• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
捨てる?譲る?ランニングマシンの効率的な処分方法を提案!

公開日:

ランニングマシンは自宅での運動不足解消に特に人気の高いマシンです。コロナの影響で自宅にいる時間が増え、今ひそかに需要が高まっている器具ですが、買ったけど結局使わないなんて方もいるのも現状です。大きさもあるランニングマシンは、その処分方法に悩むという方もいるでしょう。
 
適切に手放せるようにぜひこの記事を読み、正しい情報を収集しておきましょう。

ランニングマシンは分解して家庭ごみとしての処分が可能

大きく重さもあるランニングマシンは、その処分も複雑で難しいのではと思われがちです。しかし、実はそこまで難しく考える必要はありません。実はランニングマシンは分解しバラバラにすることで、家庭ごみとしての処分が可能になります。
 
そうすれば費用も掛からずいつものごみと同じように処分することが出来るため、何も悩む必要はありません。しかし、解体できない、やり方が分からないという方もいるでしょう。そういった方のために、次にランニングマシンの様々な処分方法をご紹介致します。もちろん家庭ごみとしての処分についてもさらに詳しくご紹介致しますので、ぜひご覧ください。

ランニングマシンの処分方法

ランニングマシンの処分は大きく分けて5つの方法に分けられます。1つ1つの方法を詳しく見ていきましょう。

不用品回収業者に依頼する

ランニングマシンは小型のものであってもそこそこの重量がありますし大きさもあります。自分一人でどうにかして処分するというのが難しい場合もあるでしょう。処分したくても、持ち運びが出来ないという事もあるかもしれません。そんな時、不用品回収業者に依頼することで解決することが出来ます。電話一本で自宅まで引き取りに来てくれますし、その為に解体などをする必要がありません。
 
自宅に置いてある場所から動かさなくてもOKですので、女性の一人暮らしや年配の方などは特に助かるのではないでしょうか。その際に、「これもいらない」というものがあれば全てまとめて引き取り依頼をすることが出来ます。まずは見積もり依頼などを行い、どのくらいの費用がかかるのか、こちらの都合に合わせて取りに来てもらえるのかなどを確認してから正式に頼むようにしましょう。

フリマアプリに出品する

定番ともいえる健康器具はいつになっても人気が衰えることはありません。そのため、フリマアプリなどでも度々こうしたランニングマシンなどのアイテムが取引されています。しかし大きさがあるため、金額設定を誤ると送料を考えた時にマイナスになってしまう事もあります。送料は購入者負担にするか自身で出すかなども決められるので、少しでもお得に出品できるように送料を考慮した金額設定をするようにして下さい。
 
フリマアプリで出品する際は必ず写真をしっかり撮影し、後々にトラブルなどが起きないように気を付けて下さい。不具合などがあれば必ず伝え、使用年数や頻度、いつ買ったのか、どう保管していたのかなども詳しく記載するようにしましょう。状態が良ければそこそこの高値でも買い取り先が見つかりますが、直ぐに売れるという保証はありませんので注意してください。

粗大ごみとして処分する

解体することが出来ない場合、そのままの状態であれば自治体の粗大ごみとして処分が可能です。粗大ごみでの回収は、収集場所へ自分で持っていくか電話して回収をお願いするかのどちらかを選ぶことが出来ます。自分で持ち込む際は、必ず営業時間などを確認してから行いましょう。回収依頼をする場合、基本的に即日回収は行っていません。大体5日から1週間程度の期間が空きますので、その間に粗大ごみの処分に必要なシール、もしくは券などを準備しておきましょう。回収日は朝一で各自治体の指定場所に出しておきます。回収は立ち合いなどは必要ないため、ここまですれば処分完了となります。午後に必ず回収されているか確認を行いましょう。

細かく分解し不燃ごみとして処分する

ランニングマシーンをパーツごとに細かく分解し小さくすることで、粗大ごみではなく不燃ごみとしての処分が可能となります。先ほどお話ししたように、不燃ごみとして処分すれば費用などは一切かかりません。その際は、必ず自治体の分別ルールを守るようにして下さい。収集の曜日などを間違えるとそのまま放置されてしまいます。また、基本的に家庭ごみは「午前8時までに」「午前9時までに」などといった時間も決まりがあります。収集後にごみを出してもそれはそのままになってしまうので、こうした決まりやルールは必ず守るようにして下さい。

友人・知人や地元の人に譲る

ランニングマシンは需要の高いアイテムになります。もしかしたら友人など近場の方が欲しいと思っているかもしれません。一度、自分の周囲の方々に聞いてみるといいでしょう。また、ランニングマシンは自分の年齢や運動量などに合わせて細かく設定できるものもあります。年代など関係なく適度に体を動かすことが出来るため、離れて暮らすご家族などにも聞いてみましょう。昨今はコロナの影響で外に出て運動したりジムに通ったりというのも難しい場合が多くなってきました。自宅で手軽に運動できるランニングマシンはこれまでに比べて人気が高くなってきていますので、ぜひ周囲の方に聞いてみて下さい。

ランニングマシンを処分する上での注意点

処分する際の注意点を2つまとめました。しっかり内容を理解し、誤りのないよう注意しましょう。

事業者による処分の場合は一般廃棄物(事業ごみ)として処分する

この記事でご紹介した処分方法は、あくまでも一般家庭の場合です。事業所による処分の場合は自治体での処分や回収をお願いすることはできません。一般廃棄物としての正しい処分方法をしっかり把握しておきましょう。基本的に回収業者に依頼するか自らが指定処理場へ持ち込むかのどちらかになります。一般家庭からごみとして処分するランニングマシンと、ジムなどの事業者から出る場合はそれぞれ適切な処分方法は異なるという事を頭に入れておきましょう。

事業者の場合は市の体育館などに寄付が可能

事業者の場合、市が運営している体育館などの施設に寄付することが出来ます。まだまだ使えるものなどはごみとして廃棄するのは勿体ないですね。その場合、少しでも役立てるようにこうした寄付をするといいでしょう。こうした寄付されたアイテムは有効活用されると同時に、ごみを減らすという事にも繋がります。処分するのは勿体ない、何とかしてまだ活用してほしい。そんな時は市役所などに問い合わせ、寄付するといいでしょう。

まとめ

ランニングマシンは健康習慣を作るためにもかなり有効的に使えるものです。確かに場所は取りますが、毎日少しずつ活用することで基礎体力のアップも図れるでしょう。しかし、やっぱり使わないからいらないと感じる方も多くいます。使用しないものをいつまでも置いておくのは邪魔に感じて嫌ですね。
 
この記事で紹介したような方法をしっかり把握し、自分にとってどれが一番簡単に手放せるかをよく見極めておきましょう。どの方法も特別難しいことはありません。内容を把握し準備しておけばいつでも手放すことが可能となるでしょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。