• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
廃棄?売却?不要なギターの堅実な処分方法5選

公開日:

「ギターを若い頃にかじっていたけど全くやらなくなったからもう処分したい」、「バンド活動をやめたから楽器を手放したい」という方は多くいますが、その処分方法はあまり知られていません。
 
この記事では、そんなギターの正しい処分方法を詳しくご紹介致します。

ギターの種類によって処分方法が異なる

ギターには種類があるのをご存じでしょうか?大きく分けてギターはアコースティックギターとエレキギターの2種類に分かれます。処分予定のギターはどちらのタイプになるか、その処分方法はどんなものがあるのかをよく把握しておきましょう。
 
アコースティックギター
基本的には木製で、部分的にプラスチックや金属が使われています。
 
エレキギター
アコースティックギターと違い、自然素材以外の部品、付属品が非常に多く使われています。
 

木製のアコースティックギターの場合、解体して燃えるごみとしての処分が可能な場合があります。しかし、エレキギターは燃えるごみとしての処分が難しい場合がほとんどです。どちらも粗大ごみとしての処分か、もしくは燃えるゴミ・燃えないごみとしての処分になるかに分かれます。

自治体に処分方法を確認しておく

ギターの処分をする際は、必ず事前に自治体に処分方法を確認してください。自治体によって、ギターの処分方法は大きく異なります。分別の仕方はもちろんですが、その処分費用や手続きの仕方なども変わります。事前に準備すべきものがあったりしますので、必ず問い合わせを行い、正しい処分方法を把握しておくと安心です。

ギターの処分方法

ギターの処分方法について、ここで詳しくご紹介致します。大きく分けて処分方法は5パターンに分かれます。自身の状況やギターの状態に合わせ、正しく適切な処分方法を選びましょう。
 

自治体にて処分

自治体での処分は基本に粗大ごみ、種類によっては燃えるゴミか不燃ごみとしての処分になります。大きさによって異なる場合もありますし、自治体によっては全て粗大ごみの処分になることもあります。さらに、楽器は1つのジャンルとして特別な処分方法になる地域もあります。場所により大きく異なりますので、自治体で処分を行う際には必ず事前に問い合わせをしてください。直接ごみの収集センターなどに聞いてみるのもいいでしょう。大きさやギターの種類に合わせた適切な処分方法を提示してくれます。
 

不用品回収業者に依頼

ギターを処分する際、その本体と共にアンプやその他の機材なども一緒に処分したいという方も少なくありません。1つ1つが大きく、重さもあり持ち運びも大変な場合は、不用品回収業者に依頼し全てを回収してもらうという手もあります。例えば仕事で忙しいという場合でも、夜や早朝などの時間でも対応してくれる業者もあります。自分の予定を崩すことなく一気に処分を行えるため、どんな人でも気軽に手放すことが出来ます。「粗大ごみとして出したいけど時間が合わない」なんて方は、不用品回収業者に依頼をしてみて下さい。壊れている、部品が欠けているなどといった場合でも引き取ってくれるため、安心して依頼することが可能です。
 

リサイクルショップに持っていく

「まだまだ現役のギターとして使える」、「少し古いけど使用には問題がない」という場合は、リサイクルショップに持っていき買い取りをお願いできます。ギターは壊れていないものであれば有名メーカーのものでなくてもそこそこの値段が付きます。使えるのに捨てるのは勿体ない、少しでもお金に換えてお小遣いの足しにしたいと考えている方は、ぜひリサイクルショップを活用して下さい。ショップによってはこうした楽器類の買い取りを強化しているというお店もあります。その場合、他ショップに比べ買取価格に色を付けてくれる場合もあります。持ち込む際はきれいに掃除し、見た目を良く見せることでより価値を高めることが可能になります。
 

オークションサイトに出品

リサイクルショップへの持ち込みはその場ですぐ現金化してくれるというメリットがありますが、予想金額よりも下回るという事がほとんどです。思い入れがあるから安く売るのは嫌だと感じる方もいるかもしれません。その場合、オークションサイトへの出品が最適です。自分が売ってもいいと思える金額の設定もできますし、リサイクルショップに比べ時間はかかりますが、自分が納得できる金額まで引っ張ることもできます。時間がかかっても出来るだけ高く売りたい方、本当に欲しいと思っている相手に直接売りたいと考えている方は、リサイクルショップではなくオークションサイトへの出品が最適になります。
 

知り合いに譲る

周りにギターを始めようとしている方がいれば、使っていたギターを譲るという方法もあります。ゴミとして処分するわけではないので、地球環境的にもオススメできる方法です。自分の知り合いであれば安心して譲ることもできます。ギターを始めたいという方の場合は、ギターとその他の機材なども一緒に譲るといいでしょう。使い方に疑問などがあった場合にも的確な説明が出来ます。

ギターを売却する上でのポイント

ギターを売却する場合、特に注意すべきポイントが2つあります。どうせ売るなら少しでも高く売りたいですよね。そのためにはまずしっかりとメンテナンスを行っておきましょう。さらにプラスして2つのポイントを意識することで、より満足いく価格で手放すことが可能となります。
 

状態によっては高値がつく可能性もある

演奏が出来る・出来ないという事はもちろんの事、部品はそろっているか、本体の傷や汚れの具合はどうか、素材に劣化部分などないかなど、ギターの状態に注意して下さい。目立った劣化がなく、演奏もできる状態のものであれば、平均よりも高値で買い取ってもらうことが出来ます。箇所によっては自分で修正したりすると買取価格に影響が出ることもあります。そうした繊細な部分には気を付けて、自分で直せるところは直し、万全の状態にしておくことでより高値を期待できるようになります。
 

動作状態を確認しておく

ギターの弦の巻き取り具合はスムーズにできていますか?査定を行う際は非常に細かな部分までチェックを行います。もしかしたら、自分でも気付かないような部分に不具合などがあるかもしれません。この動作状態の確認をしっかりと行っておけば、直せる部分なども把握でき、売却時に有利になります。

まとめ

ギターの処分は様々な方法がありますが、ギターの状態や自分の都合などを加味して適切な方法を選ぶ必要があります。大まかな分別方法は下記のようになります。
 

  • 壊れている場合→自治体に確認し、ゴミとして処分を依頼する
  • 壊れているけど忙しくて自治体での回収を依頼できない→不用品回収業者に依頼する
  • まだ使える場合→リサイクルショップやオークションで売る、知り合いに譲る

 
思い入れのあるギターを手放すの少し躊躇してしまうかもしれません。しかしどうしても手放さなければいけないという場合、後悔しないためにも各処分方法をよく把握し、しっかりと理解するようにしましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。