• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
自治体回収不可?!バスタブの確実な処分方法を徹底解説!

公開日:

「バスタブを新しくしたいけど古いものはどう処分すればいいのか分からない。」「粗大ごみとして処分していいの?」など、バスタブの処分はとても悩んでしまいます。正しい処分方法をこの記事でしっかりと把握し、適切に手放せるように情報を収集していきましょう。
 
この記事では、3つの処分方法をご紹介致します。

バスタブの処分を受け付けていない自治体は多い

「バスタブの処分をお願いしたら断られてしまった」という方は、実は意外と多いです。バスタブの処分では取り外しを行う必要がありますが、それには専門的な知識や技術が必要になります。そのため、自治体ではバスタブの回収や処分を受け付けていない場合が多いので注意してください。
 
稀に処分を受け付けてくれる自治体もありますが、基本は粗大ごみとしての処分は出来ないと考えておくようにしましょう。

自身の自治体が受け付けているかチェック

バスタブの処分を受け付けてくれる自治体、受付できない自治体をしっかり把握しておきましょう。自分の住んでいる場所は可能なのか、それとも無理なのかをしっかりしておく事が重要です。自治体で処分が可能な場合、処分費用が安く済むという大きなメリットがあります。問い合わせは撤去をする前に行うと安心です。

バスタブの処分方法

ここで3つの処分方法を詳しくご紹介致しますので、内容をしっかり把握しておくようにして下さい。

受け付けている自治体なら粗大ごみとして処分

バスタブの処分を受け入れてくれる自治体であれば、粗大ごみとして処分を行ってください。費用は5百円程度から千円程度となります。先ほどもお話しした通り、かなり安い価格で処分が可能となります。粗大ごみの処分は「自分で持ち込む」か「回収を依頼する」の2パターンになります。バスタブは非常に大きく重量もあるため、回収を依頼した方が安全に処分を行えます。自力で持ち込む際は車ではなくトラックなどでないと積み込みが難しい場合が多いです。回収を依頼した場合、粗大ごみシールに必要事項を記入しアイテムに貼り付け、回収日の当日に自宅前に出しておけば回収を行ってくれますので、楽に手放すことが出来ます。

リサイクル業者に引き取ってもらう

バスタブはリサイクル業者に引き取りをお願いできる場合があります。
買取をお願いできる場合もありますが、リサイクル業者にバスタブを買取依頼する場合、条件が非常に厳しいため難しくなることの方が多いです。年式、大きさ、メーカー、バスタブの状態など、細かなチェック項目が多々あります。買取が不可能であっても引き取りをお願いできますので、まずは一度査定をお願いしてみるようにしましょう。出張査定などもお願いできるため、自宅にいるままで査定、処分、現金化をすることが可能です。買取が可能な場合は、一番お得に処分ができる方法と言えます。

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼すれば、面倒な手間は一切なく、全てお任せすることが可能となります。バスタブの撤去作業なども依頼することが出来るので、全ての作業を一貫した依頼が可能です。他の処分方法に比べ、費用は掛かってしまいますが、自分で何かの作業を行ったり準備をしたりということが無いため、かなり楽な処分方法と言えます。また、処分したいものが他にもある場合、それらもまとめて引き取りを依頼する事もできます。一気に片付けることができ効率的な処分が可能です。

不用品回収業者に依頼する上で注意事項

不用品回収業者に依頼する場合、依頼する前に注意すべきポイントが2つあります。間違った処分をしてしまう事の無いように、正しい情報をしっかり頭に入れておくようにして下さい。

バスタブ処分にかかる費用相場を調べておく

バスタブの処分は専門的な知識や技術が必要となり、業者によって費用は大きく異なります。必ずこの部分は依頼前に確認しておくようにしましょう。平均的な相場としては、5千円から3万円程度になります。かなり金額に差がありますので、必ず最初に見積もりを出してもらってください。ネットやホームページで検索する事も可能ではありますが、具体的な数字はあまり知ることが出来ません。どのくらいの金額がかかるのかを知るためにも、数社の不用品回収業者を比較して下さい。

回収品目にバスタブが入っているかチェック

業者に問い合わせや依頼を行う前に、必ずホームページなどでバスタブの回収が可能かどうか確認しておきましょう。ホームページに詳しい対象品目の記載がない場合、問い合わせて直接聞くようにして下さい。全ての業者でバスタブの回収や撤去が行えるわけではありませんので、撤去から処分までの一連の作業を依頼をしたい場合は、その点も忘れずに確認しておくようにしましょう。

まとめ

粗大ごみとして処分が難しいバスタブは、どう処分すればいいのかわからず、古くなってもそのまま利用している方もいらっしゃいます。この記事でご紹介したように、自治体で処分が出来ない場合に一番楽な処分が行えるのは不用品回収業者になります。まずは自治体に確認を行い、それがだめなら信頼できる不用品回収業者を見つけて処分を依頼してください。
 

  • 回収品目の中にバスタブがあるか
  • 撤去から処分までを一貫して処分することが出来るのか
  • 費用はどの程度になるか

 

など、確認すべき事項は多くありますので、事前にしっかりとチェックしておくようにしましょう。正しく処分を行えば、何も難しいことはありません。この記事の内容をよく把握し、適切に手放しましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。