• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
ハンガーラックを処分したい!処分方法や注意点についてまとめ

公開日: / 最終更新日:

ハンガーラックは洋服の収納はもちろん、最近では様々な活用方法があり、お部屋を飾るインテリアとしても重宝されています。しかし、壊れて使えなくなったという場合もあります。そんな時に役に立つ情報を、この記事でご紹介します。
 
正しい処分方法をしっかり学んでおきましょう。

ハンガーラックの処分方法は素材によって異なる

ハンガーラックはその素材により処分方法が異なります。ほとんどの場合、スチール製や木製が主流となっていますが、まずは処分するハンガーラックの素材を確認しておきましょう。また、付属しているかごなどの素材もしっかり把握しておくことが重要です。自治体のルールに沿って、その通りの処分が出来るように徹底した準備を行っておきましょう。
 
木製
高級感のある木製ハンガーラック。有名な家具メーカーなどはほとんどが木製で作られています。木製は木なので燃えるごみとしての処分になります。
 
スチール
耐久性が強く強固さが魅力のハンガーラックです。合金の種類によっては重量がかかる場合があります。自治体により異なりますが基本は資源ごみ、もしくは不燃ごみとなります。
 
ステンレス
強度があり軽さが魅力のスチール製ハンガーラックです。シンプルで高級感のあるデザインが魅力で、大体のハンガーラックはステンレス製が大半となります。ステンレスは大体が不燃ごみとなります。
 
ゴム(ラバーウッド)
樹液のなくなったラバーウッドを材料としています。ハンガーラックはもちろん、ポールハンガーなどはこうしたゴム素材となります。
 
樹脂
付属のワゴン部分などに多く使われる素材です。軽くて汚れに強いというメリットがあります。

ハンガーラックの処分方法

ハンガーラックの処分方法をご紹介致します。先ほどお話しした通り、素材の確認を行いその分別方法が分かっていれば簡単に処分は可能です。ここでは、様々な方法をご紹介致しますので、素材に対して、またハンガーラック本体の状態などもしっかりと確認して下さい。

粗大ゴミとして出す

ハンガーラックは大きさがあるので粗大ごみとして処分できます。物によってはそこまでの重量がないので簡単に持ち運ぶことも可能です。基本的にはどんな素材でも処分することができますので、特に何も気にせず持ち込むことが出来ます。もちろん、回収依頼をお願いする事もできますので、どちらが自分にとって処分しやすいかをしっかりと把握しておきましょう。
 
自分で持ち込む場合、回収依頼をするよりは少しだけ安くなるので費用を抑えることが出来ます。しかし、抑えるといっても100円や200円程度の差ですので、持ち込むのが難しい場合は無理せず回収依頼をお願いするようにしましょう。基本的には依頼してすぐに引き取りに来てもらえることはありません。大体1週間から10日ほど期間は空くことが多いです。その間にしっかりと準備を行って下さい。

小さく分解し素材によって燃えるゴミや資源ゴミとして出す

必ず素材ごとに分別を行ってください。その地域ごとに決められたルールにしっかり従いましょう。例えば燃えるゴミの日にスチールのごみを出したところで、それは回収されずにそのままそこに放置されてしまいます。正しく処分を行わなければ、回収そのものをしてくれないということもあります。
 
また、間違った素材の処分を行うと収集の方が思わぬ怪我をしてしまうなんてことにもなりかねません。安全面を考えても、必ずこうした決まりを守ってください。

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者に依頼すれば、そのままの状態で回収をお願いできます。また、例えば断捨離などで大量に不要な洋服が出て来た場合でも、全てまとめて引き取ってもらえるのでかなり楽に処分することが出来ます。ハンガーラック1つだけであれば、不用品回収業者に依頼するよりも他の方法で処分した方がいいですが、ハンガーラックが複数個あったり、他にも処分したいというものがある場合はこちらの業者に依頼することでお得に片づけることが可能となります。

ハンガーラックを処分する上での注意点

処分する上での注意点をお伝えいたします。特に注意すべきポイント2つをしっかりと把握しておき、処分するための準備を徹底的に行いましょう。

市区町村ごとのルールを必ず確認する

ごみ分別のルールは地域によって細かな違いがありますので、住んでいる所の分別内容はしっかりと把握しておくようにして下さい。市役所名地には1年単位の分別カレンダーや、細かく分別内容が記されている冊子などが置いてあります。全て無料でもらうことが出来るので、こういったものをうまく活用し、間違いのないように処分しましょう。
 
もしも自分で「この素材のごみはどうやって捨てればいいの?」と悩んでしまった場合、直接市役所やごみセンターなどに問い合わせてみましょう。的確な分別を教えてくれますので、迷わず正しく処分することが出来ます。

悪徳な回収業者に注意する

不用品回収業者の中には、非常に悪質な業者がいますので注意してください。特に注意すべきなのが町中をトラックで走っている業者です。もちろんすべての業者がそうという訳ではありません。こうした中にも安全で正しく回収業務を行っている業者は多くありますが、無料で回収、地域一番の安さなどと謳っていながら、いざトラックに積み込んだら様々な名目の手数料などを取られるということもあります。
 
まずは費用はどのくらいかかるのか?回収以外にかかる費用はあるのか?など、細かく聞いておくことが重要です。

まとめ

ハンガーラックは家庭にある家具の中でも特に多くの方が所有しているものではないでしょうか?安いものであれば1,000円未満で購入できるため、中にはよく買い替えを行うという方もいらっしゃいます。この記事を完璧にマスターすることで、もう処分に悩むことはなくなります。
 
また、すぐに捨てるのではなく、「他の活用方法はないか?何か役に立てるようなアイデアはないか?」など、違った視点での活用を見つけるのも楽しいですよ。
最近ではこうしたラックを活用したDIYなども多くあります。処分をしてしまう前に、まずは色々試してみてはいかがでしょうか?

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。