• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
中古の需要はある?ギターケースの素材ごとの処分方法を徹底解説

公開日:

「いらないケースが多くあってどうすればいいか分からない」、「場所も取るからすぐにどうにかしたい」という方も多くいらっしゃいます。
 
安価に処分できる方法、無料で処分できる方法、現金化してお得に処分する方法など様々な方法をこの記事で詳しくご紹介致しますので、自分にピッタリの方法を見つけて下さい。

ギターケースはソフトとハードの2種類ある

一言でギターケースと言っても、その種類は大きく分けて2つに分けられます。それぞれの特徴をよく理解しておく事で、正しい処分方法も見極めることが出来ます。
 
ソフトケース
柔らかくクッション素材のもの。クッションの厚みにより価格が変わります。持ち運びは軽くて楽ですが、衝撃に弱くギターを入れている場合は慎重に扱う必要があります。
 
ハードケース
その名の通り固く頑丈なケースです。重量があり持ち運びが不便という難点がありますが、中のギターをしっかりと守ってくれる保護力は高く、持ち運びよりも保管向きのケースになります。

 

ギターケースの処分方法

ギターケースの処分方法は6つに分けられます。1つずつ詳しく見ていきましょう。
 

粗大ごみ、可燃ごみとして処分する

まずは家庭ごみとして自治体に回収してもらう方法です。当然ハードケースはそのままの大きさでの処分になるため、可燃ごみとしての処分は出来ず、粗大ごみになります。ソフトケースの場合は基本がクッション素材で折り畳みも簡単にできるため可燃ごみとして処分することが可能になります。自分が処分を検討しているタイプがどちらになるかよく確認し、正しく適切な方法を選択してください。
 

フリマアプリに出品する

ギターケースは需要があるものですので、フリマアプリでも良く取引されている実績があります。中には自分好みにカスタマイズしているものなどもあり、自分と同じような趣向の方であればこうしたカスタマイズされたものでも、売却出来る場合があります。ソフトケース、ハードケースどちらも人気が高く、状態のいいものであれば出品して1週間以内に取引成立できる場合もあります。全体像が良く分かる写真は必須で、それ以外にも不具合などがあれば正直に伝え、説明欄には使用頻度などもしっかり明記するようにして下さい。
 

専門店に買取に出す

有名メーカーやブランドのアイテムであれば、専門店に査定をお願いすることで正しい価値を出してくれます。もしもあまり詳しくないという場合、一度査定だけでも依頼してみるといいかもしれません。専門店によっては持ち込みを行う前にネット査定などを行ってくれる場合もありますので、そこで大まかな買取価格を知ることもできます。また、ハードケースなどの場合、自分で持ち込みが不可能という時は、出張買取を依頼する事もできます。一度問い合わせを行い、処分する前にしっかりとその価値を知ることも大切です。
 

NPO法人に寄付

NPO法人では、不要になったギターケースの回収を行ってくれる場合もあります。基本的に無料で回収してくれますが、破損が酷いものや破れが目立つもの、劣化が激しく色褪せがひどいものなどは回収を断られる可能性が高いので注意してください。まだまだ問題なく活用できる、比較的綺麗なものであれば、ほとんどの場合は回収を受け付けてくれます。サイズやメーカーに特にこだわりはなく、どんなものでも回収してくれますのでぜひ検討してみて下さい。
 

友人・知人に譲る

自身の友人、知人でギターケースを探している方はいませんか?「持ち運び用のケースが欲しい」、「家で保管するときに使えるケースが欲しい」などという希望を聞き、もしも自分の処分しようとしているケースとマッチしていればぜひ譲りましょう。ごみとして処分する事もなくなりますし、本当に欲しいという方に渡すことが出来るので一石二鳥の処分方法と言えます。必ず渡す際に現物を確認してもらい、このアイテムでいいかどうか確認を行ってください。双方納得した上で取引することで、人間関係も円滑になります。
 

不用品回収業者に依頼する

ハードケースの場合、持ち運びが非常に大変でどうしても家から出せないという事もあります。また、ケースと一緒に他にも処分したいものがあるという場合には、ぜひ不用品回収業者に依頼してください。分別や解体の必要もなく、まとめて一気に処分を行ってくれるため楽に手放すことが出来ます。多少費用が掛かるものの、自分の都合に合わせ回収を行ってくれるためどんなに忙しい方でもすぐに手放すことが出来ます。早朝の時間しか融通が利かない、夜遅い時間しか依頼できないという場合でも安心してお願いすることが出来るので、ぜひ活用してみて下さい。

ギターケースを処分する上での注意点

ギターケースの処分を行う際の注意点を2つご紹介致します。
 

ハードケースの場合は粗大ごみとなる

先ほどお話ししたように、ハードケースは粗大ごみとしての処分になります。可燃ごみはもちろん、不燃ごみとしての処分も出来ませんので注意してください。中には「解体したり分解すれば捨てられるんじゃないの?」と考える方もいるかもしれません。しかし、ギターのハードケースは非常に固く頑丈で、簡単に解体は出来ません。素人が手を出すと大きな怪我をしてしまう事もありますので、そのままの形で粗大ごみとして処分するのが一番安全で確実な方法になります。

 

ケースのサイズと形状によって送料が変動する

ケースはサイズや形状が様々あります。その1つ1つの違いによって送料も異なります。フリマアプリで出品する際などは、こうした送料について事前にしっかりと把握しておく必要があります。送料の価格を誤ってしまい、売れたのに結局マイナスになってしまったという失敗談は少なくありません。処分予定のギターケースの大きさや形状をしっかり把握し、それに対する正しい適切な送料を調べておきましょう。

まとめ

ギターケースはなかなか処分できず、気が付くと何個も溜まってしまったなんてこともあるかもしれません。処分したいのに結局そのまま放置している方、場所を取るため、置いているだけでも邪魔に感じるという方もいらっしゃいます。
 
この記事でご紹介した方法をしっかり把握し、今処分したいと考えているギターケースはどの方法が一番適切か、どれなら楽に手放せるかをしっかりと見極めて下さい。正しい処分を行い、部屋の中も気持ちもすっきりさせましょう。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。