• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
机は状態によって捨て方を変えよう!おすすめ処分方法6選

公開日: / 最終更新日:

机は種類が多くどんなシーンでも活用しやすい反面、処引っ越しの際に処分したり、家族が増えて買い替えるなど処分頻度も高くなる傾向があります。テーブルの処分はどうすればいいのか迷ってしまう前に、この記事を読んで正しい処分方法を知っておきましょう。

机の処分方法

一言で「机」と言ってもその種類は様々です。「このタイプの机は一体どう処分すればいいのか?」と悩んでしまう方も少なくありません。また、大半の方が「大きいから粗大ごみでしょ?」と思うかもしれません。もちろんそれも一つの方法ですが、正しい処分は他にもあります。
 
ここでは、そんな机の適切な処分方法をご紹介致します。自分の机の状態や傷み具合などをよく考慮し、その中で一番ピッタリの方法を見極めることが出来るようになります。
 

粗大ごみとして処分する

先ほど言ったように、大きさがある机はほとんどの方が粗大ごみとして出すというイメージが強いのではないでしょうか?処理にかかる費用も抑えられますし、自治体で正規に処分してくれるという安心感もあります。ですが、自分で持って行くという手間がありますので、誰でも簡単にできるという訳ではありません。運ぶための車などがないと持ち込むことは不可能になります。
 
そういった場合、持ち込みよりは少し価格が上がってしまいますが、依頼すれば自宅まで回収にも来てくれますので、重く大きな机の処分方法としては最もポピュラーな方法になります。基本的に数百円、高くても千円程度で処分できるので、非常に安価で処分を行えるため、多くの方がごく当たり前に活用している処分方法と言えます。
 

解体して燃えるゴミとして処分する

組み立て式や釘で打ち付けてある木製の机など、種類は様々ですが、もし自宅で解体できるのであれば、小さく分解することで可燃ごみとして処分することが出来ます。普段のごみと同じように出すことが出来れば、お金もかからず特別に何かをするという事もないので簡単ですね。大きさによっては解体しても出せない場合もあるかもしれません。そういった場合は、そのまま粗大ごみとして出しましょう。
 

リサイクルショップで売る

机は需要が高く、リサイクルショップなどでは積極的に買取を行っています。どちらかというと大きいものよりも比較的小さめのタイプの方が人気があるので、壊れていて机として使えないといったものでなければ、一度リサイクルショップに持っていき査定してもらいましょう。査定の前にどんな机がいくらくらいで売られているのか調査してみるのもオススメです。
 

フリマアプリで販売する

フリマアプリは家具・家電に需要がかなり高く人気のアイテムではありますが、リサイクルショップに売るよりも安く出品となるケースもあります。自分で好きな値段を設定できますが、人気が高いゆえに出品数も多く、競争率が激しいので、場合によってはそれでは売れず値下げを余儀なくされるという事もあります。しかし、上手くいけば希望金額で取引できますので、ぜひ一度チャレンジしてみて下さい。
 

不用品回収業者に依頼する

机を自治体で処分してもらう際、
 

  • 自分で粗大ごみの場所まで持っていけない
  • 回収まで日数がかかってしまう

 
といったデメリットがあります。「自分では運べない」「今すぐ捨てたい」という場合、不用品回収業者へ依頼しましょう。即日で対応してくれるので、とにかくすぐ捨てたいという方にはぴったりです。しかし、机はサイズが大きいものもあるため、事前に業者にサイズを伝えておくといいです。業者によっては「〇〇cm以上は別途料金」となってしまったり、回収不可となる場合もあります。必ず前もって問い合わせを行い、しっかり処分する机の情報を伝えましょう。
 

寄付する

机は作りのしっかりしているものであれば何十年以上と使い続けることが出来ます。「うちではもう使わない」「捨てるのは勿体ないけど売れるほどきれいでもない」という場合には、近くの施設などに寄付するという方法もありますお住いの市役所などにこの旨を伝えれば、寄付の仕方や施設の場所などを教えてくれます。寄付をすることで助かるという方も多くいますので、すぐに捨てたり手放したりせず、こうした形でぜひ地域のために役立たせましょう。

机を処分する上での注意点

机を正しく処分するためには、何が自分に適しているかを良く選別し、後悔せずすっきりと手放せるようにしておくことが肝心です。ここでは処分するうえでの注意点をご紹介しますので、知識を身につけ正しい方法を正確に行えるようにしましょう。
 

回収業者を見定める

せっかくお金を払って回収に来てもらっても、その机が正しく処分されないという事もあります。悪質な業者の場合、処分品を引き取りお金をもらい、そのままその処分品を不法投棄するという事もあります。さらに「これも一緒に捨てたい」というものが依頼した後に出てくるという場合もあります。しかし、柔軟な対応をしてもらえず、結局不用品が残ってしまうなんていうこともあるかもしれません。良く見定め、相性のいい業者を見つけることが大切です。
 

  • 「古物商許可」または「一般廃棄物収集運搬業」の資格を取得している
  • 全国展開している
  • 口コミがいい
  • 料金プランが明瞭

 
上記のようなポイントに意識して、優良業者を見定めて下さい。
 

燃えるゴミとして出す場合は素材ごとに分別を行う

燃えるごみとして出す場合、全てをまとめて出せばいいという訳で貼りません。しっかりと分別を行い、可燃なのか不燃なのか資源ごみなのか、しっかりと正しく分けて捨てる必要があります。分別方法は住んでいる地域により異なるので、まずは種類によってどのゴミになるのかをしっかりと把握しておいてください。可燃ごみの種類でも、地域によっては内容が大きく異なります。「あっちでビニールは燃えるゴミなのにこっちは燃えないゴミになる」なんてことも珍しくありません。必ずお住いの地域のごみのルールを守り、正しく処分を行ってください。

まとめ

机は様々な使い道があり、年代性別問わず色々なシーンで活用できる優れものです。勉強机はもちろん、仕事用のデスクや食事用のダイニングテーブル、リビングや寝室に置いておくテーブルなど、用途だけで見ても実に様々あるのが机です。そのため、多くの家具の中でも、最も処分する率が高いものとも言えます。いつでも正しく処分方法を選べるように、知識としてこのタイミングで頭に入れておくようにしましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。