• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
重いタンスの苦労しない処分7選をご紹介

公開日: / 最終更新日:

タンスは長く使用するとガタがきて、買い替えを余儀なくされるなんてことはよくあります。また、引っ越しなどでこういった家具を処分するという事もあります。
 
そこでこの記事では、処分の方法や注意点など、タンスの処分についてここで詳しくご紹介します。

タンスの処分は搬出が大変

タンスは処分する際、とにかく持ち運ぶのが大変です。基本的に折り畳みもできませんし、重さもかなりあります。木製のものであれば尚更搬出が困難になります。一人では部屋から出すこともできないといったことも珍しくありません。処分する際には、まずどうやって搬出するかを確定させてから進めましょう。

タンスの処分方法

どの家庭にもあるであろうタンスは、その処分方法も様々あります。ここでは、その種類についてそれぞれ詳しくお伝えいたします。
 

解体して可燃ごみで処分する

例えば自力で解体できるものの場合、大きさを小さくして可燃ごみとして出すことが出来ます。解体するのには非常に労力がかかり簡単にできる事ではありませんが、可燃ごみとして出すことが出来ればいつものゴミ出しと同様に捨てることが出来ますし、何より何の費用も掛かりません。わざわざどこかへ運び出すという事もしなくて済むのでオススメの方法になります。
 

粗大ごみとして自治体に処分してもらう

解体がどうしてもできないものに関しては、その地域の自治体で回収してもらうことが出来ます。その際、粗大ごみを捨てるためのシールや券などが必要になるため、事前に入手しておいてください。金額は自治体ごとで異なります。まずは自分の住んでいる自治体に問い合わせて粗大ごみに関する情報を集めましょう。市役所、ごみセンターに問い合わせを行う事で、正しい情報を伝えてくれます。
 

自治体のごみ処理施設に持ち込む

自ら処理場へ持ち込むという方法もあります。回収してもらうというやり方よりも費用が抑えられる場合があるため、解体することが出来ない、壊れて他に使い道がないからどうしても処分したいという場合は、自分で処理場へ持っていくようにして下さい。
 

引っ越し業者を利用する

引っ越しのタイミングでタンスを手放す場合、引っ越し業者に依頼してみてはいかがでしょうか。どの業者も可能という訳ではないため、まずは事前に確認が必要です。こういった大型の処分品を引き取ってくれるかどうかで業者を選択するのもオススメです。大手だけでなく、地元の引っ越し業者でもこういったサービスを取り入れている場合もあります。中には買取という形で引き取り、引っ越し費用から差し引いてくれるといったこともありますので、少しでも安くできるように様々な業者を比べてみて下さい。
 

フリマアプリを利用して販売する

大手フリマプリでは、こうした家具の取引実績が非常に多いのが特徴です。中には「こんな値段で!?」と驚くような高値で取引されているものもあります。また、地元の取引に特化した「ジモティ」もオススメです。近場の人に取りに来てもらえるような交渉がしやすく、希望通りの日時にお願いすることが出来ます。もちろんすべて無料で利用できるので、試しに出品してみるというのもいいですね。

知人や友人に譲る

まだ使えるから捨てたくない!でもうちにはいらない…。そんな時は、友人や知人に譲るという方法もあります。タンスは洋服をしまうだけでなく、様々な使い道がありますので、もしかしたら要らないタンスは知人の誰かが求めているかもしれません。自分の周りの人、またその友人たちの知り合いまで、広く聞いてみるのもオススメです。

タンスを処分する上での注意点

タンスの処分方法は大体上記のような方法になりますが、ここではタンスを処分する際の注意点をご紹介致します。

タンスの中身が入っていないか確認する

タンスの中身は全てチェックしておきましょう。もしかしたら貴重なものをしまってそのまま忘れているなんてこともあるかもしれません。また、多くある話では服が数枚入っているといった内容や、中には子供のへその緒が入った桐箱があったなんて話もあります。処分する際には、見たつもりでも隅々までチェックを行ってください。

市区町村ごとのルールに則る

家庭ごみ、粗大ごみとして出す場合のルールや日時などは自治体により大きく異なります。朝早くから受付可能な処理場もあれば、昼から夕方までの短時間しか処分を依頼できないという事もあります。また、処理場まで持っていったら閉まっていたということがないよう、ルールをまず確認してください。

タンスを持ち運べるかどうかで処分方法を決めよう

大型家具のタンスは持ち運びができるかどうかで処分方法を決めましょう。適切な方法を選択するためにも、まずは自身が持っているタンスのサイズ、持ち運びはどうかをしっかり把握しておきましょう。

 

自分で持ち運べるならどの方法でも処分可能

部屋から出す、車に入れる、一人で運べる。こういったことが可能であればどんな処分方法でも出来ます。解体するもよし、誰かに譲るもよし、処理場へ持っていくも良し。自分に一番合う処理方法を選択してください。

 

タンスを持ち運べない場合には業者を利用することで楽に処分可能

重くて運べない、大きくてどうしようもできない。そういう場合は、不用品回収業者に依頼することで楽に処分が出来ます。自宅の中からの運び出し、トラックへの積み込みなどを全て請け負ってくれるため、スムーズな処理が可能になります。
 
その分費用はかかりますが、的確な処理を行ってくれますので、持ち運びが出来ない場合は業者の利用を検討しておきましょう。

まとめ

 

  • 使えないものは解体して可燃ごみへ
  • まだ使えるものは誰かに譲ったりフリマに出品
  • 引っ越しと同時に不要になるモノは引っ越し業者へ
  • 解体できないけど処分したいなら粗大ごみ

 
大きく分けるとこうした方法でタンスの処理が行えます。また、処分の際は中に何も残っていないか?粗大ごみのシールはちゃんと貼ってあるか?ルールに則った処分方法か?ということをよく注意し正しく手放しましょう。
 
仮に、引っ越しなどの際には処分するモノが1つだけではないという場合もあるかもしれません。この正しい処分方法を知っておけば、全てに対して適切な方法を選ぶことが出来ます。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。