• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
サイズで処分方法が変わる!米びつの正しい処分方法を解説

公開日:

米びつはお米を保護する重要なアイテムです。米びつの形や大きさ、デザインは様々あり、棚などと連携しているものなどもあります。その処分に悩み、結局そのまま放置しているという方も少なくありません。
 
この記事では、そんな米びつの正しい処分方法を掘り下げていきます。

米びつの処分方法は大きさによって異なる

処分を行う場合、まずは処分する予定の米びつの大きさをしっかり把握しておくことが大切です。メジャーなどで測りメモに書き記しておくようにして下さい。また、小さいタイプのものは自分で簡単に運んだり移動させたりすることが出来ますが、大きく重量のあるものはそう簡単に運ぶことが出来ません。
 
こうした違いも重要となるため、しっかりと処分するアイテムについての理解を深めておくことが大切です。

米びつの処分方法

次に、米びつの処分方法を見ていきましょう。基本的にはごみとしての処分、不用品としての処分という方法に分けられます。その際に必要になってくるのが、先ほど触れた大きさや重量です。
 
それぞれに適した正しい処分を行うためにとても重要な情報になりますので、事前にしっかりと把握しておくようにして下さい。では、米びつの処分方法を一つずつ詳しく見ていきます。
 

小さい場合は燃えるごみとして処分する

米びつのサイズが小さいタイプの場合、一般の家庭ごみ同様の処分が可能です。その際、自治体の分別ルールに沿って処分を行ってください。大体の自治体では可燃ごみとしての処分が正しくなりますが、場所によって不燃ごみなどに分けられることもあります。分別の内容をしっかりと確認し、間違いのないように処分しましょう。
 
指定の袋がある場合は必ず厳守するようにして下さい。また、収集は大体朝の時間帯に行われます。地域により時間帯にも決まりがあり、大体は朝の8時から9時の間に出すようにというルールとなっています。
 
時間を過ぎてからごみを出した場合、もしそれが収集後では折角出しても回収されません。次の回収日までずっと残しておくわけにもいきませんので、収集されなかったものは必ず持ち帰るようにして、次の回収日に出します。決してそこに放置する事の無いようにして下さい。
 

大きい場合は粗大ごみとして処分する

大きさがあるモノの場合は、そのままの形で粗大ごみとして処分することが出来ます。その際、自治体の決めた大きさの規定をクリアしているか確認してください。大抵の自治体では1辺が30cm、もしくは50cm以上のものは粗大ごみとしての処分となります。中には90cm以上のものという風に決められている場合もあります。大きさの基準は自治体により異なりますので、必ず事前に確認することが大切です。
 
また、粗大ごみとしての処分費用が掛かるので注意してください。これも自治体により異なりますので、確認が必要です。安い場所では300円程度や500円程度、少し高めになると千円を超える場合もあります。大きさにより金額が変わる場合もありますので、処分前の確認は必須です。粗大ごみとして回収を依頼する場合、回収日までに処分シールや粗大ごみの券などを用意しておかなければいけません。コンビニなどで手軽に購入できますので、依頼をしたその日に忘れないように準備しておくといいでしょう。自分で持ち込む際は必要ないという場合が多いですので、その際は別の支払い方法で処分費用を払う必要があります。
 

不用品回収業者に依頼する

重くて自分で運び出すことが出来ない、大きすぎて移動させられない。そういった場合、プロの力を借りるといいでしょう。不用品回収業者では、重量があり大きさがあるモノでも引き取りをお願いすることが出来ます。例えば収納棚などと一体化している米びつの場合、そのままの状態で動かすことが出来ず解体しなければいけないという事もあるでしょう。そんな時でも、解体作業から運び出し、トラックへの積み込みなど一貫して全てお任せすることが出来ます。
 
不用品回収業者の費用は人件費、処分費、車両費の3つで構成されており、作業を行う人員が増えればその分費用もかかります。また、トラックの大きさによっても料金は異なりますので注意が必要です。しかし、手間なく楽に処分できるため、かなりの時短で処分を行うことが出来るという大きなメリットもあります。仕事で忙しく時間が取れないという方、一人暮らしで自分だけで処分が出来ないという方など、ぜひこの不用品回収業者に依頼しプロに正しく処分を行ってもらいましょう。

米びつを処分する上での注意点

米びつの処分を行う場合、正しく手放せるようにしっかりと注意しなければいけないポイントがあります。ここで、その内容を詳しく見ていきましょう。
 

回収業者に依頼する場合は業者を見定める

不用品回収業者に依頼を行う場合、必ず注意しなければいけないのが、しっかりと業者を見定めるという事です。ほとんどの業者はしっかりと丁寧な作業を行ってくれます。しかし、中には悪質な業者がいる場合もあります。
 
「見積もりを出してもらったのに倍近い金額を請求された」「個人情報を流されてメールや知らない電話が頻繁に来るようになった」「運び出しが雑で家の中にかなり傷が出来、退去費用が余計に掛かってしまった」という声も多くあります。どの業者も信頼できるとは限りません。慎重すぎるくらい念入りに情報を集め、本当に信用できるかを徹底的に洗い出してください。
 

市区町村ごとのルールに則る

ごみとして処分する場合、必ず自治体のルールに沿って処分を行わなければいけません。「前住んでいたところは可燃ごみで出せたから」と理由で何も調べずに出したら、実は不燃ごみで回収されずに放置されてしまったという事もありえます。ほかの自治体の処分方法を参考にはしないようにしましょう。ルールは市区町村ごとにきっちり決められています。今住んでいる場所の正しい情報を正確に収集し、間違いがないように気を付けながら処分するようにして下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?基本的に米びつの処分はごみとしての処分か不用品としての回収かの2つに分けられます。もちろん他の方法もありますが、これらの処分方法が一番ポピュラーで楽に手放すことが出来るでしょう。
 
その為にも事前に大きさや重さなどをしっかり把握し、適切な方法で処分が出来るように徹底的に準備しておきましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。