色とりどりの自然に包まれた礼文島でトレッキング

7つのフットパスが島を縦断する礼文島。トレッキングをするなら、やはり6~8月の花の季節がおすすめ。JP01編集部も7月上旬に行ってきた。断崖絶壁は緑と小ぶりな花々に覆われ、不思議と恐ろしさは感じない。丘を上れば景色が変わり、下がればまた異なる姿に見える。

いくつかトレッキングコースが設けられている。桃岩展望台コースからは、猫が見上げているような姿の「桃岩」が見えるので探してみよう。

道中には、ガイド本のとおり真っ青な澄海(すかい)岬が。付近には売店などもあり、小休憩にもいい。

島内のあちこちで見られるエーデルワイスなどの美しい花々。燦燦と日の光を浴びて潮風にそよぐ緑と花々に囲まれ、コバルトブルーの海と青空との境目が溶け合う景色を眺めていれば、5~6kmのトレッキングはあっという間。

礼文島に宿泊すると、スコトン岬などの見事な夕日や満点の星空を拝むこともできる。


施設名:礼文島観光協会
住所:礼文町香深村トンナイ 礼文町役場産業課内
営業時間:-
定休日:-
料金:-
駐車場:-
電話番号:0163-86-1001
公式HP:礼文島観光協会
http://www.rebun-island.jp/welcome/trekking.html

  • Facebook
  • Twitter

関連する記事