• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
分解が必要?ホワイトボードの手軽な処分方法5選!

公開日:

ホワイトボードは企業などで使用されるイメージが強いですが、実は一般家庭でも様々な活用方法があります。大事な手紙や書類を貼り付けておいたり、子供のらくがきボードなどにも重宝するでしょう。そんなホワイトボードは、実はあまり処分方法が知られていません。
 
いざ手放す時に悩まず処分できるよう、しっかり情報を収集しておきましょう。

ホワイトボードは自治体によって分別方法が異なる

ホワイトボードの分別方法は自治体によって大きく異なるため注意してください。必ず処分前にしっかり確認するようにしておきましょう。例えば「前住んでいたところはこうやって捨てたから大丈夫」「実家の親に聞いたら捨て方を教えてもらったから平気」と思う方もいるかもしれません。しかし、ホワイトボードの処分は様々な分別に分けられますので、そのルールは自治体により変わります。同じ県内でも市が変われば処分方法も変わるでしょう。
 
そのため、「他の場所はこうだから」という情報だけで決めつけることの無いよう、しっかり自分が住んでいる場所のルールを厳守するようにして下さい。

ホワイトボードの処分方法

ホワイトボードの処分は大きく分けて5つの方法に分けられます。それぞれ詳しく見ていきましょう。
 

大型のものは解体して粗大ごみとして処分する

大型のホワイトボードの場合、脚部分などを解体して粗大ごみとして処分することが出来ます。解体してもボード部分を小さくできるものはあまりないでしょう。そのため、基本的に大型のものは粗大ごみとして回収をお願いするようにして下さい。粗大ごみの規定サイズは大体1辺が30cm以上、または50cm以上のものが対象となりますが、大型のホワイトボードは余裕で50cmを超える大きさになります。そのため、粗大ごみとしての処分が適切となるでしょう。事前に必ず処分の内容や大きさのルールなどは確認しておいて下さい。

小型のものは解体して自治体によっては不燃ごみとして処分可能

家庭用の小さなホワイトボードの場合、不燃ごみとして処分することが可能となっています。粗大ごみと同じように解体し、コンパクトな状態にしてから処分するようにしましょう。その際、必ず解体後に大きさの計測を忘れないでください。もしかしたら粗大ごみの大きさを超えている場合もあります。その際は必ず粗大ごみとして処分してください。不燃ごみで出す場合、必ず決められた曜日や時間などは厳守し、他の方の迷惑にならないように正しい分別を行うよう心掛けましょう。
 

条件によっては買取も可能

ホワイトボードは一定数の需要があるアイテムです。そのため、まだまだ使えるもの、書き跡などが残っておらず比較的綺麗なものなどは、リサイクルショップなどで買取してくれる可能性が高いです。また、大きくて自力で運べないという場合は出張買取なども行ってくれるので安心です。
 
まずいくらくらいになるのか気になるという場合でも、ネットで無料の査定なども活用できますので、一度こうした査定のみでも受けてみるといいでしょう。ネットで全て完結するのでどこかに持ち込む必要がありません。結果が自分が思っていた以上の金額だったり、納得いく査定価格が出た場合はぜひ最寄りのリサイクルショップなどに買取依頼をしてみて下さい。

 

不用品回収業者に依頼

「ホワイトボードは大きさがあるため自分で解体することが出来ない!」、「処分したいけど持ち込んだりする手間が面倒!」、「忙しくて時間が無いからいつも夜しか空いていない!」そんな方にはぜひ不用品回収業者の活用をオススメします。解体作業なども請け負ってくれますし、自宅まで引き取りに来てくれるため何の手間も必要ありません。また、業者によっては24時間対応してくれるところもあるため、仕事で忙しくて夜の時間しかお願いできないという方も安心でしょう。
 
また、その際は、今まで処分しようと思って中々できなかった他のアイテムなども一緒にまとめて引き取りを依頼することが出来ます。問い合わせを行い、どんなものを引き取ってくれるのか、引き取り当日の流れなどを確認してからお願いするようにしましょう。
 

自治体に依頼して処分する

自治体に依頼して処分することが出来ます。どう依頼すれいいか分からないという場合、とにかくまずは市役所などに問い合わせてみて下さい。正しい手順での依頼方法を案内してくれます。また、自治体の中には専門の業者と提携している場合があり、こういった相手を紹介してくれることもあるかもしれません。よく話を聞き、その内容に納得できればお願いするようにして下さい。とにかく最初はまず問い合わせを行い、正しい情報を知識として身につけるようにすることが大切です。

ホワイトボードを処分する上での注意点

次に、処分する際に特に注意すべき項目を2つご紹介致します。

法人の場合は廃棄物処理法に則り不用品回収業者に依頼

一般家庭ではなく企業からのごみとしてホワイトボードを処分する際、自治体での回収は出来ませんので気を付けて下さい。その場合は不用品回収業者に依頼を行い、廃棄物処理法のルールにしたがって正しく手放す必要があります。全ての業者で扱いが出来るわけではありません。「一般廃棄物収集運搬業の許可、産業廃棄物収集運搬業の許可、古物商の許可」のいずれかの許可証を保有しているか確認するようにしましょう。

業務用ホワイトボードの場合は備品管理シールをはがす

企業でホワイトボードを活用している場合、ほとんどが備品管理シールを貼り付けている事と思います。企業内でのこうした備品をしっかり管理、把握しておくために、1つ1つに品番のようなものを付けておくという企業は多いでしょう。処分する際はこうした備品管理シールははがしておくようにして下さい。どのホワイトボードの処分を行ったのかが分からなくなり、備品の管理が疎かになってしまう事に繋がります。そのため、処分する際は必ずこのシールを剝がし、管理体制を崩さないようにしておきましょう。

まとめ

ホワイトボードは実に様々な方法で手放すことが出来ます。その中でも特に一般的なのが解体して粗大ごみ、もしくは不燃ごみに出すという方法でしょう。お住いの地域ごとに内容の違いはありますが、基本的にはこの方法で処分することが可能です。また、状態が良く綺麗なものであれば買取を依頼し現金化する事もできます。
 
処分するホワイトボードの状態はどのくらい劣化があるのかをしっかり確認しておくようにしましょう。まずはこの記事で紹介した処分方法をしっかり理解し、自分に適した方法を選択できるようにすることが大切です。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。