• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
扇風機は売る?捨てる?状態に合った処分方法を選ぼう

公開日: / 最終更新日:

扇風機は季節を感じ日本的な風情を感じるアイテムです。そんな扇風機は、使用しない時期は押し入れなどにしまって保管しているという事が多いかと思います。
 
しかし、夏になりいざ出してみると壊れていて使えないなんてことも。だけど処分方法が分からないからまた押し入れに…。そうなると、処分するきっかけをなくしてずるずるそのままになってしまいます。
 
そこで、この記事ではそんな扇風機に関する処分方法を様々な方法から詳しくご紹介致します。ぜひご覧ください。

扇風機の処分方法

扇風機の処分方法をご紹介致します。ごみとしての処分だけでなく、お得に手放す方法もありますので、しっかり内容を把握しておくようにしましょう。
 

粗大ごみもしくは不燃ごみとして処分する

もう使えないものの場合、一般的に扇風機の処分は粗大ごみか不燃ごみという方法になります。違いはその大きさです。例えば1辺が30cm未満であれば不燃ごみ、それを超えれば粗大ごみとなるように、目安になっている大きさがあります。地域によりこの目安の大きさは異なりますが、大体30cm、大きくなれば50cm程度になります。
 
自治体により定められたこの大きさの規定をまずは知っておきましょう。不燃で出すことができれば普段通りの処分方法で処分可能ですが、粗大ごみの場合は処分費用が掛かります。これもその地域によって金額に差が生じます。まずは、お住いの役所、粗大ごみセンターなどに直接問い合わせてみて下さい。
 

リサイクルショップで売る

「扇風機を新しくしたからもう古いのはいらない」、「まだ使えるけど、型が古いし音もうるさい」そういった場合は、リサイクルショップにぜひ持ち込んでみて下さい。少し古いものだとしても、まだ現役で使えるものであれば積極的に買取してもらえます。また、古いアイテムは一部の方にとても人気があるため、もしかしたら予想以上の高値で引き取ってくれるかもしれません。その際にはしっかり掃除し、少しでも見栄えを良くしておくことが大切です。
 
持ち運ぶことが出来ない場合などは、出張査定なども行ってくれるショップもありますので、こうしたサービスは積極的に活用していきましょう。しかし、どんなものでも売れるという事ではありません。状態によっては買取が不可とされることもあります。まずは一度査定を出し判断してもらいましょう。折角持って行ったのに売れなかった、来てもらったけど値段が付けられなかったという事も大いにあり得ます。リサイクルショップに売るときは「売れないかもしれない」という事を念頭に置くようにして下さい。
 

不用品回収業者に依頼する

扇風機が壊れていて全く使えない。そんな状態のものでも不用品回収業者であれば依頼することが出来ます。状態に関係なく、どんなものでも引き取ってくれるので非常に心強い味方になります。コストは掛かりますが、扇風機以外にも処分したいものが多くあるという場合、全てまとめて引き取ってくれるためかなり効率的な片付けが出来ます。
 
また、基本は24時間受付してくれるため、自分自身のスケジュールや予定を狂わせることなく処理が可能になります。『夜9時以降じゃないと難しい』、『休日の朝じゃないと時間が合わない』なんて場合でも合わせてくれますので、どんな方でも生活スタイルを崩すことなく正しい処分をすることが出来ます。

扇風機を処分する上での注意点

上記で紹介した3つのパターンが主な方法となります。しかし、どんな方法であっても必ず事前にそれぞれ問い合わせを行うようにしましょう。細かい部分は地域、業者により異なりますので、勝手な憶測で処分をしてしまうことのないようにして下さい。誤った方法をしてしまえば、処分することを断られるなんてこともあり得ます。
 
ここで紹介する注意点をしっかり把握し、失敗しないように準備を行いましょう。
 

市区町村ごとのルールに則り処分する

扇風機を手放す際は、しっかり市区町村のルールに則って行う必要があります。「前住んでいたところではこうだった」、「実家の地域はああだった」という情報は、何のあてにもなりません。中には扇風機を不燃ごみとして出すことが出来ない場所もあります。

一番大事なのは、今現在住んでいる地域のごみ分別ルールをしっかり理解することです。地域や自治体によって、ごみの種類別の分別方法を一覧にしている冊子などを配っている場所もありますので、こういったものもぜひ活用し、しっかりルールに則って処分してください。
 

フリマアプリ等を利用する場合は状態を確認する

他家電や家具に比べそこまで需要が高いものではないにしろ、それでも人気のアイテムであることに変わりありません。その際には、必ず本体の状態をよく確認してください。動きに不具合はないか、部品は揃っているか、汚れや傷などはないかなど、隅々までチェックする必要があります。
 
目立つ汚れなどはもちろん、小さな傷などもしっかり写真を撮り、見ているユーザーがどんなものなのか分かりやすくすることが大切になります。ここを疎かにしてしまうと、後々にトラブルになったり返金要求されてしまう事もあります。
顔の見えないネット上の取引だからこそ、こうした小さく細かな部分まで注意しておくようにして下さい。確認を行い正しく情報を伝えることで信頼度も上がります。効率よく安心した取引が出来るよう、まずはしっかりとアイテムの状態を確認するところから始めましょう。

まとめ

扇風機の処分はしっかりと事前に準備をすることが大切です。問い合わせを行い、正しい情報を得て、間違えないように処分するようにしましょう。
 

  • 動作しない
  • 部品が足りない
  • 型が古い
  • 今すぐに処分したい

 

など、その扇風機に合わせて適切な方法を選んでください。まずは処分に対する方法などを見るよりも、状態や動作の確認が先決です。捨てる方法を選択するのはその後です。
 
直ぐに処分したいのか、時間がかかってもいいかという方向性によっても適切な処分の仕方は変わります。まず最初は状態確認、処分方法の把握、適切な方法の選択という流れを行いましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。