• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
手のかからないロッカーの処分方法6選

公開日:

ロッカーは企業や施設などで多く活用されていますが、その処分方法はあまり広く認知されていません。
 
この記事では、正しいロッカーの処分方法と、処分する際の注意点をご紹介いたします。

個人と法人で処分方法が異なる

所有が個人か法人かで処分方法は変わってきます。まず個人の場合、粗大ごみとしての処分が可能となりますが、法人の場合自治体に回収を依頼することはできません。これは大きさや素材などに関係なく、個人のものなのか、法人所有のものなのかで変わってきます。
 
そのため、法人所有のロッカーが小さいものであっても関係なく自治体回収が出来ないという事をしっかり頭に入れておきましょう。

ロッカーの処分方法

ここで、処分方法について詳しく見ていきましょう。1つ1つの内容をよく把握し、正しい処分を行えるように準備しておくことが大切です。
 

粗大ごみとして処分する

先ほどもお話しした通り、家庭で所有していたロッカーは粗大ごみとしての処分が可能です。自力で処理施設まで持ち込む方法と回収依頼する方法があり、金額に若干の差は出ますがそこまで大きくはないので、どちらでも好きな方法を選択できます。回収依頼を行った場合、事前に粗大ごみの処理シールを購入する必要があり、指定日の指定時間までに自宅前の目立つところに出しておくようにして下さい。立ち合いの必要はありませんが、目立たないように隠れて置かれている場合は回収してもらえないこともあります。必ず道路から見てわかるところに置いておくようにしましょう。
 

家具専門店に買取に出す

家具の専門店に買取依頼をすることが可能です。しかし、どの専門店でも受け付けてくれるわけではありません。また、買取を行っていてもロッカーは対象外という場合もあります。持ち込む際には必ず事前に問い合わせを行うようにして下さい。もしも、自分で持ち込むことが出来ないという場合、店舗によっては出張査定や引き取りなどをお願いすることが出来ます。かかる費用などはまちまちで、無料で行ってくれるところもあれば買取金額から手数料などを引いた金額で取引する事もあります。現金化した時に大きく差が出ますので、必ず事前に確認しておくようにすると安心です。
 

鉄くずとして売却する

ロッカーの素材がスチールの場合、鉄くずとして買取をお願いすることが出来ます。汚れがひどいもの、劣化が激しいもの、壊れたり破損している箇所があるものなどでも大丈夫です。壊れているから捨てるしかないという場合、ぜひ一度鉄くずとしての買取をお願いしてみましょう。鉄くずの買取を行っている業者に問い合わせを行ってください。平均すると1kg辺り約20円前後が相場となります。業者にもよりますが、スチール以外の素材がくっついている場合は買取が出来ないと断られてしまう事もありますので、まずは一度問い合わせをしてみて下さい。
 

リサイクルショップに売却する

まだまだ現役で使えるものの場合、リサイクルショップに買取をお願いすることが出来ます。その際は必ずきれいに掃除し、見た目を整えておきましょう。シールなどが貼ってある場合はそれらも剥がし、元の状態に少しでも戻すようにして下さい。リサイクルショップではどこでも取り扱いがある訳ではありませんが、家具や雑貨などをメインとして取り扱っているショップであれば基本は買取を行ってくれます。しかし、アパレルなどがメインの場合は難しいかもしれません。まずは一度問い合わせを行い、ロッカーの買取が可能かどうか確認してから行動しましょう。
 

オークションサイトに出品する

オークションサイトに出品するという方法もあります。オークションサイトでは、多くのユーザーが1つのアイテムを求めて金額を上げていきます。大体出品してから1週間程度がオークションの期間になり、その間に一番値段が高い金額で入札している方が買取者になります。1人も入札がない場合は、希望すれば再度出品も可能となります。
 
また、最初に最低落札価格の設定が出来るため、もし複数人の入札者がいた場合でも、その設定した価格に届いていなければ売りに出す必要がありません。そのため、自分の設定した以上の金額のみで買取が成立するため、納得いく処分が可能となります。
 

不用品回収業者に依頼する

ロッカーの種類は様々あり、その中には大きくて重さがあるタイプもあります。一人で運び出すことが困難な場合、不用品回収業者に依頼することで解体作業も行ってくれますし、家の中から外に運び出す、トラックに積み込むなど、全ての工程を請け負ってくれるため手間もなく簡単に処分することが出来ます。ロッカー1つだけでは勿体ない場合もあるため、不要なものを一気に回収してもらうのもおススメです。希望する時間、回収日を決めることが出来るので、予定の調整などという事も心配ありません。費用は掛かりますが、その分安心して全てお任せすることが可能です。

ロッカーを処分する上での注意点

ここでロッカー処分の際の注意点をご紹介致します。
 

法人の場合は事業系一般廃棄物となる

記事の冒頭でお伝えしたように、個人の所有と法人の所有では処分方法が異なります。法人所有のロッカーは事業系一般廃棄物としての取り扱いになるので、個人所有のような粗大ごみとして回収を依頼することが出来ません。中には自治体での回収が可能な場合もありますが、極稀ですので基本は不用品回収業者などに依頼すると考えておきましょう。
 

産業廃棄物許可を取得している業者を選定する

法人所有の廃棄物を処理するためには、「産業廃棄物処理許可証」がある業者に限られます。必ずこの資格があるかどうか確認を行ってください。悪質な業者の中には、資格がないにも関わらずこうした特殊な回収を請け負おうとする場合があります。そのため、依頼前に必ず確認をするようにして下さい。

まとめ

ロッカーの処分は様々な方法がありますので、自分にピッタリの最善な方法を見つけましょう。個人所有のものなのか、法人所有のものなのかで処分方法も依頼できる業者も異なってきます。間違わないよう、この記事でご紹介した内容をしっかりと把握し、頭に入れておくようにしましょう。
 
またこうしたロッカーは近年DIYなどでも活用されていますので、処分してしまう前に他の活用方法なども考えてみるのもいいですね。ごみとして捨てるのではなく、何か新しいものに変えることでまた違ったアイテムとして利用できるかもしれませんよ。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。