• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
中古需要?電動ドリルの分別とおすすめ処分方法を紹介

公開日:

電動ドリルは一昔前はプロの業者や職人さんのみ扱っているという印象でしたが、ここ数年DIYが主流になったことで一般の方の中でも広く流通してきました。そんな電動ドリルはどう処分すればいいのか、ごみとして出していいのか悩んでしまうという方も多くいらっしゃいます。
 
この記事では、そんな電動ドリルの処分についてご紹介しています。

電動ドリルを処分する前に自治体のルールを確認しておく

まずは電動ドリルの処分を行う前に、必ず自治体のルールを確認するようにして下さい。多くの場合は自治体での処分が可能になりますが、その分類は自治体により大きく異なります。大抵の場合は粗大ごみとしての処分が可能になりますが、中には不燃ごみとして一般ごみ同様の処分が可能な場所もあります。
 
また、それ以外の方法では危険ごみに分類されるというところもあります。「自治体での処分」と一言で言っても実はこんなにも方法が異なりますので、必ず処分前に確認しておくようにして下さい。

電動ドリルの処分方法

電動ドリルの詳しい処分方法をご紹介致します。ごみとして自治体に出す方法はもちろん、他の処分方法なども詳しくご紹介致します。

 

粗大ごみとして処分

先ほどお話ししたように、多くの自治体では電動ドリルを粗大ごみとして処分することが出来ます。サイズによっては不燃ごみになるので注意してください。また、粗大ごみとして出す場合、自治体によりその本体と刃は分別しておかなければいけなかったり、エンジン式は回収が出来ないなどといった細かな取り決めがある場合もあります。もしも出し方に不安や疑問がある場合、必ず一度問い合わせをしてみて下さい。粗大ごみとしての処分は、持ち込みか回収かを選べますので、どちらか自分に都合がいい方を選択してください。費用は大体5百円程度ですので大きな負担にはなりません。そのため、簡単に処分できる一番ポピュラーな処分方法と言えます。

 

リサイクルショップに依頼

電動ドリルは昨今のDIYの流行により需要が年々増加傾向にあります。そのため、今まで買取をしていなかったリサイクルショップでも取り扱いを始めたという所が増えてきました。リサイクルショップに売却する際、箱や説明書などの付属品がすべてそろっていると査定価格にも大きく影響していきます。また、当然ですが見た目のきれいさももちろん査定に響きますので、必ずきれいに掃除してから持ち込むようにしてください。中には査定のみを依頼できることもありますので、数店舗の査定をお願いし一番高く買い取ってくれるところに持っていくという手もあります。

 

買取業者に売却

買取業者はプロですので、リサイクルショップよりも細かくチェックをしてくれます。中にはリサイクルショップの買取金額を大きく上回る査定金額を出してくれる場合もあります。必ず全ての査定が上回るという事ではありませんし、リサイクルショップの方が高く売れる場合ももちろんあります。しかし、プロの業者に依頼すれば、経験豊富で知識やスキルのある方が鑑定を行ってくれますので、かなり安心してお願いすることが出来ます。こういった業者も査定だけの依頼が出来ますので、比較してみるのもいいかもしれません。

 

不用品回収業者に依頼

例えば電動ドリルだけでなくその他の工具類も一緒に処分したい場合や、引っ越しのために片づけていたらいらないものが大量に出てきて困っている、なんてこともありますね。全て一貫して引き取ってくれる不用品回収業者は、とても頼りになる存在に感じられます。分別の必要もありませんし、家からの運び出し、トラックへの積み込み、回収、処分まで全てをお任せすることが出来るのも大きな魅力になります。費用はその分かかりますが、面倒な処理を全て引き受けてくれるので、とにかく今すぐ何とかしたい、面倒なことはやりたくないという方にはオススメです。

 

フリマアプリに出品

前述でも触れましたようにDIYの流行で電動ドリルの需要はかなり高まってきています。今後もさらに増えていくと予想されていますので、今のうちにフリマアプリでお得に処分してしまいましょう。多少古いものや、傷・汚れがあるモノの場合、リサイクルショップでは買取が出来ない場合もあります。しかし、電動ドリルの中古品を求めている方は「使えるものなら何でもいい」と考えている場合が多いです。
 
そのため、こうしたフリマアプリを活用することで需要と供給がマッチし、かなりスムーズな取引をすることが出来ます。今後ますます電動ドリルの出品は増えていきますので、今のうちに素早く売ってしまいましょう。

 

知り合いに譲る

DIYしてみたいけど工具が何もないなんて方がもしいればぜひ譲りましょう。自分が使っていたものなので、何かあったときもすぐ対処できますし、使い方もしっかり教えることが出来ます。もし近くに電動ドリルが欲しいという方がいれば一度現物を確認してもらいましょう。そのまま譲渡する事も可能ですし、一度よく考えてから渡すという事でもOKです。その際注意すべきなのが、押し付けるような形で渡すのはやめて下さい。もしかしたら相手が欲しいと思っているものではないという場合もあります。処分したい気持ちが先走りすぎて、無理やり渡すということが無いように注意してください。

電動ドリルを処分する時の注意点

次にご紹介するのは、電動ドリルの処分をする際の注意点になります。

 

バッテリーは取り除いておく

電動ドリルを処分する際、必ずバッテリーは取り外しておきましょう。バッテリーは自治体での回収が出来ない場合がほとんどですので、本体を粗大ごみとして出した場合、バッテリーは回収ボックスに入れるなどして正しい方法で処分するようにして下さい。そのまま一緒に回収してしまうと大きな事故に繋がる可能性がありとても危険ですので、処分前には必ず外して下さい。

 

刃は危険なので新聞紙などで保護しておく

ドリルの部分、電動のこぎりなどの刃の部分は非常に危険です。何も知らないごみ収集の方が触ると思わぬ怪我をさせてしまう事もあります。実際、こういったごみ収集の方の怪我というのは頻繁に起こっています。その多くが、「危険物を何の処置もせずに捨てていた」、「捨ててはいけないものを出して火災の原因になった」など、捨てる側の責任であることがほとんどです。そのため、こうした危険なものを捨てる時はごみ収集業者の方を配慮して新聞紙などで保護したり、メモ用紙などに大きく危険と書いて貼り付けておくようにしましょう。

 

エンジン式は燃料タンクが空になっているか確認

エンジン式の場合、燃料タンクの中が空っぽになっているかどうか確認しておく必要があります。もしも中にガソリンやエンジンオイルが入ったままでは、そこから引火し大火事に発展する事もあります。かなり危険ですので必ず確認しておくようにして下さい。残ったエンジンオイルなどは購入店舗、もしくはガソリンスタンドなどに引き取ってもらうことが出来ます。費用はかかりますが安全で確実な方法ですので必ず行うようにして下さい。

まとめ

プロ以外の方に幅広く活用されている電動ドリルは、今後もますます大活躍間違いなしのアイテムとなります。そのため、まだまだ使えるものであれば処分よりも売却することをオススメします。ごみとしての処分を減らし、使ってくれる方に譲ることで環境にも優しい手放し方になります。
 
様々な方法から自分にピッタリの内容を選び、誤った方法で処分することがないようにしっかりとこの記事を読んで情報を収集しておいてください。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。