• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
サイズに注意!ホームベーカリーのベストな処分方法6選

公開日: / 最終更新日:

ホームベーカリーはおうち時間が増えた昨今需要が大きくなり、一気に人気家電の仲間入りを果たしました。しかし中には、「壊れたから処分したい」という以外にも、「家で作るのがやっぱり面倒」、「うまく使いこなせないからいらない」なんて方もいるでしょう。
 
ここでは、ホームベーカリーの処分方法を詳しくご紹介致します。

ホームベーカリーは小型家電リサイクル法の対象

不要なホームベーカリーを処分する際、まず意識してほしいのがこの「小型家電リサイクル法」です。資源の再利用とごみの減少という大きな役割を果たしています。環境破壊や地球温暖化などの影響を考えると、こうした小さなことでも1人1人が意識を持つことで改善されていくでしょう。ごみとして処分する事も可能ですが、なるべくなら地球にやさしい方法を選ぶことをオススメします。

自治体によって処分区別が異なる場合がある

自治体によりごみとしての処分が可能な地域もあれば、今ご紹介した小型家電リサイクル法の対象アイテムはリサイクル品としての受付しか行っていない場所もあるでしょう。そのため、必ず事前に確認することが大切です。粗大ごみに出したら断られた、家庭ごみで出したら回収されなかったという話は少なくありません。しっかり確認し、二度手間にならないよう注意してください。

サイズによって処分区別が異なる

壊れたホームベーカリーを処分する際、そのサイズによって適切な処分方法は異なりますので気を付けておきましょう。小さいタイプのものであれば、自治体によっては不燃ごみとして出すことが可能です。大きさの規定は場所により異なりますので、処分前に必ず大きさを測り、分別ルールに沿った正しい方法で処分を行いましょう。

ホームベーカリーの処分方法

ホームベーカリーの処分方法は6つのパターンに分けられます。1つずつ詳しく見ていきましょう。

粗大ごみとして処分

先ほど、大きさによって不燃ごみとして出せるというお話をさせて頂きました。しかし、規定の大きさ以上のものであれば、基本は粗大ごみとしての処分が一般的となるでしょう。大体1辺が30cm以上のものであれば多くの自治体では粗大ごみとしての処分になります。大きさを測り、不燃ごみとして出せる大きさを超えている場合は、粗大ごみとしての処分を行ってください。その際、自分で収集場へ持ち込むか、もしくは回収依頼をして取りに来てもらうかを選ぶことが出来ますので、自分に都合がいい方を選択するといいでしょう。
 

回収ボックスを利用

小型家電リサイクルの対象商品を処分するときに最も簡単なのが、回収ボックスを利用するという事です。市役所、家電量販店、ショッピングモールなど、様々な場所に設置されているため見たことがある方も多いのではないでしょうか?費用も掛からずそのままボックスに入れるだけで処分完了となりますので、簡単に手放すことが出来ます。
 
依頼をして回収をお願いするという事は出来ず、自分で回収ボックス設置場所へ持っていく方法以外にボックスを利用することはできませんが、設置されている店舗、施設の営業時間内であればいつでも利用することが出来ます。お買い物やお出かけのついでに持っていく事も可能ですので、ぜひ活用してみましょう。
 

買い替え時に下取りに出す

新しいホームベーカリーを購入する際、そのお店に古いものを下取りしてもらう方法もあります。しかし、どの店舗でも同じような対応という訳ではありませんし、中には下取りサービスを行っていない店舗もありますので、必ず確認を行うようにして下さい。逆に、下取りだけをお願いすることが出来る店舗もあります。その際、基本は有料となることが大半ですので、事前にチェックは忘れないように行っておきましょう。
 

リサイクルショップに引き取ってもらう

「まだ使えるホームベーカリーを処分するのは勿体ない。だけどうちではもう必要ない。」そういった場合はリサイクルショップに引き取ってもらうといいでしょう。記事冒頭でもお伝えしたように、おうち時間の増加でホームベーカリーは需要が高まっているため、リサイクルショップでも積極的に買取を行っています。劣化も少なくきれいな状態のものであれば、1万円前後の価格になることもあるでしょう。その場ですぐに現金化できる事が最大のメリットと言えます。
 

フリマアプリに出品

無料で活用できるフリマアプリでは、こうした小型家電の人気が非常に高く、リサイクルショップよりも高値で売ることが出来ます。出品してすぐに売れるという事はあまりありませんので時間はかかってしまいますが、ちょっとでもお得に手放したいという方には特にオススメです。キャラクターのデザインや限定品、懸賞の特別なホームベーカリーなどは平均よりも高値での取引が行われています。もちろん、一般的なホームベーカリーも多くあります。「今すぐ処分出来なくてもいいから少しでも高く売りたい」という方には特にオススメの方法です。
 

不用品回収業者に依頼

「大きいタイプのホームベーカリーで運び出すのが大変。」、「他にも色々なものをまとめて処分したい」という場合、不用品回収業者に依頼することで楽に手放すことが可能となります。他の処分方法とは違って費用が大きくかかってしまうというデメリットはありますが、その分家から運び出したりどこかへ持っていくなどの手間もなくなりますし、場合によってはその日の内に回収に来てくれるので、すぐにでもすっきり片づけたいという方には非常に有効的な手段となるでしょう。引っ越しや断捨離など、不用品が多くあるといった場合に特にオススメの方法です。

ホームベーカリーを処分する上での注意点

ホームベーカリーはそう簡単に壊れるようなものではありません。手放す際は、「まだ使えるけどもういらない」という方が多くいるでしょう。そういった場合、特に気を付けるべき点をご紹介致します。

 

買取の場合は付属品、説明書、箱などは必ず取っておく

購入した際の一式は全て保管しておきましょう。買取依頼をする際、こうした付属品や説明書などがあると査定価格に大きく影響してきます。そのため、多少劣化があったり少し破けてしまったという場合でも、捨てずにとっておくようにして下さい。あまり多くはありませんが、場所によっては箱などがない場合は買取が出来ないというところもありますので、注意しましょう。

まとめ

ホームベーカリーは誰でも簡単に活用でき、パン以外にも様々な活用方法があり非常に便利です。しかし、「思ったより活用しないからいらない」という方も多いでしょう。その場合、ホームベーカリーの大きさや状態によって適切な処分を行いましょう。
 
処分するには何が一番効率がいいか、売りに出す際はどこが一番高く売れるかをよく比較し、一番お得に簡単に処分できる方法をしっかり見極めましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。