• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
価格がかわる?アルミゲートのサイズ別処分方法を解説!

公開日:

「アルミゲートってリサイクルショップに売ってもいいの?」、「どうやって捨てるの?」など、アルミゲートをいざ処分しようとすると色々な部分で悩んでしまう方も少なくありません。
 
この記事で、そんな悩みを解決し正しい処分方法を選択しましょう。

アルミゲートを自治体で処分する場合、サイズ規定がある

まずアルミゲートの処分を考えた時に、一番最初に思い浮かぶのはやはり自治体での処分でしょう。しかし、注意しなければいけないのが処分するアルミゲートの大きさです。多くの地域で粗大ごみとされるのが「1辺が30cm以上」などの大きさになりますが、アルミゲートの場合は「2m以上は回収できない」など、大きすぎることを理由に処分が出来ないという場合もあります。
 
この大きさに関する規定は各自治体で異なりますので、自分の住んでいる自治体のルールをしっかり把握しておきましょう。

 

自治体ごとに異なるので確認を

アルミゲートの処分方法は自治体により異なりますので、処分する前に必ず問い合わせてください。例えば神奈川県藤沢市の場合、普通の粗大ごみとは違い「特別大型ごみ」としての扱いになります。重さ100kg以内・大きさ2m以内のものが対象で、アルミゲートもこの特別大型ごみになります。また、普通の粗大ごみの回収費用は500円ですが、特別大型ごみは千円と高くなります。
 
さらに、自治体によってはアルミゲートの処分自体を受け付けていないという事もあります。そのため、一度問い合わせを行い正しい処分方法を把握しておくようにして下さい。

アルミゲートの処分方法

この章では、アルミゲートの処分方法についてご紹介します。大きく分けて4つの方法に分類されますので、1つずつ内容をしっかり把握しておくようにして下さい。

 

粗大ごみとして処分

前述でも触れたように、一番簡単に処分できる方法として挙げられるのが粗大ごみとしての処分になります。しかし、自治体により処分が出来ない場合もありますので注意してください。処分が可能な場合は、他の粗大ごみと同じように回収をお願いするか自分で処理施設に持ち込むかを選択することが出来ます。サイズが大きいので多くの方が回収をお願いする傾向にありますが、自分のやりやすい方法で処分しましょう。回収をお願いする場合、自宅前に出しておく必要があり、必ず回収当日の朝に出すようにして下さい。何日も前から出しておくと、場所によっては他の方の迷惑になることもあります。決められた日時を守って捨てるようにしましょう。

 

買取業者に引き取ってもらう

買取業者に依頼することで、現金化して処分することが可能になります。知識や経験が豊富な専門家が査定してくれるので、安心して依頼することが出来ます。中には出張買取などを行ってくれる業者もありますので、重くて運べなかったり、大きすぎて車に乗せられないという場合にはぜひ活用してください。また、破損がひどかったり、劣化が激しいものであっても買取をしてくれます。その場合、アルミとして買取りをしてリユースされるという事になります。重さなどで料金が変わるため、大きければ大きいほど査定価格は高くなっていきます。

 

リサイクルショップに引き取ってもらう

アルミゲートをリサイクルショップに出す場合、買取をしているショップとしていないショップがありますので、必ず事前に確認しておくようにして下さい。また、売りに出す際には必ずきれいに掃除をしてから持ち込むようにしてください。見た目も査定に影響が出る場合があります。また、リサイクルショップでも重さなどによって査定価格が変動しますので、よく注意しておきましょう。

 

不用品回収業者に依頼

とにかく今すぐ処分したいという場合に一番オススメなのが、不用品回収業者による回収です。多少費用はかかりますが、タイミングが合えば即日や次の日に回収をお願いすることが出来ます。また、まだ取り外し作業を行っていない場合でも問題ありません。依頼する際にその旨を伝えておけば、取り外しからお任せすることが出来ます。自分で何かをするという手間が一切なくなるため楽に処分が可能となります。

アルミゲートを処分する際のポイント

アルミゲートの処分を行う場合、特に注意すべきポイントが2つあります。内容をしっかり把握し、注意するようにしましょう。

 

サイズ、重量によって買取価格が変わってくる

先ほども少し触れたように、買取の場合は重さや大きさで価格が変動してます。自宅で重さを測るというのはなかなか難しいのですが、平均的な買取料金の相場は覚えておくと良いでしょう。今現在のアルミの相場はものによって100円から200円程度となっています。この相場は日々変化していくので、売却する時にいくらくらいになっているのかを確認しておくことが大切です。

 

他の材質が含まれる場合は取り外しておく

もし処分するアルミゲートに他の材質が含まれている場合、取り外して別々にしておく必要があります。取り外したものは分別が自治体によって異なりますので事前に確認しておいてください。例えば鉄製のパーツが付いている場合、不燃ごみとしての処分が大半ですが、中には金属ごみとして処分を行っている自治体もあります。

まとめ

家の防犯対策などに活用されるアルミゲートですが、引っ越しなどをきっかけに処分するという方も多いでしょう。そんな時に分別に悩み、どう捨てればいいか全くわからないと焦ってしまった方は、この記事の内容をしっかり把握し、正しい方法で処分を行うことが大切です。
 
まずは一度市役所などに適切な処分の仕方を確認しておくと安心です。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。