• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
家庭と法人で変わる!デスクのスピード処分方法6選を提案

公開日: / 最終更新日:

デスクは仕事を効率的に進めるために必要不可欠ですが、長く使っているうちに不具合が起きたりガタがきて扱いにくくなったりしていきますね。在宅の仕事をする方も増加していき、今後も益々デスクの処分が増えていくでしょう。
 
今まさにデスク処分をしようとしている方、どう捨てれば分からない方のために、デスクの処分についてまとめましたのでぜひご覧ください。

デスクは他の部屋で再活用しにくい

デスクは一般的なテーブルなどとは形もデザインも違うため、他の部屋で活用しにくいデメリットがあります。そのため、デスクとして使わなくなり処分しようと考える方も多くいらっしゃいます。最近ではDIYなどで不要になったアイテムをリメイクしたり、別のものに換えたりして活用するという事もありますが、慣れていない方がいきなりこんな大きなデスクをDIYするのは難しいです。そのため、やはりいらなくなれば処分という選択肢が多くなります。

デスクの処分方法

「デスクは結局どう捨てればいいの?」、「どんな手放し方があるの?」という疑問をここで解決していきます。
 

粗大ごみとして処分

そのままの形で運び出し処分をする場合は、粗大ごみとして処分が可能です。事前に自治体で決められている粗大ごみシール、もしくは粗大ごみ処分のための券を購入し準備しておきます。また、自分で持ち込む際はこうした準備がいらない場所も多いので、必ず処分前に各自治体へ確認しておくと安心です。シールや券などは、その地域のコンビニなどでも売られているので簡単に入手することが出来るでしょう。
 

分解して家庭ごみとして処分

粗大ごみとして出すには処分費用が掛かります。出来ればもっと安く、むしろ無料で処分したいという場合は、自力で解体し小さくすることで家庭ごみとしての処分が可能となります。しかし、ネジなどを外し解体したとしても、デスクの机部分や引き出し部分などはそのままでも大きさがあるため、これらも切断しなければいけません。木製の場合はのこぎりなどを使い切断できますが、スチール製の場合は専用の工具などを使用する方が望ましいです。
 

不用品回収業者に依頼

デスクが複数個ある場合や、デスクと一緒に使用していた椅子も処分したい、その他にも色々いらないものがあるという場合、不用品回収業者に依頼すればまとめて引き取ってくれます。どこかに持ち運ぶ手間や、家の外に出しておくという必要もないためかなり楽な方法と言えます。解体などもする必要がないため、忙しくてあまり時間のない方や女性の方には特にオススメです。
 

リサイクルショップに引き散ってもらう

デスクはそう簡単に壊れるようなものではありません。まだまだ現役で活用できるもの、劣化があまりなく見た目に汚さなどが感じられないものであれば、リサイクルショップに引き取ってもらう事も可能です。状態が良ければ良いほど買取金額は大きくなります。デスクは大型の家具などを扱っているリサイクルショップであれば基本は買取を行ってくれますので、一度査定だけで依頼してみるといいかもしれません。重たくて持っていけない、車が無いから運べないという場合は、出張査定なども受け付けてくれますので一度問い合わせしてみましょう。
 

地域コミュティサイトで譲る

地域コミュニティサイトでは、様々な物品の譲り合いや売買などを行っています。地元限定の取引のため、運搬費用なども基本かかりませんし、条件さえ合えば自宅まで引き取りに来てくれる事もあります。地元内での取引なので安心感もありますし、何よりお互いが遠くまで運ぶ、遠くまで取りに行くという事もしなくて済みます。地元のコミュニティならではの温かみのあるやり取りも魅力の1つですね。利用は無料ですし、誰でも気軽に参加できるのでぜひ一度活用してみてはいかがでしょうか。
 

知り合いに譲る

知り合いでデスクを探している方、これからリモートワークになるから自宅で仕事するためのデスクを探している方などがいれば、ぜひ譲ってあげるといいでしょう。知り合いであれば余計な気を遣わずに渡すこともできますし、相手も「知っている人物が使っていたもの」という安心感もあります。売れるほどきれいじゃないし特別いいものというわけでもない、まだ使えるから捨てるのは勿体ない、知らない人に譲るのはちょっと気が引ける、そんな方は、ぜひ周囲の誰かで欲しいという方はいないか探してみましょう。

デスクを処分する上での注意点

デスクの処分は注意すべきポイントが2つあります。正しく安全に処分するために、まずはこの注意点をしっかり理解しておくことが大切です。
 

法人の場合は自治体での回収はできない

デスクの活用は、一般家庭に限った話ではありません。もちろん、様々な業界でデスクは利用されています。大きな企業から中小企業まで、事務処理などの業務には欠かせないのがデスクです。しかし、こうした事業所から処分されるデスクは、今回ご紹介したような自治体での回収は出来ません。粗大ごみや家庭ごみでの処分が可能なのは、あくまで一般家庭で使用していたデスクのみになります。法人の場合は不用品回収の業者、もしくは専門の業者などに依頼する必要がありますので、注意してください。
 

解体時には怪我に注意

デスク解体時には、怪我などに注意して安全面を万全にしつつ作業をするようにして下さい。木製の場合、切断した際の木くずなどで怪我をする恐れもありますし、木のかけらが刺さってしまう事も起こり得ます。スチール製のものであれば、のこぎりなどで無理やり切断するのは危険ですのでやめましょう。スチール製のものを切るための専用の道具などを準備し、安全に、慎重に作業を行うようにして下さい。なるべく広めにスペースを取って、時間をかけて丁寧に行う事で、不要な事故を防ぐこともできます。

まとめ

リモートワーク、在宅ワークが普及しつつある昨今では、こうしたデスクの処分はこの後も増えてきています。主婦層の方でも自宅で手軽にできるな意欲などをしている方も多くいます。そのため、一昔前に比べデスクは一般家庭にも多く普及してきました。
 
正しい処分方法をしっかりと守り、自治体や業者のルールに沿った処分を心掛けておきましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。