• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
状態別!敷きパッドの処分方法5選を解説

公開日:

「敷きパッドが傷んできたから買い換えたい」、「引っ越しに伴って新しくするからもう古いのはいらない、でも処分方法が分からない。」こんな悩みを抱えている方、実は結構多くいらっしゃいます。
 
ここでは、そんな敷きパッドの処分を正しく行うための方法や、その際の注意点などを詳しくご紹介致します。

敷きパッドは新品未使用でないと売ることができないことが多い

新品で購入する場合、そこまで高額なアイテムではないという事、また、敷きパッドは寝汗などを吸収し匂いや傷みなどの劣化があることなどから、衛生的にもあまりいいものではないので「中古の敷きパッドが欲しい」と考える方は少ないのが現状です。大体使用期間としては1年単位だったり、季節によって素材を変えて使用するという方がほとんどです。
 
洗濯を何度もすればその分生地も傷みますし、綺麗な状態で売りに出すことはまずできません。もちろん、絶対に売れないという事ではありません。しかし、売りに出したとしてもそこまでの金額がつくことは期待できませんし、ショップなどによっては買取を行っていないという場所もありますので、必ず売れるわけではないという事を頭に入れておきましょう。

敷きパッドの処分方法

敷きパッドの処分方法ですが、色々な方法がありますので、ぜひご参考ください。
 

小さくして可燃ごみとして出す

敷きパッドを小さく折りたたんだり、切断してコンパクトにすることで可燃ごみとしての処分が可能になります。その際、必ず自治体の分別ルールは守ってください。指定のごみ袋がある場合はそれに入れ、曜日や時間などもしっかり守って収集場所に出すようにしましょう。
 

粗大ごみとして出す

厚みのあるものやどうしても小さくできないという場合は、粗大ごみとしての処分出来ます。可燃ごみとは違い処分費用が掛かってしまいますが、大体300円から500円程度、高くても千円ほどの価格での処分になりますので、大きな負担に感じることはありません。まずは一度自治体に確認を行い、正しい手順をしっかり聞くようにして下さい。
 

不用品回収業者に依頼する

他にもいらないものが大量にあるけどどう処分すればいいか分からない、そんな時に頼れるのが不用品回収業者です。どんなものでも一気にまとめてくれますし、不用品をそれぞれ分別するという手間もありません。まとめてそのまま回収を行ってくれるので、様々な処分方法の中で一番楽で簡単に処分することが出来ます。手間や労力などを一切必要としないため、忙しい方などにとっては最適な方法と言えます。
 

フリマアプリで売る

フリマアプリを活用して敷きパッドを処分することが出来ます。この場合、敷きパッドとしての出品はもちろんですが、中には端切れとして再利用したり、リメイクして他のアイテムにして活用するという方も多くいます。敷きパッドは生地がしっかりしており、こうしたハンドメイドなどには非常に重宝されるアイテムです。ただし、中古の物は売れる可能性がかなり低いので、新品未使用は絶対条件と言えるでしょう。
 

知人や友人に譲る

中古としての需要は少ないのが特徴的な敷きパッドですが、新品未使用のものであれば、知人に譲り活用してもらうことも出来ます。大きさや柄などもありますので、一度現物を見てもらい、好みにマッチしているものであればぜひ譲りましょう。ゴミとして処分する事もなく、フリマアプリなどに出品する手間も必要ないので、楽に手放すことが出来ます。

敷きパッドを処分する上での注意点

特に意識すべき敷きパッドの処分に関する注意点をここで2つご紹介致します。
 

市区町村ごとのルールに則る

ごみとして処分する場合、必ずお住まいの自治体のルールに沿って正しい処分を行うように心がけて下さい。基本的に、燃えるごみとして出す場合、ごみ袋に入れずにそのまま収集場所に置いておいても回収はしてくれません。必ずごみ袋に入れ、しっかりと口を縛り正しい形で収集場所に出すようにして下さい。可燃ごみは大体1週間で2回ほどの収集日があります。一度日が過ぎてしまっても、すぐに次の収集日が来るのでそこに放置せず、必ず当日の朝に出すようにしましょう。
 

新品未使用の場合は売った方がお得

中古の敷きパッドは需要がないというお話をしました。しかし、中には購入したものをそのまま使用せずしまってあったという事もあるかもしれません。もしも、新品未使用のものがあれば、それはぜひ売りに出すようにして下さい。パッケージに入りっぱなしのものなどは絶対に出さないようにしましょう。そのままの状態で売ることが、新品である証拠にもなります。
 
長く放置されているものであれば、ほこりなどがたまってしまっていることもありますので、表面をよく拭ききれいな状態にしておくようにして下さい。

まとめ

敷きパッドは快適な睡眠を守るためにも欠かせないアイテムです。しかし、どうしても頻繁に買い替えなどを行う事もありえます。また、布団を新調するから必要なくなった、という事もあるかもしれません。
 
基本的にはごみとして、可燃ごみでの処分が可能なアイテムですがその時の状況や敷きパッドの状態をしっかり見て、一番最適な方法をぜひ選んでください。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。