• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
売却は難しい?ソファベッドの処分方法と注意点を解説!

公開日: / 最終更新日:

ソファーベッドは実用性が高く一人暮らしの方で活用している方も多いのではないでしょうか。しかし、引っ越しや環境の変化で処分を検討するということもありますね。でも処分の仕方が分からない、重くて運び出すことが出来ない、なんて事もあるでしょう。
 
この記事を読んで、そんな疑問を一気に解決していきましょう。

自治体によって処分方法は異なるので確認を

ソファーベッドの処分を考えて一番初めに思い浮かぶのが、自治体による処分が、全ての場所で方法が統一されているわけではないので注意してください。引っ越しをする際は、今いる地域と新しい場所の処分方法をしっかり区別しておきましょう。大半は引っ越す前に処分するという事が多いと思いますので、今住んでいる場所はどう処分するのが正しいかをよく把握することが大切です。

ソファーベッドの処分方法

ごみとして処分するか、それとも捨てずに処分するか、適した方法をこの記事でよく把握し、正しく選択できるようにしておきましょう。
 

粗大ごみとして処分

自力で運べないものであれば自治体に連絡し、回収依頼をすることが出来ます。もちろん自分で持ち込むことも可能ですが、大きさも重量もあるソファーベッドは運ぶだけでも大変です。無理に自分で行おうとはせず、少しでも厳しければ回収をお願いし、自宅の外に置いておけば持って行ってくれます。
 

解体して家庭ごみとして処分

粗大ごみとしての回収はお金がかかるから嫌だという場合、解体できるソファーベッドであれば自分で解体・分解して小さくすることで家庭ごみとして処分することが出来ます。木製の枠組みや布地部分などは小さく切り、燃えるごみとして出しましょう。鉄パイプなどがある場合、工具があれば切断しこちらもごみとして処分することが出来ます。しかし、怪我の恐れもありますので徹底した準備を行ったうえで作業をするようにして下さい。解体する場所を確保し、危険がないように気を付けつつ、慎重に作業が出来る環境を整えておくことが大切です。
 

買い替え時に下取りに出す

新しくソファーベッドを購入する場合、購入店舗で下取りしてくれるお店もあります。しかし、どのお店でもこうしたサービスを行っている訳ではないため必ず最初に確認しておきましょう。最近では、ネットの通販でも下取りキャンペーンなどをしている場合もありますので、ぜひチェックしてみて下さい。この場合、必ず新しいソファーベッドを購入することが絶対条件になりますので気を付けましょう。
 

不用品回収業者に依頼

解体が難しくてバラバラにできない、自分で運べないという場合、不用品回収業者が便利です。引っ越しの準備をしていれば他にも不要なものが多く出てきますね。こうしたものも一気に処分してくれるので、かなり効率的に片付けをすることが出来ます。もちろん費用は掛かりますが、運ぶ手間もなくどんな不用品でも持って行ってくれるのでとても助かります。特に女性の一人暮らしなどは重たいものを運ぶのは大変です。プロの業者に依頼すればすべて解決できますので、ぜひ活用してみて下さい。
 

リサイクルショップに引き取ってもらう

まだまだ現役で使えるものや劣化が少なく何の問題もないソファーベッドであればリサイクルショップに買い取ってもらいましょう。一人暮らしの方だけでなく、様々な家庭でも非常に需要が高いため、人気がありリサイクルショップでも積極的に買取を行っています。重くて持っていけないものであれば、出張買取やネット査定なども利用できますので、まずはどのくらいの価格で売れるのかチェックしてから決めてもいいかもしれません。
 

ネットオークションに出品

ネットオークションはこうした大型家具の売買に非常に向いています。出品すれば全国の利用者が見てくれますし、配送する場合でも送料を購入者の負担とすることもできます。何の出費もなく売ることが出来ますので、ぜひ活用してみて下さい。劣化があるもの、リサイクルショップでの買取が出来なかったもの、そういったソファーベッドでもオークションサイト等に出品した方がお得に手放すことが可能となります。

ソファーベッドを処分する上での注意点

次に、ソファーベッドの処分をする際の注意点を2つに分けてご紹介致します。手放す前にしっかり確認し、失敗しないようにしておきましょう。
 

処分の相場価格を事前に調べておく

ソファーベッドを処分する際、処分方法によってどのくらいの費用が掛かるのか、平均的な相場を知っておきましょう。例えば粗大ごみとして処分は、大体が500円程度になります。また、不用品回収業者への依頼の場合、5千円~1万円程度が相場と言えます。
もちろん目安なので絶対的な金額とは言えません。相場より高くなることも安くなることも十分あり得ます。絶対的に信用できる数字ではありませんが、ある程度の相場を知っておくのは非常に重要となります。

 

スプリング入りには要注意

特に注意しなければいけないのがこの「スプリング入り」のソファーベッドです。自治体によっては、こうしたスプリング入りは粗大ごみでは処分できない場合があります。また、回収は可能だけど費用がさらに掛かるという事も珍しくはありません。必ず事前に処分するソファーベッドにこうしたスプリングが入っていないか、他に何か特殊な金属が組み込まれていないか、もしあれば、粗大ごみで出してもいいかなどをしっかり確認してください。解体作業もこのスプリングはとても大変です。思いつきで作業を始めると痛い目に遭ってしまいます。

まとめ

大型家具で人気の高いソファーベッドは、処分するのも一苦労です。まだまだ使えるものであれば、簡単に「捨てちゃおう」と思わず、他の誰かが使えるように、リサイクルショップやネットオークションなどに出品し少しでもお得に手放しましょう。
 
どうしてももう使えないという場合は処分を選択するほかありませんが、確実な方法で安全に処分するよう心掛けて下さい。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。