• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
廃棄?回収?アイロン台の手っ取り早い処分方法を解説!

公開日: / 最終更新日:

アイロン台は綺麗にアイロンをかけるために欠かせない特別なものです。しかし、歪みがあって安定しない、古くなって新しく買い替えたいなどという事もあるかもしれません。しかし、アイロン台の処分方法まで理解している方はどのくらいいるでしょうか。
 
正しい処分ができるよう、ここでしっかりと情報収集を行っていきましょう。

アイロン台とアイロンの処分方法は別

アイロン台とアイロンはセットという認識が強いため、一緒に処分が出来るのではないかと考える方が多いかもしれません。しかし、この2つは全くの別物となるため、混同しないように注意してください。
 
アイロンはアイロン、アイロン台はアイロン台として、個別でしっかりと分別することが大切です。使用する場合は一緒に活用するのが自然ですが、処分と言ったら話は別です。しっかりと分別内容を把握しておくようにしましょう。

アイロン台の処分方法

アイロン台の処分はどうすればいいんだろう?と疑問に思っている方のために、こちらで処分方法を1つ1つ具体的にご紹介致しますので、ぜひご覧ください。
 

粗大ゴミとして処分する

大半のアイロン台は、脚の部分が折り畳み式であることがほとんどです。そのため、持ち運びも簡単にできますので、粗大ごみを収集している処分場まで持ち運ぶのもそこまでの手間にはなりません。
 
また、回収依頼をする際は、道路から見える位置に置いておく必要があります。回収依頼を行う場合は開いた状態で目立つ場所に置くようにして下さい。地域によっては、回収者が見えないと判断した場合そのまま回収せずに行ってしまう事もあります。折角出したのにそれでは何の意味もありません。分かりやすく置くことを意識し、邪魔にならないように多少目立たせておきましょう。
 

小さい場合は不燃ゴミとして処分する

基本的に粗大ごみは1辺が30cm、もしくは50cm以上になりますので、それ以下のサイズは不燃ごみでの処分が可能になります。
 
ごみ袋に入っていないものは放置されてしまう自治体もあります。ごみ袋に入れたら口をしっかりと縛った状態で出すようにして下さい。自治体ごとのゴミ出しのルールを確認し、間違った方法を取らないように注意しておきましょう。
 

不用品回収業者を利用する

アイロン台を処分したいけど、粗大ごみの収集場所に持っていく手段がない、回収依頼をしたいけど電話する暇がない、なんて忙しい方もいるかもしれません。そういった方はぜひ不用品回収業者を活用してください。業者によっては24時間365日いつでも回収に来てもらえます。タイミングが合えば電話したその日に回収をお願いすることが出来ます。
 
仕事が忙しくて夜の時間しか家にいない、早朝の回収をお願いしたいといった場合にも、しっかり対応してくれます。こういったわがままな要望にも丁寧に答えてくれますので、他にも処分したいものがあればどんなものでも一緒に依頼をしてしまいましょう。一気にまとめて運び出してくれるので、お部屋の中をすっきり片づけることが出来ます。

 

フリマアプリで売る

フリマアプリでの出品は多くの方が行っており、意外と需要が高い傾向にあります。また、少し個性的なものなどでもピンポイントで同じような趣味の方にヒットするかもしれません。キャラクターものやアニメのキャラのものなどもあります。こうしたデザインは、平均よりも多少の高値を付けても買い手がつく可能性が高くなります。
 
ただし、アイロン台は焦げがあったり、ほころびが目立つような箇所があるかもしれません。そういった場合は、しっかり写真に収め掲載するようにして下さい。説明文章の中にもこういった所はしっかりと伝えるようにすることが大切です。後々クレームやトラブルに繋がってしまうため、全てにおいて正直に紹介するようにしましょう。

アイロン台を処分する上での注意点

次に、このアイロン台の処分について特に注意すべき点、気を付けるべき点をご紹介させていただきます。

素材や大きさを調べて処分する

処分を考えているアイロン台の素材はしっかり把握できていますか?大きさなどはちゃんと測ってありますか?まずはその内容をしっかり自分自身で理解することが重要です。折角持って行っても、大きさの条件が合っていなければ「回収できません」と返されてしまいます。そうなるとまた処分内容を見直さなければいけませんので、余計な手間がかかります。そのため、必ず最初に処分するアイロン台の素材や大きさを調べておきましょう。

市区町村ごとのルールに則る

市区町村ごとにごみ分別のルールは異なります。アイロン台によって、分解をして処分しなければいけないという場所もありえます。脚の部分はスチールやステンレスになりますので、不燃ごみとしての処分、もしくは金属ごみになります。テーブル部分は燃えるごみとなる場合が多いです。このように、1つのアイテムとしてではなく、解体してそれぞれに適した処分を行う必要があるかもしれません。
 
そのため、しっかり市区町村ごとの決められたルールをしっかり把握しておくようにしましょう。正しく処分を行うためには、そのルールに則って処分をする必要があります。

まとめ

いかがでしょうか?この記事ではアイロン台の処分について方法や注意点を詳しくご紹介させていただきました。この記事の内容をよく把握しておくことで、間違った処分を行わないようにすることが可能となります。
 
フリマアプリなどを活用する際は見た目の劣化などは全て伝えるようにするなど、ほんの少しだけ意識を高めてみて下さい。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。