• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
一般?粗大?ロータリーケースの確実な処分方法まとめ

公開日:

「ロータリーケースの処分方法が分からない!」、「ごみで出していいの?」、「売ることってできるの?」など、疑問に思っている方も多くいるのではないでしょうか。調味料などをほこりや汚れから守る便利なアイテムですが、その処分方法について聞かれると中々答えられないのではないでしょうか。
 
この記事では、正しくロータリーケースを処分するための方法を詳しくご紹介致します。

素材によって処分方法が異なる

ロータリーケースの正しい処分方法は、その素材によって異なりますので注意してください。基本的には不燃ごみ、もしくは可燃ごみとしての処分になりますが、その分別は自治体によっても大きく異なります。どの素材が可燃ごみなのか、もしくは不燃ごみなのかしっかり把握しておいて下さい。もしどの処分になるか分からない場合は、市役所やごみ収集センターなどに一度問い合わせを行うと安心です。
 
誤った方法でゴミに出してしまうと、収集業者に回収してもらえないこともあるため注意してください。

  

大きいものや自治体によっては粗大ごみになる場合もある

大きなロータリーケースの場合、粗大ごみとしての処分になります。しかし、中には自治体によって小さいものでも、品目が「ロータリーケース」であれば全て一貫して粗大ごみとしているところもあります。こういったルールは自治体によって大きく異なりますので、しっかり確認しておくようにして下さい。

ロータリーケースの処分方法

「ロータリーケースの処分はどうすればいいの?」、「捨てる以外の方法はあるの?」という方のために、一般的なロータリーケースの処分方法をここでご紹介致します。アイテムの状態などからも適切な処分方法は異なりますので、しっかり見極めて選びましょう。

 

一般ごみとして処分

先ほども触れたように、ロータリーケースの多くは不燃ごみや可燃ごみに分類され、一般ごみとして処分することが出来ます。その際、必ず自治体によるルールを厳守して下さい。回収の曜日は場所によって異なります。例えば月曜日と木曜日が可燃ごみの回収日という自治体もあれば、火曜日と金曜日が可燃ごみの日になっているというところもあります。回収の曜日は統一されているわけではありませんので、住んでいる自治体のルールを必ず把握しておきましょう。また、一般ごみとして処分する際は必ずごみ袋に入れて出すようにして下さい。

 

粗大ごみとして処分

多くの自治体で粗大ごみは1辺の長さが30cm、もしくは50cm以上のものという決まりがあります。この大きさの基準も自治体により異なりますので注意して下さい。粗大ごみの処分は指定の処理施設に持ち込むか戸別回収をお願いするかのどちらかになります。処理施設に持ち込む場合、受付時間をよく確認しておくようにして下さい。処分費用が若干安くはなりますが、そこまで大きな差にはなりません。戸別回収を依頼をする際に注意すべきなのは、必ず回収日までに粗大ごみ処分シールなどを準備しておくことです。電話で回収をお願いすると、回収日まで大体1週間前後期間が空きますので、その間にコンビニなどで購入して処分するアイテムに貼り付けておきましょう。このシールがないと回収を行ってくれません。自治体によってはシールではなく券や用紙などという事もありますので、よく確認して準備しておくようにしましょう。

 

リサイクルショップに引き取ってもらう

状態が良くきれいなものであればリサイクルショップに売ることが出来ます。その際は、必ずきれいに掃除してから持ち込むようにして下さい。ロータリーケースは頻繁に掃除したりメンテナンスするようなものではないため、ほこりなどが細かな部分に溜まっていることがよくあります。こうした汚れなどをしっかり取り除いておくと、査定価格も上がる可能性がありますのでしっかり綺麗にしておきましょう。どのリサイクルショップでも買取を行っているわけではありませんが、生活雑貨や家具類などを多く扱っているショップであれば買取を行ってくれます。ネットで査定を行える場合もあるので、売ろうか迷っているという方はぜひ一度査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

 

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼することで、家からの搬出から回収まですべて一任できるので、かなり楽に処分が出来ます。しかし、数千円単位で費用が掛かるため、依頼する場合は他にも家具や家電などの不用品が複数ある場合に依頼するといいでしょう。タイミングが合えば連絡をしたその日の内に回収に来てくれます。しかし、回収業者はしっかり見極めなければ悪質な業者に当たってしまう事もあります。実際に詐欺に近いような高額請求をされたという話もありますし、個人情報を悪用されたというケースも珍しくありません。信頼できる業者かどうか見極めるためにも、口コミやSNSを参考に様々な業者を比較してから決めるようにして下さい。

 

知り合いに譲る

周りにロータリーケースが欲しいという方がいればぜひ譲りましょう。
 

  • ごみとして処分するのは勿体ないけどリサイクルショップに持っていくのも面倒くさい
  • 他の処分品なんてないから業者に依頼すると高くつく

 

そんな時は誰か欲しいという方がいないか探しましょう。また、もし近くに誰もいなければ地元の掲示板などを活用するのも1つの方法です。写真と説明を掲載すると、そこに登録している同じ地区や近所の譲渡を希望する方から連絡が来ます。そのまま引き渡しをすることが出来るので、楽に処分することが可能です。もちろん、もし身近にロータリーケースを探している方がいれば優先的に譲ってあげましょう。

ロータリーケースを処分する際は市区町村ごとの処分区分を確認しておく

一般ごみや粗大ごみとして不要になったロータリーケースを処分する際、必ず守るべきなのがお住まいの自治体で定められているルールです。粗大ごみに出す大きさは知っていますか?可燃ごみや不燃ごみの曜日は把握できていますか?指定の袋などはありますか?自治体により細かな取り決めがありますので、きちんと確認しておきましょう。

まとめ

ロータリーケースの処分をする際、何も難しいことをする必要はありません。とにかく自治体のルールを守って処分を行って下さい。また、リサイクルショップに売ったり、誰かに譲渡する場合は必ずきれいに掃除しましょう。
 
小さな気遣いにはなりますが、売る場合は査定金額にも影響しますし、譲渡の場合は相手にも好印象を与えることが出来ます。ロータリーケースの状態に合わせて最適な処分方法を選びましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。