• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
これって何ゴミ?傘立ての地域ごとの処分方法を5選を解説!

公開日:

「傘たての処分方法が知りたい。」、「傘たてはリサイクルできるの?売ったりしてもいいの?」、「ごみ以外に手放す方法はあるの?」など、色々な疑問にお答えしていきます。
 
この記事を読んで、傘たての処分方法や処分する際の注意点についてしっかり情報を収集していきましょう。

傘たてを処分する時は各自治体の処分方法に従う

傘たての処分を行う場合、必ず各自治体で決められているルールに従って処分してください。ルールや取り決めは地域により大きく異なる場合がほとんどです。「前に住んでいた場所はこんな処分方法だった」という事は全て忘れてしまいましょう。今住んでいる場所のルールをしっかり頭に入れておくことが大切です。

傘たての処分方法

傘たての処分方法は5つのパターンに分類されます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

粗大ごみとして処分

基本的に大きな傘立ては粗大ごみとして処分が可能ですが、素材や自治体によって小さいタイプのものでも粗大ごみになる場合があります。多くの自治体では、粗大ごみの定義を「1辺の長さが30cm以上のもの、または50cm以上のもの」と定めています。傘たての場合は重さなどは関係ありません。どのくらいの大きさかによって粗大ごみ回収が可能かどうか決まるので、しっかり測っておいて下さい。粗大ゴミとして自治体で処分してもらうには、戸別回収または自分で処理施設まで持ち込むかのどちらかになりますが、傘たてであれば重さもなく持ち運びも簡単にできるので、少しだけですが費用が安くなる「持ち込み」がオススメです。

 

可燃・不燃ごみとして処分

粗大ごみに当てはまらない傘立ては、素材によって可燃ごみと不燃ごみに分けられますので、自治体ごとの分別をしっかり覚えておくと安心です。一般ごみとして出す場合、必ずごみ袋に入れて出すようにして下さい。そのままの状態で収集場へ出しておいても回収はされません。しっかりルールを守り、正しく処分するようにして下さい。

 

リサイクルショップに引き取ってもらう

傘たては簡単に破損するものではないため、状態が良ければリサイクルショップに買い取りをお願いできます。その際は必ずきれいに洗って汚れや泥などを落としてから持ち込んでください。見た目のきれいさは査定価格にも影響を及ぼしますので、少しでもお得に処分したい場合はしっかりお手入れしておきましょう。また、リサイクルショップはどんなお店でも買取をしてくれるわけではありません。そのショップごとに買取を強化している品目は異なりますので、まずは事前に問い合わせをしておくと安心です。

 

不用品回収業者に依頼

傘たての他にも処分したい不用品が多くて困っている場合、不用品回収業者に依頼して下さい。自力での処分となると、1つ1つの分別を行ったり、処分方法が分からないものは検索して調べたりとかなりの手間と労力がかかりますが、不用品回収業者であれば、分別する必要もなくまとめて引き取ってくれるので一気に片付けが進みます。費用は掛かりますが、かなりの時短で処分が可能になりますし、運び出しなどの面倒な作業も一貫して行ってくれるので、楽に手放すことが出来ます。

 

知り合いに譲る

傘たてを欲しいという方が周りにいれば譲るという手もあります。リサイクルショップに持ち込む際と同様に、しっかりきれいに洗ってから渡すようにしましょう。引っ越したばかりで玄関先が片付けられないという方もいるかもしれません。また、最近はDIYなどが流行しているため、違った活用方法でほしいという方も多くいます。

傘たてを処分する時の注意点

次にご紹介するのは傘立ての処分をする際の注意点です。2つのポイントについてご紹介致しますので、よく内容を見ておきましょう。

 

木製が含まれているものは分解して処分する

傘たての素材は実に様々です。その中でも木製のものの場合、大きくても解体してコンパクトにすれば可燃ごみとして処分が可能になります。その際、しっかり素材ごとに分別を行ってください。木製は燃えるごみとして出せますが、プラスチックやステンレスなどの金属は不燃、もしくは金属ごみで出すようにして下さい。こういった分別方法も自治体により異なるのでしっかりチェックしておいてください。中には全てまとめて可燃ごみとして出せる場合もあります。

 

法人の場合は数の多さを考慮して判断する

ここで紹介した処分方法はあくまで家庭用の傘たての場合です。所有者が一般家庭の方であれば問題ありませんが、法人の場合は処分方法が異なりますので注意してください。まず法人から出るごみは自治体での回収が出来ません。産業廃棄物となるため普通のゴミ出しとは異なる方法になります。一般的には回収業者に依頼するという事が大半ですが、仮に傘立てが1つや2つなどの少量の場合、また、大きさもそこそこのものの場合、業者に依頼することでコストが高くなることがあります。
 
数が多い、大型のものが大量にあるという時は業者にお願いした方がスムーズですが、もしも数が少ないという場合は施設などに寄付するという事もできますので、しっかり情報を集め正しい処分を行いましょう。

まとめ

 

  • 粗大ごみ・不燃ごみ・可燃ごみとしてルールに沿って分別し処分する
  • 不用品回収業者に依頼し不要なものを全てまとめて引き取ってもらう
  • リサイクルショップに売りに出す
  • 欲しいという方に譲る

 

まだまだ活用してもらえるようリサイクルショップに持って行ったり誰かに譲る場合、必ずきれいに掃除しておくという事を忘れないでください。ごみとして処分する際は必ず自治体のルールに沿って処分するようにしましょう。
 
ルールをしっかり厳守して、どんな方法を選んでも正しく適切な処分を行いましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。