• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
売却は難しい?ウォシュレットのスピード処分方法5選を紹介

公開日:

「ウォシュレットが壊れたから買い換えたい!」「引っ越しするから処分しなければいけない。こんな時、どう捨てればいいの?」と悩む方は多くいらっしゃいます。実はウォシュレットの処分方法はあまり広く知られていません。
 
正しい知識を身につけ、失敗しないようにスッキリ手放せるように準備しましょう。

自治体にて処分方法を確認しておく

自治体によって、ウォシュレットの処分方法は大きく異なります。例えば引っ越しなどをする際は、住んでいた地域で処分を行うのか、新しい場所へ行っての処分を行うのかでルールが違う可能性があります。処分方法を間違えるとまた持ち帰って正しくやり直す必要があります。
 
手間もかかりますし時間も必要になってしまうので、まずは事前にしっかりと準備を行い、正しく適切な方法で手放せるようにしておく事が大切です。

ウォシュレットの処分方法

ウォシュレットの処分方法は5つの方法に分けられます。1つ1つの内容をここで詳しく見ていきましょう。

 

自治体にて処分

多くの自治体では、ウォシュレットは粗大ごみとして処分が可能です。破損している、汚れが目立つといった場合であっても、問題なく引き取ってもらえます。粗大ごみとしての処分は電話をして回収を依頼する方法と、自分でゴミ処理センターへ持ち込み依頼する方法があります。ゴミ処理センターへの持ち込みは必要最低限の費用で手放すことが可能なため、一番簡単に安くウォシュレットを処分することが出来ます。

 

買い替え時に下取りに出す

新しくウォシュレットを買い替える際、古いウォシュレットを下取りに出すことも可能です。しかし、どこでも行ってくれるわけではないので「買い替え時に下取りサービスを行っているか」を事前に確認しておくようにして下さい。大手メーカーの場合、購入アイテムの設置と下取りアイテムの取り外しを一貫して依頼することが出来ます。下取りに出すデメリットとしては、処分費用がかかならない分、撤去や設置の費用がプラスでかかることです。

 

不用品回収業者に依頼

「引っ越し先には新しいウォシュレットがあるから今あるウォシュレットは不要になった。」「ウォシュレットが壊れたから捨てたい自分で持ち運べない」という場合、自宅まで引き取りに来てくれる不用品回収業者に依頼して下さい。費用は大体7千~8千円、高くても1万円前後で回収依頼を行えます。他の処分方法に比べて費用がかかってしまうため、なるべく他のいらない物も一緒に引き取ってもらうと効率的かつ、お得に手放すことができます。不用品回収業者は、基本的に重さや大きさなどで価格が決まります。まずはしっかり料金設定を確認し、信頼できる業者を見つけて下さい。

 

リサイクルショップに引き取ってもらう

比較的綺麗なもの、製造年月日がはっきりしているもの、破損や故障がないものであれば、リサイクルショップに買い取ってもらう事が可能です。今の時代、ウォシュレットを求める方は非常に多くいらっしゃいますが、古いアパートやマンションにはまだまだ設置されていない場所が多くあります。こうした際、中古で購入する方は増加傾向にあります。そのため、リサイクルショップでもウォシュレットの買取を強化しているところも多くなっています。見た目が綺麗で問題なければ、ぜひ査定依頼を行ってみて下さい。

 

オークションサイトに出品

オークションサイトでも、中古のウォシュレットを求めている方が多くいるため人気が高い傾向にあります。直ぐに買い手が見つからないというデメリットはありますが、自分が納得できる価格で売ることが可能になるため、少しでも高く手放したいと思う方はこうしたオークションサイトに出品する方法がオススメです。どのくらいの金額で出品するか迷った時は、一度リサイクルショップに査定を依頼し、その価格を参考にオークションに出品してみて下さい。

ウォシュレットを処分する上での注意点

次に、ウォシュレットを処分する際に注意する点をお伝えいたします。

 

取り外す前に掃除をしておこう

ウォシュレットは取り外す前に必ず綺麗に掃除しておく必要があります。使用中にまめにメンテナンスをしていても、細かな部分には汚れがたまっています。売却をする場合は特に入念に確認しましょう。処分を行う場合であっても、出来る限り綺麗な状態にしておくのがマナーとなります。

 

取り外すときは元栓を閉めるのを忘れないように

自分で取り外しを行う際、必ず元栓を閉めてから作業を行ってください。閉め忘れると水が噴き出し大変なことになる可能性があります。慣れていない方ならなおさら注意してください。取り外す作業より、後始末の方が大変になってしまうこともあります。思いつきで取り外し作業を行うのではなく、まずは事前準備を徹底し、安全に配慮しながら進めていくことがスムーズに取り外すコツです。

まとめ

需要が増加し、多くの家庭で取り入れられているウォシュレットですが、その処分方法まで把握している方は少ないのが現状です。しかし、今の時代なくてはならないものと言っても過言ではないウォシュレットですので、正しい手放し方もしっかり把握しておくことが大切です。
 
壊れた際にも悩まずすぐに対処できるようになりますので、この記事でお伝えした基本の処分方法と注意すべき点をよく覚えておきましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。