• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
売却?廃棄?トースターの効率的な処分方法5選を紹介

公開日: / 最終更新日:

トースターは小型調理器具として人気が高く、パンが好きな人には欠かせないですね。他にも様々な料理に活用できる万能アイテムです。しかし、長く使用していると壊れたり不具合が起きて処分を考える事もあるでしょう。
 
トースターの処分はどうすればいいの?という悩みをここですっきり解決していきましょう。

トースターの処分方法

トースターの処分方法をご紹介致します。大きく分けて5つの方法になりますので、処分しようとしているトースターに一番最適な方法を選びましょう。
 

不燃ごみとして処分

「トースターってごみとして出せるの?」と驚く方もいるかもしれませんが、自治体によっては不燃ごみとして家庭ごみ同様に処分することが出来ます。ほとんどの自治体で可能な処分方法ですが、中には不燃ごみでは出せないという場所もあるので、必ず事前に確認しておきましょう。
 
もう壊れて使えないトースターや、汚れや焦げがひどくてどうしようもないものなどは、思い切ってごみとして処分してしまう方法が一番手っ取り早くすっきり片づけられる方法になります。費用も掛かりませんし、いつも通りのごみ収集の場所に出すだけなので簡単に手放すことが出来るという大きなメリットもあります。
 

不用品回収業者に依頼

トースターだけではなく、他の家電や家具など、色々なものを処分したいときはぜひ不用品回収業者に依頼しましょう。大量にあっても一気にまとめて引き取ってくれますので、どこかに持っていく手間なども省け楽に処分することが出来ます。費用は他の方法に比べ大きくかかってしまうため、例えば処分したいものがトースター1つだけしかない場合は、先ほど話したような不燃ごみとしての処分がオススメです。不用品回収では、安くても数千円単位のお金がかかってしまいます。引っ越しや断捨離などでいらないものがたくさんあるというなら話は別ですが、他に処分するものは何もないという状況であれば、他の方法を選んだ方が安くすみます。
 

リサイクルショップに引き取ってもらう

まだまだ現役で使えるトースターであれば、リサイクルショップに持っていき現金に換えてもらう事もできます。しかし、ここで注意すべきはその見た目です。いくらまだ使えるものであったとしても、汚れや焦げなどがひどいものは買取拒否されることがあります。
 
許容範囲内の劣化であれば大抵は売ることはできますが、いくら中古品でも「これはちょっと…」と思われるような汚れ具合では売ることすらできません。掃除をできるならば可能な限り綺麗にし、汚れや焦げを落とし完璧な状態にして持ち込むようにしておきましょう。それでも希望価格で売れることはあまりありませんので、期待しすぎないようにするのがポイントです。
 

フリマアプリを活用する

中古だけどまだ動くトースター。リサイクルショップに持って行ったけどあまり高値で買ってくれなかった。そんな場合はフリマアプリに出品してみましょう。リサイクルショップでの査定価格に納得いかない!という場合、査定価格よりも少し高値で出品するのがオススメです。あり得ないほどの高額ではだれも見向きもしませんが、リサイクルショップに売られているような平均価格ぐらいであれば多くの方の目に留まります。
 
その際、動作の状況、汚れ具合、使用年数など、細かく情報を伝えることを忘れないようにして下さい。顔の見えない取引ですので、こうした情報の開示は非常に大切です。まずは利用者に信用してもらわなければ、どれだけ良いアイテムでも売ることは難しくなってしまいます。写真なども細かく撮影し、もし問い合わせや質問などが来た際は正直に答えるようにして下さい。
 

知人に譲る

引っ越したばかりでまだ家電が揃っていない。今あるのが古いから中古でも新しいのも買おうとしている。周りにそんな方はいませんか?人に譲れるくらいの劣化具合ならば、ぜひ知人に譲ってあげるといいでしょう。お金に換えるという事は出来ませんが、信頼関係はグッと強くなります。知っている人であれば安心して取引する事もできますし、大げさかもしれませんが「人助け」にもなります。
 
自分の周りの友人やその知り合い、職場の同僚やその周囲の方々など、ぜひ一度聞いてみて下さい。その際、どんなトースターでどんなデザインなのか、どの程度使ったものなのか、汚れや傷などはどんな様態化などをしっかり伝えることが大切です。決して押し付けることの無いよう、相手が「欲しい!」と言ってくれたら譲るようにしましょう。

トースターを処分する上での注意点

トースターの処分方法は、上記のような内容となります。次に、処分する際に特に注意すべき2つのポイントをここでご紹介致します。しっかり理解し頭に入れておきましょう。
 

トースターは小型家電リサイクル法の対象

トースターは、「小型家電リサイクル法」という法律の対象品目となっています。しかし、必ずしもリサイクルしなければいけない!と決まっているわけではありません。あくまで「こうした法律があります。なるべくリサイクルしましょう。」という緩いスタンスなので、気張って「リサイクルしなければ!」と思い込む必要はありません。もちろん、リサイクルとして処分する事も大切ですが、基本的にはこうした内容は自治体任せになっていますので、住んでいる地域のルールに沿った処分方法であれば問題ないでしょう。
 

自治体によっては粗大ごみになることも

小型家電のトースターですが、自治体によっては不燃ごみではなく粗大ごみとしての扱いになる場合もあります。大きさに関係なくこうした家電は全部粗大ごみになるという自治体も少なくありません。必ず処分前に問い合わせてみましょう。粗大ごみとしての処分方法のみの場合、不燃ごみの場所に置いといても回収されません。そのまま放置されてしまいますので、必ず確認し、しっかりとルールを守って処分してください。

まとめ

トースターは扱いやすく小型で置き場所にも困らず、様々な料理に活用できる万能アイテムと言っても過言ではありません。しかし、使い方はマスターしていてもその処分方法までは知らないという方も多いのではないでしょうか。
この記事でまとめた内容をよく把握しておき、悩まずスムーズな処分が出来るように準備しておきましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。