• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
素材で処分方法が変わる!キャリーバッグのおすすめ処分方法5選

公開日:

旅行や出張などで何かと便利なキャリーバッグ。しかし、いざ買い替える時などに「古いキャリーバッグってどうやって捨てればいいんだろう?」と思い悩んでしまうことありますよね。
 
キャリーバッグの処分方法や注意点をご紹介致します。

素材と大きさでゴミ種別は変わってくる

キャリーバッグはその素材、大きさで分別が異なります。基本的にはプラスチック製などが多いキャリーバッグは、小さいものであれば不燃ごみとしてごみ収集場に出すことが出来ます。
 
また、大きくても素材が布製であれば解体して燃えるごみとして処分できますので、処分予定のキャリーバッグはどんな素材でどの程度の大きさなのかをよく確認しておくことが肝心です。

キャリーバッグの処分方法

次に、一般的なキャリーバッグの処分方法をご紹介致します。無料で行える方法から、費用をかけて確実に処分する方法まで様々ですので、ご自身の状況に合わせて適切な方法を選びましょう。
 

自治体で処分

自治体に処分を依頼する場合は、そのキャリーバッグの大きさに注意してください。小さいものであれば先ほどお話ししたように不燃、もしくは燃えるごみとして出すことが出来ますが、解体不可なもの、大きいものは粗大ごみとしての回収品目になります。粗大ごみとして出す大きさの規定などは自治体により異なりますので、しっかり確認してから処分してください。
 

不用品回収業者で処分

「キャリーバッグと一緒に他にも大きなものを処分したい。」「一気に捨てるのは面倒くさいけど部屋を片付けたい。」そんな時は不用品回収業者に依頼して下さい。大量に処分品がある場合、品数に関係なくお得なプランなどで引き取りをしてくれます。都合のいい日に依頼が出来る点も大きなメリットになります。
しかし、業者の中には、言葉巧みに不用品を回収させ、不必要な項目で高額な請求を行う悪質な業者もいます。平均的な回収費用の確認や、他の業者との比較などを徹底して行い、信頼のおける業者を見極めることが肝心です。
 

リサイクルショップで引き取ってもらう

見た目に大きな傷や汚れがなく、使用に何の問題もなければリサイクルショップに売るという手もあります。有名メーカーやブランドのものであれば想像よりも高値で売れることもあります。「自分はもう使わないけど、良いものだからお金に換えたい!」という場合はぜひリサイクルショップに持って行って下さい。時間に余裕がある場合は様々なリサイクルショップに査定を依頼して、一番高額で引き取ってくれるところを見つけるのがオススメです。
 

買い替え時に下取りに出す

今まで使っていたキャリーバッグを手放し、新しいアイテムを購入する場合、お店によっては下取りサービスを行っているところもあります。全てのお店で実施しているという訳ではないため、購入前によく確認しておくことが大切です。「買ったお店では下取りしてないけど他のところでは下取りしてた!」なんて後悔しないように、事前にしっかりチェックしておきましょう。
 

SNSなどで欲しい人を見つけ譲渡する

今や若者のみならず世代を超えて多くの方が利用しているSNS。このSNSを活用し、キャリーバッグが欲しいという方に譲る方法もあります。全国でユーザーが多数いるSNSでは、例え個性的なキャリーバッグであっても、ピンポイントで趣味の合う方とマッチすることが出来ます。もしかしたら、海外の方からの欲しいという声があるかもしれません。
 
しかし、簡単に個人情報などをさらすのは控えて下さい。ほとんどの方は常識のある方ですが、中には個人情報などを悪用したり、譲り受ける際に良からぬ事を考えている方がいるのも事実です。住所などは決して教えず、引き渡しは人目の多いコンビニ前やファミレスなどにして下さい。遠方の場合は、可能であれば郵便局留めにし、お互いの住所などの個人情報のやり取りは避けるようにしておくと安心です。

キャリーバッグを処分する上でのポイント

次は、その処分の際に気をけるべきポイントをご紹介致します。特に注意すべきなのが「自治体での処分」「解体での処分」です。この2つの方法についての注意点をお伝え致します。
 

各市区町村に問い合わせて何ゴミになるか確認

キャリーバッグは自治体により分別方法も様々です。中には粗大ごみとして出さずに解体するか、他の方法で処分するという自治体もあります。逆に、大きさに関係なく粗大ごみとしての扱いになるという地域もあります。自治体へ依頼をする場合は、まず初めにごみ収集センターや市役所などに問い合わせ、正しい情報をしっかり入手してからにして下さい。誤った方法をしてしまうと二度手間にもなります。面倒な失敗をしないためにも、最初の問い合わせは非常に重要となります。
 

分解して捨てる際には怪我に注意

キャリーバッグは分解して処分する事も可能です。しかし、怪我などには十分注意してください。よくあるのが、ファスナーなどの金属部分を解体する際に怪我をしてしまったり、ネジなどの小さな部品を解体後そのままにしてしまい、踏んで足に怪我をしてしまうことがあります。キャリーバッグを解体する際は、素材に関わらず軍手をし、怪我の防止のため肌の露出を抑え、足に限らず体全体を保護してから行って下さい。解体後は速やかに掃除をし、破片などにも注意するようにして下さい。

まとめ

キャリーバッグは旅のお供にとても便利なアイテムです。しかし、壊れてしまったり長く使って飽きてしまうこともあるかもしれません。そんな時、悩まず正しい方法を選び処分することが出来れば、部屋に不要なものとして場所を取ることもなくなります。手間はあるけど無料で処分するか、有料だけど自分にとって都合がいい方法を選ぶかは、その時の状況によっても変わるでしょう。
 
必要なのは、どんな方法でも必ず事前に問い合わせを行い正しい情報を得る事です。適切なやり方で手放せるようしっかり準備しておきましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。