• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
重いレンジ台のお手軽処分方法5選をご紹介!

公開日:

レンジ台はキッチンまわりの収納をすっきりさせるために便利なものになります。しかし、引っ越しをする際、新しいキッチンとサイズが合わなくなってしまうということもあります。レンジ台は大きくてどう処分していいか悩んでしまう方も少なくないでしょう。
 
そんなお悩みを解消するため、この記事ではレンジ台の様々な処分方法をご紹介致します。

レンジ台は基本、粗大ごみとして出す

レンジ台は、基本的には粗大ごみとしての処分が最もポピュラーな処分として考えられています。小型のものであってもレンジ台はそこそこの大きさがありますので、普通ごみとしての処分は出来ません。「解体すれば普通ごみで捨てられるんじゃない?」と考える方もいますが、レンジ台は非常に頑丈に作られているため、簡単に分解・解体は出来ないようになっています。
 
さらに、解体するにしてもかなりのスペースが必要になりますし、解体作業に慣れていないと安全に作業を進めることはできません。そのため、レンジ台は粗大ごみとして出すのが基本的なやり方となります。

レンジ台の処分方法

「レンジ台の処分は一体どうすればいいの?」、「粗大ごみとしての処分以外何かあるの?」という疑問をここで解消していきましょう。
 

粗大ごみとして出す

レンジ台は粗大ごみとして処分が可能で、直接処理施設に持ち込んで処分する方法と、大きさがあるため自分で持ち込みが出来ない場合は、戸別回収をお願いする事もできます。費用は通常5百円程度になりますが、場所によっては大きいものが千円程度する場合もあります。処分費用は自治体によって異なりますので、まずは事前に問い合わせを行うと安心です。また、大きすぎるものはそのままでは収集できないという場合もあるので必ず事前に確認しましょう。
 

不用品回収業者に依頼する

大きく重量のあるレンジ台は、自宅から収集場所まで自分で持ち運ぶ事が出来ないという場合も多いです。その際は、トラックへの運び出しなども全てお任せすることが出来る不用品回収業者に依頼すると楽に処分が行えます。時間や曜日など、自分の都合のいい日にお願いする事もできますし、タイミングが合えば電話した数時間後に引き取りを依頼する事も可能です。しかし、中には悪質な業者もあるので必ず事前に業者に関する情報を集め、信頼できるかどうか見極めることが大切です。
 

フリマアプリで売る

少しでもお得に処分したい場合、フリマアプリを活用することで希望金額に近い価格帯で売ることが出来ます。その際注意すべきなのは、分かりやすい写真を掲載する事、劣化や傷、汚れなどは必ず伝えるという点です。引き取り後に「写真と違う」「説明にない汚れが多くある」などということはクレームや返品に繋がってしまいます。こうしたマイナスな部分は隠さずしっかりと伝えておくようにして下さい。
 
また、正しく情報を伝えられない場合、商品の買い手が決まってもかなり低い評価を付けられるという事もあります。購入者は評価を見て判断する方もいますので、低い評価があるとどうしても信頼感が薄れてしまいます。今後の利用にも影響が出てしまいますので、信頼されるように誠意ある対応を心掛けて下さい。
 

リサイクルショップで売る

フリマアプリ同様に、リサイクルショップに売ることも可能です。フリマアプリでの販売金額よりも低くなる可能性は大きいですが、その場ですぐに現金化してくれるためすぐにお金に換えたいという方にはぴったりの方法となります。レンジ台を運び出せない場合、ショップによっては出張買取を行ってくれることもありますので一度問い合わせてみて下さい。場合によっては手数料などがとられることもありますが、多くは無料で行ってくれるため安心です。
 

買い替え時に家具屋に引き取ってもらう

新しいレンジ台を購入する場合、店舗によっては古いものを引き取ってくれることがあります。その際、条件などはお店により異なりますので必ず確認してください。どんなものでも引き取ってくれるお店もあれば、購入金額がいくら以上でOKという店舗、購入するレンジ台の大きさが引き取りするものと同等、もしくはそれ以上でなければ不可などという条件があることもあります。
 
また、引き取りのみでも可能なお店もありますので、まずは一度問い合わせを行い、こうした引き取りサービスをやっているか、どのようなものなら依頼できるのかを詳しく聞いておくようにして下さい。

大きさによっては送料がかかるので注意

フリマアプリなどで出品する場合、特に注意しなければいけないのが送料です。大きさにより送料は異なるので、事前に送料がいくらかかるのか把握しておかなければ、折角売れてもマイナスになってしまいます。送料を自己負担にするか、購入者負担にするかを決める必要がありますが、どちらにしてもしっかりとした料金設定をしましょう。
 

回収業者を見定める

先ほどもお話ししたように、回収業者は必ず見極めることが大切です。大きなレンジ台はその処分を依頼する費用も高額になります。しかし、悪質な業者の場合、費用を払って処分を依頼したにも関わらずそのままレンジ台を不法投棄するという事があります。
 
また、依頼する際に交わした契約書などから個人情報を盗み、それを悪用する事もあります。家まで回収に来てもらうため、住所だけでなく、一人暮らしなのか、誰かと一緒に住んでいるのかなどという事も分かってしまいます。そのため、回収業者に依頼する場合は、口コミなど様々な情報から正しく判断して下さい。
 

市区町村ごとのルールに則り処分する

市区町村のルールはその場所により大きく異なりますので、しっかり決まりを守って処分するようにして下さい。粗大ごみとしての処分の場合、回収依頼を行った際、その処分方法はどう準備しておけばいいのか、持ち込む際にはどういった手順を踏めばいいのかなど、必ずしっかり確認を行い、正しくスムーズな処分が出来るように前もって徹底した準備をしておきましょう。

まとめ

 

  • 粗大ごみとしての処分
  • 不用品回収業者に依頼
  • フリマアプリで売る
  • リサイクルショップで売る
  • 店舗に引き取ってもらう

 
基本的なレンジ台の処分は上記のようになります。1つ1つの内容をしっかり把握しておき、正しく適切な処分が行えるようにしておきましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。