• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
中古需要は?ノンフライヤーの処分方法を解説

公開日:

ノンフライヤーはヘルシー志向の方に人気の調理器具ですが、今はもう使わなくなったという方も多いのではないでしょうか?しかし、処分方法が分からずそのまましまってあるという事もありますね。
 
そんなノンフライヤーの処分方法を、注意点と併せて詳しくご紹介致します。

ノンフライヤーは大きさによって処分方法が変わる

ノンフライヤーは一人用の小さなものから、家族の料理を一気に作れる大型のものまで様々な大きさがあります。処分する際、この大きさにより適切な方法が変わるので注意しておきましょう。
 
どの程度の大きさで処分方法が変わるかは各自治体により異なりますので、事前に市役所、もしくは直接ごみ収集センターに問い合わせをすることで、正しい分別方法を教えてもらうことが出来ます。

ノンフライヤーの処分方法

ノンフライヤーの処分方法ですが、大きく分けて6つのパターンに分類されます。ごみとして処分する方法から、まだ活用できるものの処分方法、リサイクルとしての処分など、実に様々な方法があります。ここで詳しく見ていきましょう。

 

自治体のボックスでリサイクルする

自治体によっては、ノンフライヤーの処分をリサイクル品として扱っている場合があります。ノンフライヤーは小型家電リサイクル法の対象品目となっていますので、小さいタイプのものであれば回収ボックスなどに投函し、リサイクルとして処分するようにして下さい。ボックスの設置場所は様々あるので、何個か覚えておくと後々非常に役立ちます。費用なども掛からず面倒な手続きなども一切ないため、楽に処分することが可能です。

 

不燃ごみとして処分する

小型フライヤーであればそのまま不燃ごみとして処分することが出来ます。しかし、自治体によってはリサイクル品としての回収しか扱っていないところもあるので注意して下さい。不燃ごみとして処分する場合、自治体に決められた曜日やごみを出す時間、指定の袋などしっかり守って処分するようにして下さい。また油汚れなどがある場合は丁寧に拭き取っておきましょう。

 

粗大ごみとして処分する

大型ノンフライヤーは粗大ごみとして処分することが出来ます。回収に来てもらうか自分で処理施設まで持ち込むかが主な方法です。回収依頼をする場合、自治体によって異なりますがおおよそ1週間程度、申し込みから収集まで期間が空くのでその間に正しく処分できるよう準備することが出来ます。自分で持ち込む場合は、受付してくれる時間帯をしっかり確認しておいて下さい。回収のように日にちを待つ必要がないため、営業時間内であれば好きな時に持ち込むことが出来ます。しかし、自治体によっては前もって行く日時を伝えておく必要があるので気を付けましょう。

 

友人や知人に譲る

もし近くの誰かがノンフライヤーを欲しいという方がいれば譲りましょう。油を使わず美味しい揚げ物が作れるため、コロナの影響で外出が少なくなり、家にいる時間が増えたから自炊をするようになった、運動不足気味で食事を気にするようになったという方には未だ需要が高い傾向があります。譲渡する際は、実際に実物を見てもらってからの方がいいかもしれません。その際、必ず汚れなどはきれいに掃除しておくようにして下さい。

 

不用品回収業者に依頼する

ノンフライヤーを処分したいけど、他にも色々なものを一気に捨てたいという時に便利なのが不用品回収業者です。ノンフライヤー1点のみの依頼よりも、調理器具や家電、家具などをまとめて引き取ってもらう方がお得になることもあります。また、不用品回収業者にお願いすることで分別や仕分け、自宅の中からの運び出し作業まですべて請け負ってくれますので、実際こちらが何か作業をするという事は基本ありません。
 

フリマアプリで売る

コロナの影響などもありノンフライヤーは非常に人気を集めています。男性でも気軽に料理できるアイテムとしても知られており、一人暮らしの男性からもかなり需要が高い傾向にあります。もし周りに誰も欲しい方がいなければ、フリマアプリなどを活用してみてはいかがでしょうか。家にいる時間に自分で気軽に料理をできるノンフライヤーは、かなり出品数が増えているため直ぐに売れるという保証はありませんが、同時にそれほど人気があるという事も言えます。納得できる範囲でなるべく安く出品すれば、早く買い手が見つけることが出来ます。

ノンフライヤーを処分する上での注意点

次に、ノンフライヤーの処分を行う場合の注意点をお伝えいたします。

 

市区町村ごとのルールに則り処分する

市区町村では様々なごみ処理のルールがあります。ノンフライヤーの場合、不燃ごみとしての処分、大きさによっては粗大ごみとしての処分、リサイクル品としての処分など、その分別方法も大きく異なります。小さいものは不燃ごみ、大きいものは粗大ごみという基本的ルールはどこも同じではありますが、サイズの規定はまちまちですので、必ず事前に自治体に確認しておくようにしましょう。

 

売る場合には綺麗にして売る

フリマアプリなどに売る場合はもちろん、誰かに譲るという場合にも、必ず隅々まできれいにしておいて下さい。油汚れや焦げ付きなどがある場合、出来る限り完璧な状態に戻せるようにすることが大切ですし、引取先も見つかりやすくなります。

まとめ

ヘルシーな料理を作るうえで欠かせないノンフライヤー。前は重宝してたけど存在すら忘れてた、そんな方もいるかもしれません。こうした調理器具は、一度使わなくなるとそのままずっと活用せずに終わるなんてことも多いです。そのまま放置するのではなく、思い切って処分することで片付けもできて気持ちもすっきりするという一石二鳥です。

 
もう不要と思ったら、直ぐに処分してしまいましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。