• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
スーツケースは回収が主流?手のかからない処分方法7選を紹介!

公開日: / 最終更新日:

スーツケースはビジネスマンはもちろん、旅行者や荷物の運搬などにも使えるとても優れたアイテムです。ですが、長く使えば使うほど劣化は避けられず、不具合や割れ、欠けなどが出てしまうこともあります。
 
そんなスーツケースについて、一体どう処分すればいいのかと疑問に思っている方も少なくありません。この記事では、スーツケースの処分方法とそれに伴う注意点について詳しくお話しさせて頂きます。

スーツケースの処分方法

スーツケースの処分に関して、特別な決まりがある訳ではありません。しかし、ごみとして処分する際には最低限のルール、常識の範囲内のマナーは必須となります。周りに迷惑を掛けない方法で処分するという事を念頭に置き、以下の処分方法から最適なやり方を選択してください。

 

スーツケースは自治体で回収してもらうのが一般的

「もういらないから手放したい!」「早く捨てたい!」と言ったケースであれば、一般的には自治体のゴミとして処分する方法が一番オススメです。以下では不燃ごみ、粗大ゴミとして処分する2つのケースをご紹介します。

  

不燃ごみとして処分する場合

スーツケースは不燃ごみとして処分が可能です。基本的にスーツケースは大型のものが一般的ですが、小型タイプのものであれば家庭ごみとして処分が出来る場合があります。その際、自治体の定めたルールをしっかり守ってください。指定の袋があれば必ずそれに入れ、しっかりと口を縛り決められた収集場所に出すようにします。自治体によっては可燃ごみとして処分が可能な場合もありますので、必ず事前に確認しておくと安心です。

  

粗大ごみとして処分する場合

自治体の定めるサイズ以上のものであれば、先ほどご紹介した不燃ごみとしてではなく、粗大ごみとして処分を行ってください。基本的には1辺が30cm、もしくは50cm以上のものは粗大ごみとして処分になります。自身で持ち込む、または回収をお願いする方法がありますので、どちらか自分に都合がいい方を選択してください。持ち込みの場合、処理場の受付時間を前もって確認しておく必要があります。また、回収をお願いする場合は、正しい手順を聞き、誤りのないように徹底した準備を行っておくようにして下さい。どちらにせよ、最低限の費用で処分が出来るため、かなりお得で楽な処分方法と言えます。

 

自治体の回収以外で処分する場合

自治体での回収以外の処分方法を見ていきましょう。今回は3つの処分方法をご紹介します。

  

リサイクルショップやフリマアプリで販売する

まだ新しく、外観も綺麗で大きな傷もない場合、処分してしまうのは勿体ないですね。そういった場合、リサイクルショップで買い取ってもらう、または、メルカリなどのフリマアプリ、ヤフオクなどのオークションサイトで出品する方法も検討して下さい。特に有名なメーカーなどのスーツケースの場合、中古品であってもかなり高い需要がありますので、状態によっては予想以上の高値で取引されることもあります。
 
リサイクルショップに持ち込めば、その場ですぐに現金で買い取ってくれますし、処分までスムーズに行うことができます。フリマアプリの場合、すぐ購入されるという保証はありませんが、自分で設定金額を決めることが出来るので、納得できる価格で手放すことが可能になります。また、リサイクルショップでは査定のみの依頼をする事も可能なので、実際どのくらいの価値があるのかを知り、そこを参考にフリマアプリなどで出品するのもオススメです。お得に処分が出来るよううまく活用してみて下さい。

  

発展途上国に寄付する

社会貢献の一環として、発展途上国に寄付を行うのも一つの手です。あまり一般にはまだ広まっていない方法にはなりますが、劣化があったり傷や破損など、状態が悪く使用が出来ないといったスーツケースでも、海外の発展途上国ではまだまだ十分に活用ができる貴重なものと考えられています。
 
自分が使っていたスーツケースが、思わぬ形で人の役に立つ有意義な処分方法と言えます。もう必要ないから処分するという選択肢しか無かった方は一度視野を広げ、寄付という選択肢も入れてみても良いかもしれません。
  

知人や友人に譲る

『知らない人に譲るのはちょっと気が引ける、けど捨てるのは勿体ない』という方は友人や知人に、自分のスーツケースを譲渡するというのも1つの方法となります。しかし、渡す相手が本当に欲しいと思っているかどうかよく確認してから渡すようにして下さい。「色や柄が趣味じゃない」「大きさが求めていたものじゃない」という場合、不用品を押し付けられたと感じてしまう事もあります。しっかりと相手の意思を確認することを忘れないようにして下さい。

スーツケースを処分する上での注意点

不要なものの処分を行う上で、特に注意すべき2つをご紹介します。
 

中身が入っていないか確認する

スーツケースは旅行や出張といった際に使う場合が殆どです。その際に、毎回綺麗に中身をチェックし掃除すれば問題ありませんが、大抵はスーツケースの収納ポケットなどの細かな部分はチェックしていないという事がほとんどになるでしょう。注意しておきたいのが、そういったチェックのし忘れで個人情報にも繋がる重要な書類や現金をしまったまましているケースがあることです。処分する前は必ず全ての収納ポケットのチェックを行うようにして下さい。

 

素材を確認し市区町村ごとのルールに則る

スーツケースを自治体のゴミとして処分する場合は、先にご紹介した通り必ずルール、手順を確認しそれに則って処分する事が必要です。
 
必ずスーツケースの素材・サイズを確認した上で、「燃えるゴミ(可燃ごみ)」、「燃えないゴミ(不燃ごみ)」または「粗大ゴミ」に分別して処分しましょう。また、ゴミ回収不可の対象品目となっているケースもありますので、必ず自治体に確認し処分するようにして下さい。

まとめ

 

  • ゴミとして自治体に処分してもらう
  • フリマアプリやリサイクルショップで現金化
  • 発展途上国へ寄付

 

スーツケースの処分は、大まかに分けてこの3つの方法となります。
 
納得できる最善の処分方法で手放すことが出来るよう、しっかり状態確認を行い、正しい方法を選びましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。