• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
素材とサイズがポイント!シューズボックスのらくちん処分方法を解説

公開日:

シューズボックスは玄関をきれいに整理するために欠かせないアイテムです。しかし引っ越しや断捨離、その他の事情で処分するとなったとき、どう手放せばいいのか迷ってしまう方も少なくありません。
 
そんな時にスムーズな処理が出来るよう、この記事を読んで正しい知識を身につけておきましょう。

シューズボックスはサイズや材質によって処分方法が異なってくる

シューズボックスのサイズや材質は様々です。そのため、一概に「シューズボックスはこう捨てる!」という断言はできません。色々な処分方法がありますので、所持しているシューズボックスに最も適した処分方法を見つける必要があります。まずは大きさを測り具体的な数字を把握しておきましょう。また、材質もしっかり確認しておきましょう。

シューズボックスの処分方法

シューズボックスの処分方法をご紹介します。それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

 

粗大ごみとして処分

まず大型のシューズボックスの場合、粗大ごみとして処分を行ってください。場合によっては自分で指定の処理施設まで持ち込む事が難しい場合もあるかもしれません。そんな時は戸別回収を依頼して引き取ってもらう事もできます。大体1週間前後待つことになりますので、早めに連絡をしておくようにして下さい。持ち込みの場合は営業時間内であればいつでも持っていけるので、自分の都合に合わせて処分することが出来ます。ただ、中には事前に連絡をしてから向かわなければいけないという自治体もありますので、必ず事前に確認し、正しい手順を踏んで処分するようにしましょう。

 

可燃ごみとして処分

可燃ごみとして処分する場合、しっかりごみ袋に入れるようにして下さい。また、ちゃんと口が縛れるかどうかも重要です。多くの自治体では、45Lのごみ袋に入らないものは粗大ごみになるという傾向があります。もちろん大きさの決まりはありますが、ごみ袋に入るか入らないかも1つの基準となりますので、また、素材によっては可燃ごみではなく不燃ごみや金属ごみになる場合もありますので、材質を確認し自治体ごとのルールを把握しておきましょう。

 

リサイクルショップで売る

シューズボックスの需要は高く、破損などが目立つものでない限りはリサイクルショップに売ることが出来ます。有名な家具メーカーのものであればかなり高額で取引されることもあります。必ず持ち込む前にしっかりきれいに掃除しておくようにして下さい。また、持ち込むのが難しい場合は出張買取、買取金額がいくらになるのか知りたい場合はネットで査定のみ受けることもできます。どんな方法で処分するか迷っている場合は、一度査定だけでも受けてみるといいかもしれません。

 

専門業者に買い取ってもらう

専門業者に買い取ってもらう事で、高額査定が期待できることもあります。リサイクルショップの場合、メーカーやブランド、状態などで査定額が算出される傾向にありますが、専門業者の場合はそれらに加えて使いやすさや機能面まで加味してしっかり査定してくれます。もちろん、高級ブランドや有名メーカーの場合はそれだけでも価格が上がりますが、収納力や機能が優れているものであればニトリやカインズホームなどの安価なものでもそこそこの値段で買い取ってくれます。何万円も超えるような金額とまではいきませんが、リサイクルショップとは違いプロが鑑定してくれるので期待は出来ます。

 

フリマアプリで売る

劣化がひどくて売ることが出来ないけどまだ使えるもの、自分が納得する金額でしか売りたくないという方はフリマアプリに出品してみて下さい。必ず不具合や劣化の度合いなどは文章で説明し、写真でもそこを中心に掲載する必要があります。また、サイズなどもしっかり明記するようにして下さい。分かる範囲で使用年数や製造年などもあると、購入する方にとっては非常に有益な情報となります。使用上の注意はもちろん、使用していたからこそ分かるオススメポイントなども記載しておくと尚良いでしょう。シューズボックスの出品数は多いため、他とは違ったアピール部分を作るのも大切です。

 

不用品回収業者に依頼

サイズが大きく持ち運ぶことが出来ない場合、不用品回収業者に依頼することをオススメします。解体などせずともそのまま運んでくれますし、もし仮に壊さなければ出せないというようなものであっても、全て作業を行ってくれるので自分で何か準備しておくといった手間などは一切ありません。費用は掛かりますが、楽に処分したいという方にはかなりオススメの方法と言えます。他の不用品がある場合も一緒に引き取りをお願いできるので、断捨離や引っ越しで大量の不要アイテムが出てきたときにはぜひ活用しましょう。

 

知り合いに譲る

「引っ越ししたばかりでシューズボックスが無いから玄関が片付かない。」こんな方は周りにいませんか?長く使うという訳ではなく、新しいものを購入するまでの繋ぎとして譲ってあげるのも方法の一つです。シューズボックスは、様々なデザインやサイズがありますが、なかなか理想通りの品を見つけるのは難しいため、どうしてもある程度の期間シューズボックスがない状態になるという事もあります。そういった時だけでも活用できるように、もしシューズボックスが欲しいという方がいればぜひ譲りましょう。そのままの状態ですぐ使えるように、綺麗に掃除しておくことを忘れないようにして下さい。

シューズボックスを処分する上でのポイント

次にご紹介するのは、シューズボックスの処分をする際の注意点です。よく内容を理解しておくようにして下さい。

 

木製のものは分解して処分するのも手

シューズボックスが木製の場合、粗大ごみとしてだけでなく可燃ごみとしての処分が出来るものもあります。その場合、小さくコンパクトに分解・解体する必要がありますので注意して下さい。また、プラスチックなども不燃ごみとして処分が可能です。一般ごみとしての処が出来れば粗大ごみに必要な処分費用がからないので、コスト面で大きなメリットになります。しかし簡単にバラバラにできるものではないので、怪我に注意し、安全に作業するようにして下さい。

 

ブランドによっては高値で売却できることも

シューズボックスを製作している家具メーカーやブランドは多くありますが、中には高額査定を期待できるブランドなどもあります。特に人気が高いのがカリモクで、状態、元の値段、商品の材質やデザインなど様々な項目で査定されますが、場合によっては数十万円以上することもあります。元の値段が安すぎるものや、有名メーカーでも汚れや損傷がひどいものは買取価格が安くなりますので「ブランドだから」、「メーカーだから」という理由だけで高く売れるわけではないという事を頭に入れておいて下さい。

まとめ

便利なシューズボックスについてご紹介致しました。どの処分方法がいいかしっかり見極めは出来ましたか?
 
シューズボックスの状態などから考え、正しく適切に手放せるように、この記事の内容をしっかり把握しておくようにしましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。