• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
ルールが異なる!傘の正しい処分方法を解説

公開日:

傘は意外に壊れやすく、強い風に耐えられず骨が折れてしまった、長く使って劣化して破れてしまったという事があります。
 
間違えれば凶器にもなる危険性がありますので、安全を考慮しつつ適切な処分を行えるようにしてください。

材質・素材によって処分方法が変わる

「傘」と一言で言っても、雨の日の傘や日傘など、活用するシーンによって異なるアイテムです。
 
また、1つの傘のなかで骨組みや布部分、持ち手など様々な素材を使用しています。素材によって処分の方法は変化します。細かな分別方法は自治体によってのルールに則った処分方法を行う事が重要です。

傘の処分方法

家具や家電などと違い、傘は壊れやすく買い替え時期も頻繁になります。そのたびに「どうやって捨てればいいんだっけ?」と悩むことの無いよう、処分方法をしっかりと覚えておく事が大切です。
 

自治体によって粗大ごみもしくは不燃ごみで処分する

傘をそのままの形で捨てる時には、自治体のルールに沿って粗大ごみ、もしくは不燃ごみとしての処分方法で出すことが出来ます。自治体により大きさに差はありますが、大体は30cm以上のものは粗大ごみとしての回収を行ってくれますので、お住いの自治体のルールをしっかり把握しておいて下さい。場所によっては粗大ごみシールや券1枚で数本分の処分を行ってくれます。
 

自治体によって分解して処分する地域も

傘は様々な素材を使用したものですので、自治体によっては分解してそれぞれの処分を行うところもあります。「分解しなければ処分できない」というところも少なくはありません。傘は大きく分けて持ち手部分、骨組みの金属、傘部分に分けられます。
 
持ち手・柄

    主にプラスチックパーツ

 

骨組み

    グラスファイバー
    布・ビニール
    ポリエステル・ポリエチレン・ナイロン など

 

上記の内容が、主な傘の内容となります。物によってはこれ以外の素材を使用しているものもあります。まずは素材をよく把握しておくことから始めるようにして下さい。また、骨組みの部分は非常に危険ですので、紐やテープなどでひとまとめにしてごみ収集の方が怪我をしないように配慮して処分を行って下さい。
 

不用品回収業者に依頼する

いらない傘や壊れた傘が溜まってしまったなどという場合、粗大ごみとして処分するのも大変だったり、一本ずつ解体するのも面倒という事もあるかもしれません。その際、不用品回収業者に依頼すればまとめてすべてを処分してくれます。費用は掛かりますが、その分自分で行う手間は全て省くことが出来ます。お金をかけても楽に処分したい時など自分の状況に合わせて適切な方法を選んで下さい。
 

リサイクルショップに持っていく

壊れておらずまだまだ使える傘は、リサイクルショップに買い取ってもらう事もできます。有名なブランドの場合は、それなりの価格をつけてくれることもあります。しかし、壊れていない傘であれば何でも売れるわけではありません。例えば100円ショップで売っているような傘の場合、状態が非常によく新品同様であっても買い取りを受け付けてくれない場合もあります。また、買い取りをしてくれる場合でも、数円程度の価格になることもあり得ます。お店によっては買取不可のものでも引き取ってくれる場合もありますので、試しに持っていくのも1つの手と言えます。

傘を処分する上での注意点

ここまで傘の処分方法をお伝えしてきましたが、基本的には傘を手放すときは壊れたものを捨てる時がほとんどと思います。その際には、必ず自治体のルールに沿った処分を行う必要があります。正しい方法で処分できるようにルールをしっかりと把握しておきましょう。
 

市区町村ごとにルールが異なるので必ず自治体のHPを確認する

ごみの分別、種類による捨て方は、全国の市区町村で異なります。中には同じ処分方法の地域も多くありますが、「あそこがこの捨て方だから同じだろう」なんて考えをしては正しい処分を行う事は出来ません。傘に限ったことではありませんが、このように様々な素材を使用しているものは細かな分別のルールを把握する必要があります。
 
また、粗大ごみとして処分する際、その処分費用にも注意が必要です。基本的には1つにつき〇〇円という設定になりますが、先ほどお話ししたように傘などの場合は複数本で1つ分の処分費用で回収してもらえる地域もあります。例えば神奈川県相模原市の場合、一戸につき最大10本、320円で回収を行ってくれます。こうした費用なども、自治体のHPなどを確認すれば、細かな分別方法と一緒に掲載されていますので、印刷して保存しておくと便利です。

まとめ

傘は雨が多い日本では生活必需品の一つです。使用頻度も高く、ものによっては簡単に壊れてしまう事もあります。その際、正しい処分方法を知っておくことが大切です。自治体の守るべきルールをしっかり把握し、それぞれの状況にあった適切な方法を選びましょう。
 

  • 壊れているなら粗大ごみ
  • 分解して正しく分別して処分
  • 数が多ければ不用品回収業者
  • ブランドやメーカー物はリサイクル

 
大きく分けてこの4つが傘の処分方法になります。この記事を読んで内容をよく理解し、正しい処分が行えるようにしておくことが肝心です。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。