• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
捨て方注意!ルンバとバッテリーの処分方法を注意点とともに解説!

公開日: / 最終更新日:

ルンバは今や家庭のお掃除アイテムとして定番になりつつあり、色々なメーカーが似たようなお掃除ロボットを発表しています。しかし、小さいお子様のいる家庭は子供が遊んで壊してしまったなんてこともあるでしょう。また、ジュースをこぼしてしまったり、ふとした瞬間に動かなくなったという場合もあります。
 
慌てず正しい処分が出来るように、この記事を読んでしっかりと準備しておきましょう。

ルンバは本体とバッテリーの処分方法が異なる

ルンバは自動で充電してくれるとても賢いお掃除ロボットです。そのため、そのバッテリーと本体を一緒に処分しようとする方が多くいますが、実はそれ、NGなのでしっかり覚えておいてください。ルンバの本体、そしてそのバッテリーの処分方法は異なります。もしもそのまま処分してしまったら、場合によっては回収されずそのまま放置されるなんてこともあります。バッテリーは取り外し、地域の回収ボックス等に入れてリサイクルに回してください。

ルンバの処分方法

では、正しいルンバの処分方法とは一体どんなものなのかをここでしっかり把握しておきましょう。
 

不燃ゴミとして処分する

まず、ごみとして処分する方法として一般的なのが不燃ごみで出す方法です。費用は掛からずいつも通りの処分で大丈夫ですので、一番手っ取り早く簡単に処分することが出来ます。気をつける部分としては、必ず自治体のゴミ出しのルールに沿って行うという事です。回収日を厳守するというのはもちろんの事、ゴミ出しの時間や場所などはしっかり守り、他の方の迷惑にならないよう正しく処分を行ってください。
 

粗大ゴミとして処分する

次に粗大ごみとしての処分方法です。大きさにより異なる方法になりますので、処分するルンバの大きさをまずは測っておきましょう。一般的には多くに自治体が1辺30cm以上のものを粗大ごみとして分類しています。ですので、まずはその大きさを測り、規定以上のものであれば粗大ごみとして処分するようにして下さい。処分費用は掛かりますが大抵数百円で収まりますので、そこまでの大きな出費にはなりません。
 

フリマアプリで売る

ルンバは有名なお掃除ロボットですので、高い人気を博しています。ですので、捨てるという選択よりも必要としている方に売るという方法もあります。比較的綺麗なモノや年代の浅いものであれば、平均よりも多少高くても売れる見込みは強まります。その際、説明書などの付属品もそろっていればさらに高額な金額でも買ってもらえるでしょう。売る際は必ずメンテナンスを行い、動作確認、最低限の掃除は済ませておいてください。
 

知人や友人に譲る

売れるほどきれいじゃない…年代が古いから売ったとしてもあまりお金にはならない…動くけどたまにちょっと不具合が出る時がある。こうしたものもフリマアプリなどに出品は出来ますが、買い手がつく確率は下がってしまうでしょう。また、売れたとしても非常に安い値段になるため、手間などの方がかかってしまうかもしれません。そういった場合は、もし周りに欲しいという方がいれば譲ってしまう方が効率的な取引が出来ます。
 
とりあえず何でもいいからほしい、動くなら多少の不具合があってもいいという方が近くにいるかもしれません。まずは周囲の方に聞いて、欲しいという方がいれば現物を見てもらいましょう。それで譲ってほしいとなれば取引成立です。フリマプリのような色々な手間などは省かれますし、簡単に手放せるのでとてもオススメの方法です。

 

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者に依頼という手もありますが、これは他にも何か処分したいものが多くあるという場合にのみ有効と考えて下さい。不用品回収業者に依頼した場合、安くても数千円の費用が掛かります。運び出しなど全て請け負ってくれるため非常に簡単に手放すことが出来ますが、費用面を考えればとても高額になってしまうでしょう。大型の家具も一緒に引き取ってほしい、着ない洋服が5袋以上あるなど、たくさん処分したいものがある場合はとても便利ですが、ルンバ1つだけの処分であればほかの方法を選んだ方がお得に手放すことが出来ます。

ルンバを処分する上での注意点

次に、ここでは注意すべき内容をご紹介致します。ただ単に捨てるのではなく、ここの内容をしっかり把握し誤った処分をしないよう心掛けましょう。

回収業者を見定める

回収業者は悪質なものに注意する必要があります。
 

  • 個人情報を悪用されてしまった
  • 捨てたはずのものが不法投棄されなぜか自宅に戻ってきた
  • 安いから依頼したのにトラックに積み終わった瞬間に数万円の高額な請求をされた
  • キャンセルしようとしたらキャンセル料でさらに数万円請求された

 

など、考えられないような悪質な業者が実在します。
もちろん、こういった業者ばかりではありません。ほんの一握りにも満たない数ではありますが、実際に存在しているのも事実です。回収業者に依頼する場合は、適当に決めるのではなく様々な業者を見比べ比較し、口コミや評価などから判断するようにしましょう。
 

市区町村ごとのルールに則る

どんなごみ捨てでも共通する事ですが、処分する際はその住んでいる自治体のルールをきっちり守るようにして下さい。身勝手な処分をすれば他の方の迷惑にもなり、ごみ収集の方も困らせてしまうでしょう。分別の曜日、処分する時間など、決められたルールをしっかり守ることを心掛けて下さい。気持ちよく過ごすことが出来るよう大勢が協力する姿勢が大切です。
 
「自分が良ければいい」という考えは許されることではありません。みんなが安心して過ごすために決められたルールは、守らなければ意味がありません。しっかり内容を把握し、決められたルールに則ってごみの処分を行ってください。

まとめ

家庭用お掃除ロボットのルンバは、名前を付けてペットとして可愛がっているなんて話もよく聞きますね。そんなルンバだからこそ、最後の処分まで責任をもって行う必要があります。ごみとして処分する際も、他の人に渡す際も、それぞれのルールを厳守し気持ちよく手放せるようにきっちり下準備を行いましょう。
 
この記事を読んで処分方法をしっかり把握し、ルンバの状態や自分自身の都合など、様々な要因から適切な方法を選択しましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。