流氷観光砕氷船「ガリンコ号Ⅱ」のひみつ

流氷のひしめき合う大海原を行く砕氷船でのクルージング。 流氷のひしめき合う大海原を行く砕氷船でのクルージング。

流氷のひしめき合う大海原を行く砕氷船でのクルージング。日本ではオホーツク海でしか味わえない貴重な体験だ。紋別市で運航されている「ガリンコ号Ⅱ」はその代表格。その名の通り、ガリガリと氷を砕くドリル(スクリュー)が特徴だ。

そもそもは1970年代に氷の上を自由自在に動く乗り物

そもそもは1970年代に氷の上を自由自在に動く乗り物の開発に端を発するガリンコ号は、1987年に初代が日本初の流氷観光砕氷船としてデビュー。

改良を重ねた現在のガリンコ号Ⅱは、その完成形として1997年から運航している。

改良を重ねた現在のガリンコ号Ⅱは、その完成形として1997年から運航している。前方に向かってやや広がり、逆回転もできる高性能なスクリュー「アルキメディアンスクリュー」のおかげで、氷に閉じ込められ身動きがとれなくなることはなく安心して流氷クルージングを楽しめる。

実験船の開発当時からかかわっている、

実験船の開発当時からかかわっている、ガリンコ号Ⅱ船長の山井茂さんがガリンコ号開発時に描いたイメージイラストも、乗り場の敷地内2か所に飾られているので、探してみてほしい。 北海道遺産にも選定されている「流氷とガリンコ号」を、厳寒のオホーツク海で是非とも体験しよう。

インフォメーション

オホーツク・ガリンコタワー株式会社

住所:〒094-0031 北海道紋別市海洋公園1
営業時間:夏期(5~12月)/出航11:30(所要時間30分)
冬期(1~3月)/出航9:00、10:30、12:00、13:30、15:00(所要時間1時間。2月のみ6:00と16:10の出航も有り)
※完全予約制。10名以上での運航
定休日:12/29~31、1/2・3(1/1は元旦クルーズを営業)
料金:夏期/大人1,500円、子ども750円
駐車場:あり
冬期/(流氷あり)大人3,000円、子ども1,500円(流氷なし)大人2,500円、子ども1,250円
電話番号:0158-24-8000
公式HP:オホーツク・ガリンコタワー株式会社
  • Facebook
  • Twitter

関連する記事