• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
勝手に処理しては危険!電気温水器の安全簡単な処分方法6選

公開日: / 最終更新日:

電気温水器は水をお湯に変えるのも早く長い寿命が魅力的です。しかし、その処分方法は注意しなければいけません。その理由の1つが「家庭ごみとしての処分が出来ない」ということです。「どうやって処分するの?」「何処に依頼すればいいの?」と疑問に思う方も多いでしょう。
 
そんな悩みを解決するため、この記事では電気温水器の処分方法を詳しくご紹介致します。

電気温水器は家庭ごみとして処分はできない

先ほどもお話ししたように、電気温水器の処分は粗大ごみや不燃ごみという一般ごみとしての処分が出来ません。電気温水器の撤去をするときは、取り外して終わりという訳ではないのです。必ず配管の工事、電気工事などが必要となってきます。素人が行うにはあまりにも危険すぎるため、専門業者に依頼しなければいけません。間違っても自らが取り外して処分を行うという事はしないようにして下さい。間違えば大きな事故にも繋がります。専門知識やスキルがある方でなければ正しい対処は出来ません。必ず専門業者に依頼するようにしましょう。

電気温水器の処分方法

自分で処理できない電気温水器、その処分方法を詳しくご紹介致します。
 

専門業者に引き取り依頼する

一般的な処分方法としてあげられるのが、専門業者に依頼するという方法です。ガスや電気、水周りの修理などを行っている業者に依頼しましょう。その際、撤去から処分、工事などを一貫して行ってもらうため費用がかなり掛かってしまいます。そのため、様々な業者を比較し必ず料金の確認を行うようにして下さい。一戸建てなのかマンションなのかという建物の違いや、電気温水器の大きさなどによっても料金設定は異なりますので、まずは数社から見積もりなどを出してもらうと安心です。
 

購入店で引き取ってもらう

電気温水器を購入した店舗で引き取りをお願いできる場合があります。しかし、お店によっては購入履歴を証明するような書類が必要になることもあります。保管してある場合は問題ありませんが、こうした書類がない場合は難しくなる可能性が高くなるので注意してください。また、電気温水器の寿命は平均的に10年~15年と言われています。そのため、最悪の場合購入したお店が無くなってしまっているという事もあります。購入履歴が分かるものがある場合は、系列店などに問い合わせをすることで、引き取りを受け付けてくれる場合もありますので、まずは連絡してみることをオススメします。
 

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者では、上記で説明したような専門業者に比べ安価で引き取りをお願いすることが出来ます。また、他にも処分したいものなどがある場合にはまとめて処分をしてくれるので、引っ越しなどの際にはとても役に立ちます。しかし、不用品回収業者も料金プランはピンキリです。悪質な業者の場合、見積もりを出してもらっても実際の金額がかなり跳ね上がるという事も少なくありません。そのため、安易に業者を決めることはせず、様々な業者の比較を行い、信頼できる引き取り先を見極めるようにしましょう。
 

フリマアプリ・オークションに出品する

無料で活用できるフリマアプリやオークションに出品する事もできます。その際は、必ず製造年月日、使用年数などをしっかり明記するようにして下さい。また、劣化具合や何かしらの故障部分がる場合も必ず記載しておくようにしましょう。顔の見えないネット上での取引になりますので、もしも購入者が「聞いていたものと違う」と判断すればクレームの原因にもなりますし、悪い評価をつけられてしまいます。伝えるべき部分はしっかりと伝え、後々のトラブルなどを回避することが大切です。
 

リサイクル業者に買い取ってもらう

電気温水器はリサイクル業者に買取を依頼することが出来ます。「処分するのは勿体ないけど、フリマプリなどはやったことが無いから出来ない。でもお得に処分したい。」そういった場合は、リサイクル業者への買取を検討してみるといいでしょう。業者により買取可能なアイテムに違いはありますが、基本的にはどんなものでも引き取りが可能な場合が多いです。しかし、古すぎるものは対象外になってしまう可能性もあります。まずは一度ネット査定などで大まかな金額などを出しておくことをオススメします。買取可能な業者か、買取価格が安くても引き取ってくれるのかなどを一括で調べることができますので、まずはこうしたネット査定を活用してみて下さい。
 

自治体によっては回収を行っている

電気温水器の処分は家庭ごみとしての処分が出来ないというお話をしましたが、自治体の中には極稀ですが回収を行っている場合もあります。様々な処分方法を検討する前に、まず一度お住まいの自治体に連絡をしてみて下さい。ただし、基本は回収が出来ないと断られることが大半になりますので、「出来ないかもしれないけど一応聞いてみよう」という軽い気持ちで問い合わせてみましょう。もしも自治体での回収が可能な場合は、正しい手順をよく聞き、誤りのないように適切な処分が出来るようしっかり準備しておくようにして下さい。

電気温水器を処分する上での注意点

電気温水器処分の際の注意点を2つにまとめましたのでご確認ください。
 

素人の取り外しは危険なため業者に依頼する

先ほどもお話ししましたが、取り外しは必ず専門業者にお願いするようにして下さい。素人の取り外しは非常に危険です。間違って大事な配管や導線などに傷をつけてしまうという事もあります。もしも撤去している際に何かしらのトラブルが起こった際、それを直してもらうためにさらに費用が掛かることになります。思わぬ怪我や事故も起こりかねません。「費用を抑えたい」という考えから行う方もいますが、結局最終的に修理や怪我などのせいで余計な費用がかかってしまうこともありますので、必ず専門業者に依頼するようにして下さい。
 

給湯器の形式によって業者が異なる

給湯器の形式は様々あります。その形式によって業者が異なるので注意しましょう。まずは処分する電気温水器の形式を必ず確認しておくようにして下さい。ここを把握しておかなければ、正しい業者への依頼が難しくなります。処分方法の検討を始める前に、必ず処分予定の電気温水器の形式、状態、大きさなどを細かく把握しておくようにしましょう。

まとめ

電気温水器の寿命は長いため、処分方法についてまで詳しく把握できていないという方が大半かと思います。この記事の内容をしっかりと理解し、正しい処分が行えるようにしっかりと準備しておきましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。