• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
事前準備必須!無線アンテナの処分方法と注意点を解説!

公開日:

「無線アンテナを処分したいけど方法が分からない。」、「撤去は自分で出来るの?」、「何か届けなどを出す必要があるの?」、「どういう手順で処分すればいいの?」など、分からないことだらけなのがこの無線アンテナの処分です。
 
この記事では、撤去前のやるべきことから処分方法まで、詳しくご紹介致します。

無線アンテナを処分するタイミングについて

「無線アンテナってどんなタイミングで処分するの?」と悩む方も多いです。主な時期は大きく分けて3つあります。それぞれ1つずつ見ていきましょう。
 
アンテナの劣化や破損
無線アンテナなどは寿命がおよそ10年程度と言われています。そのため、10年以上使用していると劣化やさびの進行が進んでいきます。こうなると、台風などの自然災害で壊れてしまうという事も大いにあり得ます。もし設置されている無線アンテナがいつ設置されたものか分からない、もう10年以上経過しているかもしれないという場合は、一度検査だけでも受けてみて下さい。

 
無線アンテナが不要になった
ケーブルテレビや光回線に切り替えたりすることでアンテナ自体が不要になります。そのため、今ある無線アンテナを撤去した方がいいという状況になります。不要なものをいつまでもつけておくと、先ほどお話ししたように劣化から破損に繋がり大変危険です。

 
引っ越し
例えばマンションなどの集合住宅の場合、自分で設置した無線アンテナなどがあります。退去する場合、そのまま放置してしまうという事は少なくありませんが、そうすると後々撤去費用などを請求されてしまいます。退去時は基本的に原状回復が基本となるため、入居後に自らが設置したものは撤去させなくてはいけません。

 

撤去しないと起こり得る被害

建物に関する被害
さびや劣化がひどい場合、少しの風でも倒れてしまうという事もあります。そうなるとその重みと大きな衝撃で屋根に傷がつきます。そこから亀裂が入り雨漏りの原因となることもあります。更に、そのさびが雨などで流れてくると、屋根だけでなく外壁の劣化にも繋がってしまいます。

 

人への被害
建物への被害ではアンテナが倒れるというお話をしましたが、その倒れたアンテナが落下した場合、下にいる人に当たるという事もありえます。高さがある場所から3~5kgの大きなものが落下してくることを考えると非常に恐ろしい現象です。

無線アンテナを撤去する前にやっておくこと

タイミングや放置することで起こる被害について説明させていただきました。次に、撤去を行う前にすべきポイントをご紹介致します。

 

廃止届を出す

無線アンテナの撤去を行う前に、まずは廃止届を出すようにして下さい。「無線局廃止届」というものを総務省へ提出しなければいけません。
 

  • アマチュア局
  • MCA無線
  • パーソナル無線
  • その他一般無線局

 

上記のような無線局の場合は、原則この廃止届が必要となりますので、必ず準備しておきましょう。

 

BS放送を解約しておく

次に、衛星放送に解約の旨を伝えましょう。解約方法は放送局などにより異なるため、解約の正しい手順は、それぞれのホームページで確認したり、問い合わせするなどして確認しておきましょう。今の時代、ネットで完結するところもあれば、何かしらの書類を作成しなければいけないという事もあります。必ずしっかり確認を行ってから解約をするようにして下さい。

無線アンテナの処分方法

無線アンテナの具体的な処分方法についてご紹介致します。処分を行うためには下記でお伝えする4つの方法から、最適な処分を選ぶ必要があります。それぞれ詳しくご紹介致しますので、その内容をしっかり把握しておきましょう。

 

粗大ごみとして処分

自治体回収の場合、家庭ごみではなく粗大ごみとしての処分を行ってください。最もポピュラーで多くの方が行う処分方法になります。処分方法は他の粗大ごみと同様に、自分で処理施設まで持ち込むか、回収をお願いするかのどちらかとなりますので、都合がいい方を選んで下さい。自分で持ち込む際は営業時間などを確認の上行くようにして下さい。回収をお願いする場合、依頼してから回収日までは数日期間が空きますので、その間に粗大ごみ処理シールを購入し、無線アンテナに貼り付けておきます。粗大ごみ処理シールはコンビニでも購入できます。回収日の朝になったら、玄関前など道路から分かりやすい所に出しておけば処分完了となります。

 

専門業者に依頼

後程紹介しますが、無線アンテナの処分は様々な業者に依頼することが出来ます。ですが、一番安全で確実なのはやはり専門業者になります。アンテナに関する知識や経験が豊富なため、対応も早く手際よく作業を行ってくれます。また、もしも撤去後に新しくアンテナを設置しようと検討している場合は、こうした事も相談が出来るため非常に心強いでしょう。高所作業にも慣れており、住宅街でクレーン車が入れないような狭い部分などでも作業を行ってくれるためかなり助かります。専門業者に依頼すればスムーズな作業と安心感で非常に効率的に処分してくれます。

 

解体業者、工事業者に依頼

次に紹介するのは、解体業者や工事業者に依頼するという方法です。家のリフォームなどの際に一緒に依頼するとスムーズに作業が行えます。しかし、専門業者とは違いそれだけの作業という訳ではないため、業者によってはスピーディさを求めることはできません。また、他にも引っ越し業者や塗装業者などに依頼する事もできます。全ての業者に言える事ではありますが、他の作業と同時に依頼するという事がほとんどになりますので、業者によっては撤去・処分のみを依頼できるかどうかは異なります。まずは一度問い合わせを行い確認してみてください。

 

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者での最大のメリットと言えば、最短即日対応を行ってくれるという点になります。無線アンテナの他にも、様々な機器やその他の不用品をまとめて引き取ってくれるのもありがたいですね。しかし、業者によっては撤去作業は出来ない、大型のアンテナなど、規模によっては対応できないという場合もあります。そのため、まずは事前に確認しておくようにして下さい。撤去は出来ないという場合に関しては、もしも処分したい無線アンテナがパラボラアンテナの場合、ベランダなどに設置されているものが多いため、素人でも少し頑張れば取り外すことが出来ます。しかし、屋根にあるものは素人が行うのは非常に危険ですので、こういった場合は専門業者に依頼する方が確実となります。

まとめ

無線アンテナは様々な業者に依頼することが出来ます。
しかし、どの業者でもいいという訳ではありません。もしもアンテナの撤去・処分と同時進行でリフォーム、塗装、引っ越しなどを行う際にはそれぞれの業者に依頼した方が、一貫した作業を行ってくれるためスムーズに進めることが可能となります。
 
しかし、もしも撤去・処分だけを依頼したい場合は、専門業者に依頼するのがオススメです。もちろん自分で撤去が可能であれば、粗大ごみでの処分もできますので、自分に一番合った最適な処分方法をじっくり考えてみましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。