• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
重いマッサージチェアの気軽な処分5選を解説

公開日: / 最終更新日:

マッサージチェアは、サイズの大きさから小さいものでも30~40キロ、大型のマッサージチェアになると100キロ近くの重量があります。サイズの大きさと重さから、「可能であれば不用品回収業者などに依頼して出来るだけ楽で安心して処分したい。」また出来る事ならば、「処分費用は出来るだけ抑えて捨てたい」と考えている方も多いと思います。
 
本記事では、これからマッサージチェアを処分したい、捨てたいという方に向けて不用品回収業者への処分依頼を含めて具体的な5つの処分方法をご紹介します。具体的な処分費用にも触れていますので、是非チェックしてみて下さい。

マッサージチェアの処分方法

5つの処分方法をご紹介します。それぞれの処分方法について、ご自分の環境や状況に応じて最適なものを選ぶようにしましょう。

 

リサイクルショップに売る

マッサージチェアは、中古品を含めて非常に人気の売れ筋商品であるためリサイクルショップを含め買取専門店でも高値で買取してもらうことが可能です。ただしマッサージチェアを買い取りしてもらえるのは比較的新しい機種であったり、人気のマッサージチェアブランドであったりすることが条件となる事が多いので必ず事前に電話、メールで買取可能なものかを写真やスペックを添えて確認しておきましょう。もしマッサージチェアの買取が出来なかった場合、リサイクルショップに引き取り回収費用を支払う必要があるので出張回収に来てもらう前に事前の確認を忘れないようにしましょう。

買い替えの場合家電量販店に引き取ってもらう

新しく購入する店舗で引き取ってもらう事が可能です。インターネット通販や、一部の家電量販店では引き取り不可もしくは有料となっている場合もあるので購入前に事前に相談することをオススメします。またまだ捨てるような状態ではない、高スペックのマッサージチェアである場合はお店に交渉し下取りをしてもらう事も可能な場合があります。下取りして引き取りしてもらえれば、新しいマッサージチェアも安くお得に購入でき尚且つ無料で引き取り回収もしてもらえるので便利で楽ちんと一石二鳥ですよね。

 

粗大ごみとして出す

粗大ごみとして処分することが可能です。また小型のマッサージチェアは、小型家電リサイクル法の対象品目となりますのでその場合は無料で回収してもらいリサイクルしてもらえます。ただし一部の自治体では、回収を行っていない場合もあるので注意が必要です。粗大ごみとして処分する場合の回収を含めた処分費用は大体1000円前後と非常にお安いです。しかし、重量が大きいものは100キロを超す場合もあるのでその際には台車を使う、複数名で持ち運び運搬するようにしましょう。

 

不用品回収業者に依頼する

マッサージチェアは、自治体の粗大ごみとして処分することも可能ですが、その大きさ、重量からなかなか一人で運び出すのは大変です。とはいえ解体、分解するのもそれはそれで手間が掛かり大変です。そんな時は不用品回収業者などごみ処分のプロに任せるのが一番良いでしょう。価格は少しだけ割高になりますが、引っ越しや大掃除など大量の不用品が出る場合は1つ1つの処分費用も割安になるので自分で処分せずに不用品回収業者などに依頼するのが一番良いでしょう。価格は業者により異なりますが、一般的な相場としては約5千円前後で対応しているようです。

 

フリマアプリで販売する

マッサージチェアの見た目もまだまだ綺麗で、購入時は数十万円もした高級マッサージチェアブランドなどと言った場合は処分したり、安い価格で買取されるリサイクルショップなどにて処分しない方が良いでしょう。このようなマッサージチェアは、需要は年中あり売買価格も悪くないため出来るだけメルカリなどのフリマアプリや、ヤフオクなどのオークションサイトを使って個人売買するのがオススメです。人気の機種やブランドであれば、高値での売買も期待できます。また更に高値で売買するためにも必ず付属品や書類などは捨てずに出来るだけ綺麗な状態で保存しておきましょう。

マッサージチェアを処分する上での注意点

マッサージチェアの状態が悪く、作動しない、椅子部分が破れているなどどう見ても買取や個人売買の需要が無さそうな場合は処分するしかありません。とはいえ、重くてサイズも非常に大きなマッサージチェアの処分は気を付けるべき注意点がいくつかあります。ここでは特に注意すべきポイントを3つご紹介します。

 

自分で持ち運べるかどうかで処分方法を決める

処分したマッサージチェアのサイズ、重量は自分一人で持ち運びが可能ですか?もし難しい場合や、無理すると腰を痛めそうだなといった場合にはまず無理をしない事が重要です。節約したい気持ちは誰もが持つものですが、それでも数千円の処分費用を節約したいと考え自分で搬出した結果、ギックリ腰になったり搬出中に階段で転倒し大けがをする場合もあります。
 
運ぶのが不安、困難だと思った時には、不用品回収業者に依頼をするか友人や知人の助けを借りるなどして出来るだけ一人で運び出そうしないようにしましょう。小型のマッサージチェアの場合でも30~40キロの重量がありますので、無理をせず台車を使うなどして運搬、搬出作業をするようにしましょう。

 

回収業者を見極めて処分する

マッサージチェアの処分を、不用品回収業者に依頼する場合は違法な無許可の業者や高額な費用を作業完了後に請求するような悪徳回収業者に依頼する事が無いように注意しましょう。そのためにも、依頼前の打ち合わせ時に必ず許可証の確認、費用については明解な内訳を見積書に記載してもらい確認しておきましょう。

 

市区町村ごとのルールに則る

マッサージチェアを粗大ごみとして処分する場合には、必ず市区町村ごとの自治体が定めたルールに則って処分するようにしましょう。持ち込みをする場所、処分の日時や費用など必ず担当窓口に一度電話でお問い合わせの上で処分するのが良いでしょう。

まとめ

マッサージチェアの処分方法について、自分で処分する方法、回収業者に依頼する方法など5つご紹介しました。
 
どうしてもゴミや不用品の処分となると、お金を掛けたくない、費用を抑えたいという心情が働きますが、小型であっても結構な重量とサイズのあるマッサージチェアの処分は自分で行う場合には十分に運搬、搬出方法に注意が必要です。特に節約のためと、無理をして一人で処分する場合は十分な注意が必要です。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。