• 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

MENU

不用品ヒョウ
不要な衣類はどうする?状態に合った処分方法5選を紹介

公開日: / 最終更新日:

衣類は引っ越しや大掃除、クローゼットの整理を行う際に必ず必要となります。皆さんも、買ってから一度も着ないままでタンスにしまったままの衣類ありませんか?穴が開いていたりどう見てもダメージが大きそうな衣類であれば簡単に処分できますが、見た目は綺麗でまだまだ着られるデザインであれば尚更捨てるのは勿体ないと処分するのをためらってしまうと思います。
 
しかし、クローゼットやタンスが整理整頓できない、乱雑になる原因の多くは衣類の量が多すぎることが殆どなのです。お引越し、気持ちの整理などご事情はそれぞれあると思いますが、この機会に思い切って衣類を処分しスッキリとした気分で過ごせるようにしましょう。
 
今回は、自治体のゴミとして処分する一般的な方法を含めて5つの処分方法をご紹介します。寄付や個人売買などの活用法も紹介していますので是非ご自分に最適な処分方法を見つけて下さいね!

衣類の処分方法

衣類の処分方法について、全部で5つの方法をご紹介します。捨てるつもりの衣類でも有効に活用できる方法もありますので是非一度チェックの上検討してみましょう。

 

フリマアプリで販売する

メルカリなどのフリマアプリやオークションサイトのヤフオクなどで販売する方法があります。
例えば、
 

  • 意外と高値で買って状態もものすごくいいけど自分は似合わなくて着られない、でも捨てるのは勿体ないし…と悩んでいる方。
  • リサイクルショップに行くのはハッキリ言って面倒だし個人情報を書かなきゃいけないのが嫌だ。
  • いくら仲良しでも、顔見知りの人との譲り合いなんて嫌がられそうだし何だか不安で出来ない…。

 

こんな考えの方にはこうしたフリマアプリでの販売はもってこいの方法と言えるでしょう。基本的に、フリマアプリもオークションサイトも出品は無料で販売した価格に対しての手数料となりますので売れなかった場合でも損はないため安心出来ます。
 
ファッションアイテムは高い人気があり、ほとんどのユーザーはこうした中古品を安く購入するためにフリマサイトをやっているという場合がほとんどですので、多少の着用感などにも寛容です。捨てるのには勿体ないけど自分では着ないし周りにもあげられない。そんな方はぜひこのフリマアプリを活用し、眠っている洋服をお小遣いにかえてしまいましょう。

 

寄付する

衣類の処分は捨てる、売るという従来の方法以外に、海外の途上国支援や国の養護施設、孤児院などへ衣類を寄付するという方法があります。寄付の場合は、その手続きや寄付するまでの流れは施設やNPO法人などにより異なるため確認が必要となります。また一部の受付窓口は、衣類の寄付をストップしていたり一部期間のみの受付と限定しているケースがあるようです。
 
またコロナウイルスの影響もあり、在宅時間が増え家庭ごみがコロナ前に比べて大きく増加したこともあり、衣類を含め古布などを含めた回収を停止している自治体も出ているので寄付というのは非常に有効な処分方法であるとも言えます。
 

  1. 1.衣類としてリユースする。再び新しく寄付支援により譲り受けた人により利用される。
  2. 2.衣類を寄付した施設、NPO法人などによりリサイクルもしくはリメイクされ再び市場に流通しそこで得られた利益により一部を寄付金として活用される。

 

以上が衣類が寄付となる大枠です。捨ててゴミとなるよりも、誰かの役に立つ寄付というのは非常に有効で有意義な処分方法であることは間違いありません。

 

知人や友人に譲る

処分するのは勿体ないし寄付するよりも同じ趣味嗜好の友人や知人に譲るという方法もオススメです。もちろん、衣類の状態や譲る友人や知人の好みもきちんと理解した上で譲るのがマナーであり常識的だと言えます。一番良いのは、友人や知人にそれとなく断捨離の話題をしつつ相手の好みのブランドやアイテムを既に知っていれば「捨てようかなと思っているけど欲しい人っているかな?」などと直接的な聞き方ではなく間接的に話題にする事で相手の反応を見てみる事からやってみましょう。
 
もし興味がありそう、欲しそうであれば「一回見てみる?」と確認をとった上でアイテムを一通りチェックしてもらい欲しそうなものを譲ってあげると良いでしょう。
 
この時までに必ず洗濯して最低限綺麗にしておく、可能であればアイロンがけまでしておくと良いでしょう。間違っても代金を請求やランチおごってなどとセコイ事は言わないようにしましょうね。

 

店の衣類回収ボックスを利用する

自治体ゴミでは受付しないところが増えてきている中で、一部の大手衣料量販店であるユニクロやしまむらと言った有名なショップでは衣類回収ボックスによるリサイクル、リユースの動きが盛んになってきております。
 
よく行くショップがあれば、お店のスタッフさんにそれとなく聞いておくとよいでしょう。お買い物ついでにいらなくなった衣類の処分も出来るので気兼ねなく持ち込めて楽ちんです。

 

ゴミとして処分する

衣類は、自治体ごとにルールはありますが、基本的には、家庭の可燃ごみ(燃えるゴミ)としてゴミ袋に入れて処分する事が可能です。勿論、量が多くても適切にゴミ袋に入れてゴミ出しすれば処分は可能ですが、あまりにも処分する衣類の量が多かったり、衣類の素材から「これは大丈夫なのかな?」というものがあれば必ず自治体の担当窓口にお電話し確認してから処分するようにしましょう。

衣類を処分する上での注意点

衣類を処分する際に、注意しておきたい点を2つご紹介します。衣類に限らず、不用品の処分は必ず自治体に限らずルールや常識のある方法で処分するように心掛けましょう。

 

販売や寄付する場合は衣類の状態を確認して行う

衣類の処分方法として、フリマアプリやオークションサイトで販売する場合は当然ですが、衣類の状態を詳しく写真撮影し、ダメージがあればそれを明記する必要があります。また衣類を個人売買しない寄付や知人へ譲渡などする場合でも、必ず衣類の状態を確かめ可能であれば譲る相手本人に見てもらった上で気持ちよく譲渡出来るようにしましょう。

 

市区町村ごとにルールが異なるので確認して処分する

家庭ごみとして処分できない場合もありますが、逆にその中でも家庭ごみとして処分できる種類というものもちろんあります。自治体により分別の内容は異なりますので、必ず処分前にしっかり事前確認を行ってください。

まとめ

着なくなった不要な服は、真っ先に家庭ごみで燃えるゴミとして捨ててしまう方が多いと思います。しかし、本記事でもご紹介したように海外の途上国や、国内の養護施設や孤児院などへの寄付として活用できるなど様々な処分方法があります。ぜひ、今一度どの処分方法が良いか検討してみてください。

2460現在 お電話すぐ繋がります!

お急ぎの方はお電話ください

不用品1点からゴミ屋敷まで

お電話1本で即日対応!

通話料無料

0120-555-553
  • 受付時間24時間365日対応
  • 見積0
  • 出張費0
  • 深夜割増0

幅広くカバー

不用品買取センター
対応エリア

不用品買取センターの対応エリア一覧です。