だからどこでもいいや」なんて安易に考えず、しっかりと見極めつつ最良の業者を見つけて下さい。

市区町村ごとのルールに乗っ取る

隣の市と住んでいる市の方法が全く異なるという事も珍しくはありません。そのため、大型家電の洗濯機の処分はしっかりと確認を行う事が大切になります。地域によっては、業者ではなく自治体が率先して回収を行っているというところもあります。また、処分を希望している人に最適な方法の提案なども行ってくれるため、どうしたらいいか分からないという時は、まず最初に役所の担当窓口に相談することをオススメします。

まとめ

洗濯機の処分方法は実に様々あります。
 

  • 家電リサイクル法に基づき処分を行う。
  • まだ使えるものであればフリマアプリなどを活用しお得に処分する。
  • 洗濯機以外の不用品と一緒にまとめて不用品回収業者へ依頼する。

 
比較的新しい、傷や不具合などもなくきれいという場合は、買取やフリマアプリなどで売ることもできます。かかる費用も方法により異なりますし、逆にプラスになるという事もあり得ます。適切でルールに沿った処分を行うよう心掛けておきましょう。
 
正しく処分することは、そのまま地球環境の保護にも繋がります。今こうしたごみ問題は日本に限らず全世界での課題になっていますので、意識を高めていきましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。