• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
力のいらないダブルベッドのお手軽処分方法6選を紹介!

公開日:

ダブルベッドは生活スタイルの変化や引っ越しなど、様々な理由から処分を検討している方も多くいます。また、長年使用し劣化が激しくなったため、新しく買い替えようという方もいらっしゃいます。
 
大型のダブルベッドは一体どう処分すればいいのかというお悩みを解消するために、処分方法や注意点をご紹介致します。

ダブルベッドは粗大ごみになるのか

地域に違いはあれど、基本的に大型のものは粗大ごみとして処分が一般的です。ダブルベッドも例外ではありません。自治体により大きさの規定は異なりますので、自分の地域のルールは把握して分類を知っておくようにして下さい。

ダブルベッドの処分方法

ダブルベッドの状態や自分にとって都合のいい方法を選択できるように、まずはどんな処分方法があるのかを把握しておきましょう。
 

買い換える際に引き取ってもらう

もう古くて劣化してきたから新しいダブルベッドに変えようと考える方も多くいます。しかし、古いダブルベッドを処分しなければ、新しいダブルベッドを家に入れる事すら難しくなります。そんな時は、新しいダブルベッドの購入と、古いダブルベッドの引き取りを同時に行ってもらえると非常にスムーズです。引っ越しの際などにもよく活用されます。
 

不用品回収業者に依頼

ダブルベッドはその大きさから部屋から移動させるだけでもかなりの重労働です。男性が数人がかりでやっと運べるようなものになりますので、年配の方や女性だけの場合、動かすこと自体が不可能という事もあるかもしれません。そんな時は不要品回収業者に依頼して下さい。
 
業者によっては、現在配置されている場所から運び出し、トラックへの積み込みなど体力を使う部分も全て行ってくれるので、多少の費用は掛かりますが確実に運び出すことが出来ます。業者によっては玄関先での取引のみの場合もありますので、まずは一度問い合わせることをオススメします。
 

自治体に回収を依頼

粗大ごみとして出す場合、自治体にもよりますがベッドの種類で回収費用が異なることがあります。例えば、東京都品川区の場合、パイプベッドの費用が600円に対しダブルベッドの回収費用は1,800円となります。こういった違いも場所によって更に差がつく場合がありますので、ダブルベッドを処分したいという旨を伝え、正しい金額を確認してください。回収業者に比べ安価で依頼できますが、部屋の中から運び出さなければいけません。こういった部分もしっかり考慮し、依頼を検討してみて下さい。
 

リサイクルショップに買取を依頼

ベッドの劣化も少なくまだ使用できる場合、リサイクルショップに買い取りを依頼できます。「広々ゆっくり眠れる」という理由などから、単身者にも人気があります。新品は値段も高く手が出しにくいため、リサイクルショップでこうした大型家具を購入する方は非常に多く、お店側も状態がいいものであれば積極的に買取を行っています。生活家具ですので、2月下旬から4月上旬辺りの新生活準備の期間に売りに出すと、タイミング的にもぴったりで価格も高くなる傾向にあります。
 

友人に引き取ってもらう

まだ使えるから処分は勿体ないけどリサイクルショップに持っていくのは面倒くさいなんて考える方も多いのではないでしょうか?その場合、周りにダブルベッドが欲しいという方がいれば譲るのも方法の一つです。作りがしっかりしているベッドであればそう簡単に壊れたりもしませんし、使用年数が浅ければ、譲った後も長年活用してもらえます。結婚して新しい生活を始める方、子供が生まれて大きなベッドを考えている方などには特に喜ばれます。
 

解体して家庭ごみとして処分

「壊れてるから譲れないし売りにも出せない!でもお金をかけず処分したい」というわがままな願いをかなえるのが、解体して家庭ごみに出す方法となります。ですが、簡単に解体作業をすることはできません。場合によっては半日、慣れていない場合は1日かかるなんてこともあり得ます。どうしてもお金をかけずに処分したいという場合、こういったやり方もあるという事だけ頭に入れておくくらいのレベルで考えて下さい。

ダブルベッドを処分する上での注意点

ここまで、ダブルベッドの処分のやり方をお伝えいたしました。次に、処分する際の特に気を付けるべきポイントをご紹介致します。先ほどご紹介した方法の1つに「解体して家庭ごみつとして出す」というのがありました。ここを更に詳しくご説明いたしますので、ぜひご覧ください。
 

解体には時間も労力もかかる

先ほどもお伝えしましたが、ダブルベッドの解体はそう簡単にできるものではありません。もし解体する場合は、余裕をもって早い時間から始めるようにして下さい。また、解体したとしてもパーツ自体が重くそれもまた持ち運びが非常に大変です。「解体すればOK」という安易に考えず、その後のことまでしっかり考え計画的に行動しましょう。
 

解体時には怪我に注意

のこぎりを使用するため非常に危険ですし、解体して出たネジなどにも十分注意してください。そのままにしてしまうと足で踏んで思わぬ怪我をするという事もあり得ます。また、小さいお子様がいる場合、ねじや木くずなど解体終了後に全てきっちり処分出来ていなければ誤飲事故に繋がり大変なことになります。自宅で解体を行う際には、安全面をしっかりと確保し、焦らずゆっくり怪我をしないようにすることを心掛けて下さい。

まとめ

大型のダブルベッドは処分に困るものです。正しい処分方法を知り、それぞれの適切なやり方を知識としてしっかりと身につけておくことで、いざという時に安心して処分することが出来るようになります。
 
最後まで責任をもって処分するようにしましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。