• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
リサイクル推奨!レンジの状態ごとの処分方法5選

公開日:

「レンジを新しく買い替えたいけど、今あるレンジはどう処分していいか分からない。」そんな方のために、レンジの正しい処分の方法をご紹介致します。
 
その内容をよく知り、適切な方法で手放せるようにしましょう。

レンジは小型家電リサイクル法の対象

レンジは「小型家電リサイクル法」の対象品目になります。小型家電リサイクル法は、家電製品に含まれている有用金属の再利用のため施工された法律です。家電リサイクル法とは違い、リサイクル料金の支払いをせずに処分することが出来るのが特徴となります。
 
「小型家電リサイクル法ってどう処分するの?」「普通にごみで出せないの?」と悩む方も多いかもしれません。レンジの処分方法をしっかり把握し、正しく処分してリサイクルに役立たせて下さい。

レンジの処分方法

レンジの処分方法は5パターンあります。レンジの状態、何を重視した処分内容になるかを考慮し、自分にピッタリの方法を選びましょう。
 

フリマアプリ等で売る

レンジなどの家電は非常に多くの需要があります。新しいものはもちろん、少し型が古いものでも高い人気があります。全国的にも利用者が多いフリマアプリでは、欲しいという方がとても見つけやすいのが特徴です。レンジの状態、年式や購入時期、不要になった理由や使い方など細かい部分まで説明文を記載すると、ユーザーから見ても非常に分かりやすくなるので購入される確率も高まります。また、こうした小型の家電はジャンク品でも売れる可能性がありますので壊れていて使えないというものでも、一度試しに出品してみて下さい。
 

リサイクルショップで買い取ってもらう

不具合などがなければリサイクルショップで買い取ってもらえます。店舗へ自分で直接持ち込んで査定をお願いして下さい。レンジは大人一人で持ち運びが出来る重さ、大きさがほとんどなので、事前の予約などは必要ありません。また、『近場にリサイクルショップがない』、『車がないから運び出せない』なんて方は、ぜひ出張査定を依頼してみて下さい。また、リサイクルショップの中には壊れているアイテムでも買い取ってくれる店舗もありますので、ネットなどで調べてみることをオススメします。
 

下取りに出す

購入したお店に持っていくと、不具合があったり壊れていても回収してくれます。買い替えなどの場合では下取りとして依頼することが出来、新しいレンジの値段が安くなるというメリットもあります。引き取りのみを依頼した場合は別途で料金が発生する事もあります。大型家電量販店の価格帯を目安としてご紹介致します。
 
ケーズデンキ
配達時→無料
引き取り→出張料と処分費用で2,200円
 
コジマ電気
1箱1,958円の宅配回収サービス
 
ヤマダ電機
持ち込み→1,000円
回収→1,000円にプラス出張料
 

他の家電量販店などでも回収サービスや下取りなども行ってくれます。近場のお店はどうなのか、行ける範囲のお店はどんなサービスでどの程度の料金なのかをしっかり調べておいて下さい。

不用品回収業者に依頼する

壊れてしまって使えない、重くて運ぶのが面倒な場合、不用品回収業者に依頼すると1から10まで全てを一貫してスムーズに対応してくれるので、煩わしい手間などもなく簡単に処分することが出来ます。こちらの都合がいい日に依頼することができますので、スケジュール調整などもしやすくとても便利です。中には悪質な業者などもありますのでよく選ぶ必要がありますが、ホームページなどをしっかり確認し、口コミ評価などをよく見るとそういった業者を避けることもできます。まずは下調べを徹底的に行うようにして下さい。
 

自治体のルールに乗っ取り粗大ごみもしくは不燃ごみとして出す

自治体のルールによってごみの分別方法は異なります。基本的には大きいものは粗大ごみ、小さくコンパクトなものは不燃ごみとして出すことが出来ます。こういった処分は不要なごみとして回収を依頼することになるため、まだ使えるものでも壊れてレンジとして使い道のないものでも関係なく依頼することが出来ますので、とにかく処分したいという場合にはぴったりの方法です。処分方法は自治体のルールをよく把握し、間違わないよう正しい処分をする必要があります。

レンジを処分する上での注意点

レンジは処分するうえで特に気を付けるべきポイントが2つあります。この注意点をよく把握し、正しく適切な処分を行えるようにする必要があります。必ず守れるように、知識を頭に入れておいて下さい。
 

買取を依頼する場合は綺麗に掃除する

使えば使うほどに汚れやほこりなどがレンジにたまっていきます。使用している時にメンテナンスなどは行っていても、細かな部分まで掃除する方は少ないのではないでしょうか。レンジの内側はもちろん、裏側やほこりの溜まりやすい部分、ターンテーブルなど、全体をしっかりチェックして最高の状態にしておいて下さい。綺麗な方が買取査定は上がりますし、フリマアプリなどに出品する場合でも、少し高めの設定にしても売れる可能性があります。
 

市区町村ごとのルールに乗っ取って処分する

ごみとして捨てるためには、住んでいる地域のルールを把握し、間違わないようにする必要があります。また、粗大ごみや不燃ごみとしての処分が可能でも、その自治体によって大きさの規定も異なります。まずは最初に問い合わせを行い、処分するレンジのサイズを測り適切な方法を選択して下さい。更に場所によっては粗大ごみや不燃ごみとしての処分が出来ないという場合もあるかもしれません。そういった時は、不用品回収業者などを利用して手放しましょう。

まとめ

色々な処分方法があるレンジですが、それぞれしっかり事前に問い合わせや確認を行う事が大切です。
 

  • 処分に費用をかけたくない→不燃ごみ・家電量販店の一部
  • 壊れてしまっているためコストが発生してもいいから捨てたい→粗大ごみ・不用品回収
  • 少しでもお金に変えたい→フリマアプリ・リサイクルショップ

 
レンジを処分する際には、どこを重視するかで選択する方法が変わります。上記のように費用面を主に考えればこういった分類が出来ます。他にも、持ち込みなどの移動を考えた方法、いかに早く処分できるかというスピードを重視した考えなど、自分に一番適切な方法をしっかり選びましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。