• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
需要あり?状態ごとのスキー板の処分方法を紹介

公開日:

「スキー板はどうなったら処分するの?」「いつ買い替えるべきなの?」などの疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。
 
この記事では、どんな処分方法があるのか、処分するうえでの注意事項などを詳しくご紹介致します。

スキー板の処分方法

スキー板の処分方法についてご紹介いたします。
スキー板は一般的に滑走日数が100日程度が寿命となっています。また、日数がそこまでに達していなくても、曲がりがあったりエッジの剥離など目に見えるような劣化がある場合は買い替えをオススメします。
 
更に、見た目にはあまり劣化が分からなくても、内部には傷みが蓄積されています。そのため、買い替えの時期を誤らないようしっかり見極めることが肝心です。処分を正しく行い適切な方法で手放せるように準備をしてくようにして下さい。
 

自治体で粗大ごみか燃えるごみに出す

自治体によって、スキー板は粗大ごみ、もしくは燃えるごみとして処分することが出来ます。多くの場合、大きなものは粗大ごみとしての処分になりますが、地域によっては燃えるごみとしての処分が可能な場合もあります。粗大ごみとして出す場合、1つづつに処分シール又は券が必要になりますが、スキー板の場合はストックを含んだ処分が可能です。処分費用は自治体によって異なりますので、こうした費用面とあわせて細かな処分方法なども自治体に確認を行い、正しい情報を収集しておくようにして下さい。
 

フリマアプリで売る

スキーはスノースポーツの中でも特に人気があります。毎年スキー場は多くの方でにぎわい、これから始めるという方も多くいるでしょう。フリマアプリではこうしたスキー用品は非常に需要が高く、多少の劣化があっても綺麗な見た目であればすぐに買い手がつくこともあります。シーズンが限られているものはタイミングが重要ですので、秋口辺りから出品すると効果的に多くの方に見てもらえます。
 
また、いつ購入したか、どのくらい使用したかなど、どのくらいの傷みがあるかをしっかり伝えることが重要です。写真など見るだけで状態が分かるような物を掲載することが大切です。顔の見えない取引ですので、少しでも信頼度を高めるために、マイナスな要素も隠さず伝えられるようにしておくことが大切です。
 

買取業者に依頼する

専門の買取業者の場合、しっかりと査定を行い、正しい評価や買取金額を提示してくれます。買取業者はネットでの査定なども行ってくれるので、「お店が遠くて行けない」「運べないから査定をお願いできない」という方でも依頼することが出来ます。また、ネットでは多くの買取業者に対して一括査定をお願いする事もできます。「とにかく高く買い取ってほしい」という場合は、1つ1つの業者に頼むのは手間になりますので、一括査定を行いその中で一番値段がいい所に依頼するという手もあります。
 
もちろん状態やサイズ、カラーなどにより価格帯が変動するという事もあります。さらには同じモデルでも人気が高いカラーとその他のカラーでは査定価格にも差が生じることもあります。自分の持っているスキー板はどのくらいの価格をつけてくれるか、まずはネットで参考価格などを見つけてみるのもいいかもしれません。
 

リサイクルショップで売る

すぐに売りに出したい場合、近場のリサイクルショップに買い取ってもらうという方法もあります。リサイクルショップではスポーツ用品などの需要が比較的高いため、見た目で分かるような大きな劣化などがなければ基本は買い取りを断られることはありません。メーカーやブランドなどによっては平均よりも高値が付く場合もあります。
 
大人用か子供用かなど、サイズや色など関係なく買い取ってくれますので、今すぐに処分してお金に変えたいという場合は、リサイクルショップに持ち込むことが一番手っ取り早い方法となります。
 

友人や知人に売る

例えば、これから新しく始めようとしている方の場合「スキーをやりたいけど板を買うのはお金がかかるからどうしよう…」「どんな板がいいか分からないから始められない」と感じている方もいるかもしれません。そういった方が周りにいれば、自分で使ったものですから適切なオススメもできますし、受け取った側も安心感を得られます。「試しにやってみたい!」という方がいれば、Win-Winの取引が出来るためオススメです。

スキー板を処分する上での注意点

上記でご紹介した処分方法をしっかり理解するためにも、それぞれの注意点をよく把握しておくことが大切です。気を付けるべきポイントをしっかりと頭に入れておくことで、いざという時に正しい処分が可能になります。
 

市区町村ごとのルールに乗っ取って処分する

市区町村によりごみの処分は様々なルールがあります。スキー板というアイテム1つとっても、地域により大きく処分方法は異なります。「前住んでいた地域の捨て方」「隣の町の捨て方」などは、基本的にあてに出来ません。必ず今住んでいる自治体のルールを守ることが大切です。
 

売る場合には綺麗にして売る

リサイクルショップ、フリマアプリ、または買取業者に売りに出す場合、状態をよく確認することはもちろん大切ですが、見た目にも気を遣わなければいけません。劣化などが同じでも、見た目が綺麗なものと汚れが多くあるものでは、付く値段も変わってきます。そのため、出来る限り綺麗な状態に戻すことが重要です。特殊な薬剤を使用してまで洗う必要はありませんが、出来る限り洗ってきれいに掃除をしておくようにして下さい。

まとめ

人気の高いウインタースポーツの1つでもあるスキーは、新しく始める方が多くいる反面、離れる方がいるのも事実です。そのため、手放そうと考えている方、もういらないから処分しようと思っている方も多くいます。
 
誤った処分方法を行わないように、しっかりとこの記事でお伝えした事を頭に入れ、状態に合わせた適切な処分を行えるようにしておきましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。